top page
menu page

第25回総会・講演会のご案内 



 地域の山砂・残土・産廃問題は、鬼泪山・田倉などの勝利の一方で、依然として首都圏のゴミ捨て場の状況を脱していません。東日本大震災と原発事故によって環境間問題が関心を集める中、木更津市、富津市で制定された二つの市の残土条例をどう評価し、君津市、袖ヶ浦市の残土条例に何を求め、どう働きかけるか、が今、地域に求められています。そのような地域の課題に応えるためにも、「小櫃川の水を守る会」の活動が極めて重要です。会員の皆様にはぜひとも総会に出席いただき、会の活動に智恵と力をお貸し下さるよう、お願いいたします。                小櫃川の水を守る会  代表 山田周治            


日 時: 2011年8月28日(日)13:30〜16:30
場 所: 木更津市中央公民館 
(0438−25−4581)

受 付:13:00〜13:30
開 会:13:30〜15:00

        議 事  T 経過・活動報告・会計報告

              U 役員体制
              V 方針・規約改正・予算

 地域からの報告 14:05〜15:00
              1.「鬼泪山はなぜ勝利したか」
              2.「田倉管理型処分場をめぐって」
              3.「金谷残土裁判の顛末」
              4.「音信山処分場計画反対運動」
              5.「袖ヶ浦市残土と市議会」
              6.「木更津市の残土条例」

 記念講演 15:00〜16:00
    「残土条例〜成果と課題」  講師  田中由美子 弁護士
 

 
質疑・発言・討議・まとめ 16:00〜16:30             

 

おびつ川通信53号 2011-07-01



  目次


 1. 「鬼泪山国有林」守られる!] 鬼泪山国有林を守る市民の会  事務局長宮則夫
 2. 「残土埋立市議会が反対決議」〜袖ヶ浦市高谷地区…神ヶ浦市議 篠崎典之
 3. 「盤州干潟保全に向けて」 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会 御廉納照雄
 4. 「音信山処分場計画反対運動」 馬来田地区振興対策協議会 会長鈴木義衛
 5. 「クリーンフォレスト 旧武田商事(君津市川谷)新井総合処分場の現状 御簾納照雄
 6. 「田倉管理型処分場計画業者撤退」 田倉連絡会 鈴木紀靖
 7. 「君津・富津市残土条例制定に向けて」 代表山田周治
 8. 「金谷地区残土問題経緯」 金谷自然を守る会 事務局長鈴木裕士



  「鬼泪山国有林」守られる! 鬼泪山の国有林を守る市民の会 事務局長 宮則夫

 富津市鬼泪山国有林(104・105林班)からの山砂採取は、県土石採取対策審議会(以下、土石審)の答申(別添)が昨年11/5に出され、森田知事も答申を11/30(12月県議会)「同様に考えている」と答弁した。よって、現時点では山砂採取は不可能となった。
千葉県は日本一の山砂採取県で富津・君津市が中心である。山砂は、森林を伐採・抜根し、さらに表土を取り除き採取する。大型重機を利用し大規模に行われるため、短期間で山はなくなり、地形は激変し自然のバランスが崩れ、地下水枯渇や自然災害の誘発(鉄砲水、突風等)、景観破壊等をもたらす。近年は採取跡地に建設残土や産業廃棄物が持ちこまれ被害は一層拡大している。
「きれいな砂」を都市部に運び、逆に残土・産業廃棄物が持ち込まれる事態に、市民だけでなく、県・地元自治体も温度差こそあれ危機感を共有している。
富津市では残土処分場反対運動等が各地域に広がっている。田倉地区での産業廃棄物処分場建設反対運動が最高裁で勝利した影響は大きい。県も、「本県の発展に関連性の深い公共性の高いプロジェクトに使用する以外は認めていない。現在、そのような事業は存在しない。」の立場は変えなかった。土石審での山田委員(林学・東大教授)の発言「日本の森林面積を金額換算すると80兆円/年間の価値があり、これを鬼泪山国有林の計画地に換算すると4億円/年間となる」の発言に場内は一瞬静まりかえった。(私も驚き、拍手を送りたくなった。)市民、県・地元自治体が危機感を共有していたことが、今回、山砂採取をストップ出来た大きな要因と思われる。しかし、これで鬼泪山は「あんたい」なのか。県は「事業は存在しない」から認可しない。では、「存在すれば」認可するのか。「公共性の高いプロジェクト」とは何か。大企業本位の大型開発を推進してきた千葉県政、現在も何にも変わっていない。



