top page
menu page

放射性物質から生命を守る市民の会
ひとりでも多くの皆さんの参加をー 

 東電福島原発事故でまき散らされた放射性セシウムの危険が、身近に迫っています。袖ヶ浦・木更津・君津・富津の市民の水道水源他にある産廃処分場に、大量のセシウム汚泥や焼却灰が持ち込まれており、このままでは私たちの健康、子どもや孫の生命が将来にわたっておぴやかされます。同じように汚染汚泥などが持ち込まれた伊勢崎の処分場では、排水からセシウムが漏れ始めています。
 私たちは「水源地にある処分場に放射性物質を搬入しないこと」を県や国に求めて「市民の会」を立ち上げます。ひとりでも多くの皆さんのご参加を呼びかけます。

  
「放射性物質から生命を守る市民の会(仮称)」は
  • 皆さんの署名を持って国や県、市に要請、陳情、交渉を行います
  • 調査・研究・学習を深めて、皆さんと情報を共有します
  • 運営は入会金1000円と市民からのカンパで行います
  呼びかけ人
  • 金井珠美 佐々木悠二 白井敏夫 鈴木紀清 関 巌 山田周治
 
  
会や講演等の問い合わせは
  • 佐々木悠二 299−1106 君津市中島230−8 電話 0439-32−2197まで
  
  市民の会結成と講演会のお知らせ
    
講演「ベクレルとシーベルト?福島で何が起きたの?」
           
講師:澤井正子(原子力資料情報室)
           
11月 8日(火)   13:00…受付
                     13:30〜結成総会
                    
14:00〜15:30 講演(質疑あり)
        君津市学習交流センター(中央公民館)2F
        (君津市役所、図書館のとなり)

     小さいお子さんの一時預かりいたします。(無料)
      (会場のとなりの和室で保育士が見ます)

 呼びかけビラにリンク(PDF)
 

top page
menu page