top page
menu page

15 「施設の変更」を県が許可する(2004.3)

 君津市川谷にある安定型最終処分場《ビオトープ》。取扱品目は廃プラ類、ゴムくず、金属屑、ガラス屑および陶磁器屑、建設廃材の安定5品目を処分する。
 平成元年、操業開始。56万m3の埋立を終了後、さらに埋立容量変更の許可を申請。平成16年3月、27.6万m3の追加埋立が許可になり、現在規模拡張の工事中です。ここは操業開始直後から高濃度の汚染物質が川に流出して、地元農家の主婦達を中心に《小櫃川の水を守る会》が発足するきっかけとなった処分場です。その後安定型処分場としては例外的に水処理施設も設置されましたが、処分場排水口からの汚染物質の流出は現在も止まらず、汚染度の目安となる電気伝導度の数値は、小櫃川下流域の10倍以上となっています。
  (小櫃川の水を守る会:山田周治)

(株)ビオトープの産業廃棄物最終処分場の施設の概要

事業者名 株式会社 ビオトープ 代表取締役 山田久子
設置場所 君津市川谷205一1 他11筆
処分場の種類 産業廃棄物最終処分場(安定型)
取り扱い品目 廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず及び陶磁器くず、建設廃材
施設の処理能力
埋立容量
処分場面積: 91,360m2
埋立面積: 当初 39,000m2 現在 49,804m2
埋立容積: 当初 563,045m3 現在 839,393m3

(株)ビオトープの産業廃棄物最終処分場の施設の経緯

昭和58年 8月11日 最終処分場事前協議書受理樺|田商事)
昭和59年 9月25日 事前協議終了
昭和59年10月 3日 施設設置届書受理
昭和63年 2月 5日 工事着手
平成 5年11月30日 樺|田商事から!潟rオトープに名称変更
平成 6年12月22日 一般廃棄物処理施設に係る事前申出書 提出
平成 7年 3月17日 指導要綱に基づく事前協議書 提出
平成 9年 9月 4日 事前協議書取下書提出
平成 9年10月 2日 産業廃棄物処理施設再開届書受理
平成13年11月28日 事前協議免除申請書受理
平成14年10月 4日 事前協議免除通知
平成14年10月18日 変更許可申請書受理
平成15年 3月 4日
〜4月3日
告示縦覧
平成15年 5月21日 専門委員会開催
平成16年 3月29日 産業廃棄物処理施設変更許可証交付

許可期限

最初許可 平成  2年2月6日
更新許可 平成 7年2月6日〜平成12年2月5日
更新許可 平成12年2月6日〜平成17年2月5日

top page
menu page