  残土埋立市議会が反対決議   袖ケ浦市高谷  袖ヶ浦市議 篠崎典之

 地元住民立ち上がる
 昨春、市内高谷地区(約50戸)の谷津(旧・皆川牧場跡)に49万5千立米(約3万8千平米)もの残土埋め立て計画(ワコーエコテック・木更津市)が持ち上がり、議会で私の追求「どこからの、何の残土か」 、まともな説明も出来ませんでした。不誠実な業者に怒った地元の皆さんが「この地は、水源域。もし残土に混じって汚染物質が埋め立てられたら一大事。水田や市民の飲み水が汚染されてしまう」と「埋め立て反対の要望書」提出や予定地付近に大看板を設置して立ち上がりました。

市長も住民に同意
 6月議会で市長に「体を張ってでも反対する気があるのか」と迫ったところ「地元の皆さんの意向をきちっと受けとめて、そのような動きをさせていただくつもり」との答弁を得ました。予定区域に市が管理する「赤道」があり、市が払い下げない限り、着工できませんが、業者は9月に一方的に千葉県に本申請を提出。これに対し、地元高谷区をはじめ関係する水利組合、土地改良区、小櫃川の水を守る会など9団体は、12月市議会に「袖ケ浦市の水と農業を守るために高谷特定事業(残土埋立)許可申請に強く反対表明する決議書採択を求める陳情書」(@水と農業を脅かす高谷の残土埋め立て開始に強く反対する。A予定地内に市が所有する「赤道」の事業者への払い下げに反対する。の2項目)を提出するに至りました。議会では、業者の申請で残土発生元は近隣の高谷から22万m3芝山町から12万m3、成田市から4万5千m3、計38万5千m3だが、調査しても残土大量発生は確認できず、調査もされてないことが問題になりました。陳情は、立場を超えて見事に採択。3月議会では残土条例改正への前向きな答弁も聞かれました。
毎議会の数十人の傍聴や署名など、まさに区をあげて立ち上がった成果ですが、業者があきらめるまでの奮闘が必要です。



 「盤洲千潟保全に向けて」 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会 御簾納照雄

知事へ要請
 昨年12月13日、私たち連絡会(小関公平代表含む5名と千葉県自然保護連合中山敏則事務局長)は、県庁を訪れ、玉井目出夫・自然保護課長と2時間ほど話し合い、小櫃川河口・盤洲干潟を早急に千葉県自然環境保全地域指定することを求めました。その概略は次の通りです。
【当会は、2001年設立以来、数度にわたり保全要請をしてきた。近年、当会主催による盤洲干潟自然観察会のほか、周辺自治体・公民館、博物館主催による大人や子供向けの盤洲干潟観察会も増加しており、その保全への関心は大きな高まりを見せている。
 昨年10月、環境省はこの盤洲干潟をラムサール条約登録に相応しい湿地167カ所のうちの1カ所に挙げた。これほどの自然度を有するにもかかわらず、現状では、小櫃川河口域を含む盤洲干潟については法的開発規制が全く無い状態。後世に残したい日本の宝ともいうべき自然度を有する盤洲干潟が、東京湾・千葉県に存在するという事実を内外にアピールするという意味においても、千葉県自然環境保全地域として指定することを要請する】
自然保護課も努力している
 当日、課長は、自然保護課としても三角州の部分について保全地域指定したいと努力しています。年度内にも話し合いに出向く予定。他の漁協は理解してくれそうだが、金田漁協の理解がなかなか得られない。それは浸透実験池(通称:丸池)周辺に生息しているカモ類が養殖の稚貝を食う、またカワウが「簀立て漁」の魚を食って困る、とのことです。このことがネックで10年以上も保全地域指定は足踏み状態なのです。10年ほど前まで冬になると、数千羽単位で小櫃川河口から数キロメートル上流にいたスズガモは、現在ほとんど見られませんし、他のカモ
類も数えるほどしかいません。また簀立ての魚を食う、ということについても漁協関係者に聞くと「1匹や2匹は食うかも知れないが全く影響ない』とのことでした。
本音は
 現在、小櫃川河口域近くに開業している温泉・ホテル建設の話が持ち上がった10数年前、木更津市が主催した漁協や自然保護団体の話し合いの席で、当時の金田漁協組合長の発言が今も耳にこぴりついています。
「我々漁協組合員はみんな歳をとってきた。開発がらみの保証金をもらって生活したいんだよ」と。しかし時代は確実に環境保全にシフトしてきています。これからも干潟保全要請を重ねます。



