top page

自然と人間を考える会 平成23年度第3回学習講座

「浜岡原発と東海地震、福島原発事故」 2011.6.21

 
   講師 : 伴 英幸 氏  (認定特定非営利法人 原子力資料情報室 共同代表
日 時 2011年6月21日(火) 13時30分〜16時
場 所 君津市 八重原公民館大会議室 (定員50人) 
内 容 会員外の参加可、ただし当日先着順 資料代未定
予定 : 講義80分、休憩10分、質疑60分 
趣旨:今回は、発生の確率が高いとされる「想定東海地震」による重大事故が予想される「中部電力浜岡原子力発電所」を主題とする予定だった。しかし、2011年東北地方太平洋沖地震により福島原発が破綻し、地震・津波の被害に放射能による被害を加えた、所謂「原発震災」を引き起こし、危険な状態が続き、終息の見込みは立たない状況である。急邊、講師のご了承を得て、「福島原発事故の状況」を主題に追加する。
 浜岡原発が被災した場合の最悪の帰結を、「放射能雲が首都圏に流れ、一千万人以上が避難しなければならない。日本は首都を喪失する」(「世界」2011年5月号、岩波書店)と石橋克彦氏は予測している。
 日本は、広島・長崎の原爆による悲惨な放射線被曝の歴史を持つ。そしてその原爆による放射線被曝者の苦しみは、今もなお続いている。
 原爆や水爆などの核兵器だけではなく、平和利用という名の原発や核燃料再処理施設等の重大事故によって人類が滅びることもあり得る。
 あらゆる原子力利用の基底に横たわる放射線被曝問題を見据え、新たな被曝者を生み出さないために、わたくしたちが何をなすべきか考えて行きたい。
伴 英幸氏(ばん・ひでゆき)
 原子力資料情報室共同代表1951年三重県生まれ1975年早稲田大学卒業.。 生活協同組合専従を経て、1989年脱原発法制定運動の事務局スタッフ。 1990年原子力資料情報室スタッフ、1995年同事務局長、1998年同共同代表。
共著書
 「原子力市民年鑑」、「原子力政策大綱批判ー策定会議の現場から、「JCO臨界事故と日本の原子力行政」 (七つ森書館)、「検証東電トラブル隠し」(岩波ブックレット)ほか、原子力資料情報室パンフレットに執筆。

認定特定非営利法人 原子力資料情報室
設立: 1975年9月、物理学者・核化学者、高木仁三郎氏(理学博士 東京大学 2000年没)が設立。
活動: 原子力業界の利害から独立した立場から、調査・研究・提言など行っている。
     また、公開研究会や国際会議、シンポジウム等を開催している。
共同代表: 山口幸夫氏(法政大学) 西尾 漠氏、伴 英幸氏(元事務局長) 
 問い合わせ  : 自然と人間を考える会 環境グループ 小野 0439(57)2768

top page