next page
top page
menu page

水源地にセシュウムの埋め立て直ちに中止を!



 水源地にセシュウムを埋め立て!

 水道や農業用水・上総掘りが危ない!
 小櫃川や湊川の水源地などにある産廃処分場に、県内各地から最大5500ベクレル/sものセシウム汚染汚泥が大量に搬入されています。君津市の大福山・新井総合(株〕、富津市の大塚山・太平興産(株)、富津市「一般廃棄物処分場」の3ヶ所です。
 富津・君津・木更津・袖ケ浦・市原の5市・35万人の水道水は、小櫃川の下流から汲み上げられています。また、小櫃川や湊川の水は、中・下流域では主に水田の農業用水として、私たちの食べる米などに使われています。
 大福山で地層に入った地下水は、久留里などで上総掘りとなって湧き出て、農業用水や飲み水、地酒にも使われています。水に溶けたセシウムは体内に入れば、一生、内部被爆が続き、癌になる確率は、幼い子や若い人ほど跳ね上がります。

 産廃処分場にはセシウムを取り除く機能は全くありません
  セシウムが溶けた水をずっとため続けることも構造上無理です。結局セシウムは小櫃川や湊川に放流されます。 1970年7月のような大雨が降れば、処分場内の水はあふれてセシウムは川に流出します。地震や劣化などで下に敷いた遮水シートが破れれば、久留里の名水にも入り込みます。今回の熊野地方のような大規模な土砂崩れが起きれば、汚染物質その物が川に流れ出ます。いずれも起こりうることで、起きたらもう取り返しがつきません。

  横浜市は下水道汚泥、焼却灰埋立を凍結!
 横浜市の公式ホームページによれば、横浜市は横浜港にある廃棄物処分場に焼却灰を埋め立てる方針を決めていたが、地元住民らが抗議し、横浜市長は当面の間、埋め立てを凍結することを9月14日の記者会見で阿明らかにしました。
署名用紙はご連絡下されば頂きに伺います。この活動はボランテイアとカンパで支えられています。是非ご協力をお願いいたします。
  カンパは 郵便局口座 0014−0−405615 小櫃川の水を守る会宛に「署名カンパ」と書いてお送り下さい。

 みんなの署名で横浜のように持ち込み中止を!
 処分場に埋め立て出来るとされていたセシウムの上限100ベクレル/sを、原発事故後、政府は何の根拠もなく8000ベクレルに上げました。さらに10万ベクレルまでの汚泥や、福島の放射能汚染ガレキも処分場に持ち込むと決めましたが、住民には何の説明もありません。セシウムは放射性物質だから、消すことはできません。半減期は30年。8000ベクレルのセシウムは180年たっても125ベクレルにしか減らないのです。焼却すれば煙突からセシウムを撒き散らし、移動すれば移動先に汚染を広げるだけです。まして水溶性のセシウムを水源地に持ち込むなど愚の骨頂です。みんなの声を集めて水源地への搬入を直ちに中止させましょう


賛同団体
○小櫃川の水を守る会 ○天羽の水を守る会 ○金谷自然を守る会 ○グリーンネットふっつ                     ○鬼泪山の国有林を守る市民の会 ○大塚山漏洩問題の解決を求める市民の会 ○きさらづ市民ネットワーク
○残土産廃問題ネットワークちば
★幹事団体 小櫃川の水を守る会 代表 山田周治 君津市練木110
         電話 0439-32-4797

署名等の連絡先 住  所 電話番号
宮 則夫 富津市佐貫250    0439-66-1760
佐々木悠二 君津市中島230−8 0439-32-4797
金井珠美  木更津市請西4−4−27 0438-30-1161
関  巌 袖ヶ浦市神納2977 0438-62-0492

署名用紙が必要な方はご連絡下さい

 syomei.pdf へのリンク  署名用紙が必要な方はここをクリックしてください。                               

next page
top page
menu page