 「音信山処分場計画反対運動」 富来田地区振興対策協議会 会長鈴木義衛

 設置予定地の木更津市真里谷字音信山周辺は、水源涵養保安林に指定されており、本市と袖ケ浦市、君津市、富津市及び市原市30数万人の水道水源地域であり、下流の武田川l、小櫃川流域及ぴ東京湾では豊かな自然の恵みを生かした農業、漁業及び観光が営まれています。安定型処理施設は、安定5品目とそれ以外の物質の分別ができず、全国的にその危険性が問題になっており、設置を認めれば環境汚染を防止することは出来ないと心配しています。住民の「命と生活環境」を守り、「自然環境の保全」「安全・安心なまちづくり」のため断固反対しています。
具体的な反対運動としては、
  1. 申請書縦覧にかかる設置反対意見書を知事あて提出
    平成22年11月15日に地元県議会議員、市議会議員及び当協議会ほか関係団体と共に出席し担当課長に説明し、手渡しました。
  2. 2.請願書の提出
    当協議会及び他2団体より木更津市議会あて要望の「音信山に安定型産業廃棄物処分場建設を許可しないよう県に意見書提出を求める請願書」は、市議会全会一致で採択され、平成22年12月21日、決議文が議長より知事あて提出されました。
  3. 処分場建設反対署名の実施
    富来田地区住民2165世帯(袖ケ浦市百目木農業者72人含む)の90%に及ぶ1946世帯が反対、また木更津市区長会連合会の市政協力員167名全員が反対されました。
  4. 反対署名簿及び要望書を市長・知事あて提出
    平成23年2月23日、市長は住民の味方で頑張る。県は慎重に審査するとの回答でした。
  5. 今後の活動
    袖ケ浦市、君津市、富津市議会と協働して反対の意思表示をしてゆく予定です。


  クリーンフォレスト新井総合処分場の現状 
    旧武田商事(君津市川谷)別名ARAx(君津市怒田) 御簾納照雄


 前号の通信でお知らせしました小櫃川支流・御腹川流域の二つの処分場について、昨年8月、「要請並びに質問書」を知事あて提出しながら県廃棄物指導課と話し合いました。その4ヶ月後、回答文書が届きました。概要を報告します。
質蘭問1.クリーンフォレスト(株)産廃処分場について
(1)排水は汚濁が進み、農業用水として不適切な状況であり、CODや亜硝酸などは高い値となっている。早急に調査・指導することを要請する。
回答 8月26同立ち入り検査の際採取した観測井戸等の水質は基準を超過するものではない。
(2)週刊誌の調査によると、クリーンフォレスト(以下CF)にメガバンクによる融資、約19億円の返済が08年末を最 後に滞っている。現在まで2回、転売されているが倒産するのではないか。その場合、水処理施設の稼働については誰が責任を負うのか。また、前述のように水質の悪化は水処理施設が適切に稼働していないか、または違反物質が搬入されている可蝕性が高い。経営状況と合わせて調査・指導することを要請する。
回答 倒産の事実はなく、H22年11月30日、埋立終了届が出され閉鎖に向けて協議中である。
質間2、新井総合施設(株)産廃処分場について
(昨年)4月26日、処分場内を見学した際、コンクリート堰堤から液体の浸出跡が数カ所あることが判った。コンクリート構造物は強度において接合面が重要であるとされており、液体の浸出があるということは接合に欠陥が疑われる。また、この液体浸出部分を蔓性の植物で覆い隠そうとしているようすがうかがえる。早急に第三者機関による調査を要請する。
回答 事業者の報告によると白化現象であると思料されるが、打継ぎの施工不良であることも否めない。しかし打継ぎ面がすべて剥離していることは考え難いことから、引き続き変位計測と池の水質分析を実施するよう引き続き指導しているむ
質問1についての回答で、放流水質は雨水合流後、とありますが、私たちの放流口付近での調査結果と大きな 差があります。電気伝導率1380(μS/cm)、塩化物イオン180(mg/l)など、農水省の望ましいとする農業用水基準の水質から大きくかけ離れています。検査予告してから現場に行ったとしても数値が高過ぎます。埋め立てが終了しても排水の水質監視が必要です。次に質問2の回答についても業者の報告をそのまま回答していることについて疑問が残ります。活断層に近い場所ですので「想定外」のカが加わる可能性が大きく、堰堤の崩落が心配です。



  「田倉管理型処分場計画」 業者撤退
     田倉管理型廃棄物最終処分場建設に反対する連絡会 鈴木 紀靖

 最高裁から建設差し止めの判決を受けている富津市田倉安定型処分場計画地に、昨年2月、富津興産(株)による管理型処分場建設計画が浮上しました。直ちに反対運動を進めてきましたが、今年2月、事業者が撤退を表明しましたのでご報告いたします。
 この処分場計画地は、水源地に設置する大規模な処分場であり、ひとたび有害物質が地下に浸出して汚染が拡散し、人体に悪影響が発生した場合には、その被害を回復し、拡大を止めるのは著しく困難です。そのため最高裁判所は「建設、使用、操業については事前にこれを差し止める必要性がある」とし、この場所での安定型処分場の建設禁止を判決しました。(2008.7.4) 新たに計画された管理型処分場は、燃えがら、汚泥、残土など多くの危険物質を含む廃棄物が埋められます。遮水シートを敷くとはいえ、破れた事例は多くあります。特にこの計画地周辺には住民の生活井戸があり、地層の浸透性が認められている場所ですから、極めて危険性が高い環境です。
 昨年6月3日、「田倉管理型廃棄物最終処分場建設に反対する連絡会」発足以来、富津市長、千葉県知事に、「事業者に建設断念の指導」を求める要請をしてきました。要請署名提出数は、富津市長に4,138筆、千葉県知事に4,187筆でした。運動にご協力いただいた地元区長、環境団体、安定型処分場裁判弁護団、地域住民の皆様、市議会議員の方々のご協力に厚く御礼申し上げます。今後とも地域の環境を守るために地域の皆さんと協力し運動を進めていく所存です。



 君津・富津市残土条例制定に向けて 代表 山田周治

木更津市条例の効果は明らか
 平成22年10月1日に木更津市独白の残土条例 (「木更津市土砂等の埋立て等による土壌の汚染及ぴ災害の発生の防止に関する条例」)が施行されてから、約半年が過ぎました。従来の千葉県条例の不備を補い、土壌汚染及び災害の発生からより強く市民の生活環境を守ることを目的とするこの市条例は、3,000u以上.の埋立事業の許可を受ける場合には、「事前協議」が必要であると規定しています。さらに、森林法第5条第2項第1号に規定する地域森林計画対象区域又は小櫃川流域の係る水道水源保護条例第2条第2項に規定する水道水源保護地域を含む3,OOOm以上の埋立事業を実施する場合には、隣接する土地所有者及び2000メートル以内の区域に居住する世帯の10分の8以上の世帯主の承諾を得なけれぱならないとしました。
条例の効果は明らかで、条例施行後、木更津市では事業申請は1件あるのみ。対して君津市では、同期間にすでに2件の埋立事業の申請が、県から許可されています。
水を守る会両市にも提案
 周辺各市とも、市民の生活環境を保全するために、緊急に市独白の残土条例を制定しなければなりません。富津市では平成23年度早期の施行を目指して平成22年度の3月議会に条例案を提出、君津市も平成24年度早々の施行を目標に、条文の作成を急いでいるとのことです。
 両市それぞれ、実質的に木更津市条例並みあるいはそれ以上の厳しい規定を制定しなければ、市民の生活環境を守ることは叶いません。
 小櫃川の水を守る会では、一昨年、木更津市に提案して以来、市独自の残土条例について学習会を続けており、富津・君津両市に対しても、地元会員が、あるべき条例内容についての提案を実施しています。



 金谷地区残土間題経緯 金谷自然を守る会 事務局長 鈴木裕士

富津市金谷字新梨、字木梨地区に残土計画が持ち上がったのは平成18年のことだった。その後事業者トシマの地元説明会が行われたが、いずれも金谷住民の多くは反対の姿勢を堅持し、計画は中止するものだと地域住民も思っていた。
 ところが平成20牢5月30日、予想に反し千葉県から残土埋め立ての許可が下りた(千葉県廃指令第529号)。これを受けて地元では区長会中心に「金谷自然を守る会」を結成、地元での反対署名を開始した。署名の結果は地元の大多数、1,100名、90%以上が残土埋め立てには反対の意思表示をした。そして富津市長、千葉県知事あてに残土埋め立て反対の要望書を提出した。
反対の理由は下記の通り。
○計画地は廃家より至近距離であり地下水汚染は命にかかわる重大間題である。また、計画地は金谷川本流の源泉であり、万が一汚染水が出れば河口での海産資源に甚大な被害が出る恐れがある。
○降水量の多い時は山林破壊など近隣住民への影響の心配である。
○残土搬入予定の金谷北港は他の業者で満杯の状態であり、これ以上の車両通行は騒音と粉塵公害を地域住民に強いるものである。
○金谷地区は鋸山はじめ観光資源に恵まれており、観光事業は大きな町の産業である。今回の計画はこの観光産業に大きなマイナスイメージを与ネるものである。
地元の思いを受け止め、富津市はトシマ側に対し「地元住民の理解と協定の締結」を条件とする実質的な反対の意思表明をする。具体的には林道の使用許可、残土計画地内にある赤道の払い下げを、住民の理解と協定の締結がなされない限り認めないとの方針を示した。
平成21年5月8日、事件はトシマ側が富津市を相手取り、1億5千万の損害賠償の請求を、千葉地方裁判所木更津支部に訴える訴訟に発展した。しかし、平成23年3月28日、トシマ側の地域への理解を求める努力がいまだ不十分との見解などから、トシマ側の請求は棄却され富津市の勝訴となる。
その後トシマは、この結果を不服として高裁へ上告した。
金谷自然を守る会は愛する郷土を守るために、今後も裁判の行方を注意深く見守っていきたい。

top page
menu page