next page
top page
menu page

放射性物質から生命を守る市民の会設立総会 2011.11.8


 11月8日、君津市生涯学習交流センター(君津中央公民館)において「放射性物質から生命を守る市民の会」の設立総会が市民多数参加のもと開かれました。1時30分開会され、経過報告、規約・役員提案、署名集約報告、今後の方針の提案、質疑が行われました。 記念講演は「福島第一原発事故の現状〜放射能のイロハ〜セシュウム汚染まで」と題して講師澤井正子氏(原子力資料情報室)のプレゼンテーションを使ったかりやすい説明が行われました。多くの質疑が出され時間を大幅にオーバーし閉会しました。当日の参加者数は140名、加入者団体数は当日2団体が新加入し13となりました。署名到達数は8,500名でした。


「放射性物質から生命を守る市民の会」設立の経緯


 3月11日福島原発事故によって飛散した、広島原発数百個分もの死の灰の代表的な放射性物質セシウムは、雨とともに東日本全域の地表に降り注ぎました。水に溶けやすく粘性土壌に付着しやすいセシウムは、上水および下水処理場に流れ着いて汚泥に滞留し、また廃棄物焼却場では、収集されたあらゆるごみに付着していたセシウムが、焼却灰を高い濃度で汚染することとなりました。 100ベクレル/kgを超える放射性セシウムを含む廃棄物は、厳重に管理された施設こ保管すべきであると、2005年に国は規定しています。この安全基準に従った各処理場は、仮置き保管した汚染汚泥や焼却灰で埋め尽くされ始めました。
国は今年6月、セシウム8000ベクレル/q以下の廃棄物の廃棄物処分場への埋め立てを認め、千葉県はこれを受けて、県下3つの管理型処分場に通知。小櫃川上流こある大福山の新井総合鰍フ処分場と湊川上流にある大塚山の大平興産鰍フ処分場に、早速、搬入が始まりました。小櫃川の水は市原、袖ケ浦、木更津、君津、富津、5市35万人の水道水源です。湊川の水は稲作に欠かせない貴重な農業用水水源です。
 私達の生命に欠かせないこの貴重な水が、どんな対策をしても毒性を消すことのできない究極の毒物セシウムに汚染される。しかもセシウムは半滅期30年、8000ベクレル/sが100ベクレル/sになるまでに200年かかる。市民の生命は将来にわたって危険にさらされることになる。払達11の市民団体は、それぞれの市民の皆様にこの事実を報告するとともに、セシウム汚染廃棄物の処分場への搬入を、なんとしても止めようと、「放射性物質から生命を守る市民の会」を結成して、市民の皆様とともに、運動を進めることを決意しました。                       2011年11月8日
 

                                                             天羽の水を守る会
                                                         いちはら市民ネットワーク
                                              大塚山漏浅間題の解決を求める市民の会
                                                           小櫃川の水を守る会
                                                             金谷自然を守る会
                                                          きさらづ市民ネットワーク
                                                    鬼泪山の国有林を守る市民の会
                                                            グリーンネットふっっ
                                                     残土・産廃問題ネットワークちば
                                                     袖ケ浦市民が望む政策研究会
                                                         袖ケ浦市民ネットワーク
                                         * 房総半島の自然を学び文明と環境を考える会
                                                            * 水と緑を守る会
                                       (50音順  *印は当日参加の表明をした団体です)


アピール


 2011年3月11日、東日本大震災に端を発した福島原発事故は、福島県をはじめ東日本全域に放射性物質を飛散させ、私達が住む千葉県も、広い地域が汚染されました。ことに放射性セシウムは、水に溶けやすい特性があるため、各地の下水処理場の汚泥が高い濃度で汚染される結果となりました。
 政府は6月、何の根拠もなく8000ベクレル/kgまでの放射性セシウムを、廃棄物処分場に埋め立てて良いとし、さらに8月31日には、10万ベクレルまでの汚泥や福島の放射能汚染ガレキも、処分場に持ち込むことを認めました。
その結果、いま小櫃川や湊川の水源地にある産廃拠分場、君津市の大福山・新井総合(株)、富津市の大塚山・大平興産(株)には、県内各地から最大5,500ベクレル/sものセシウム汚染汚泥や焼却灰が大量に搬入されています。
小櫃川は富津・君津・木更津・袖ケ浦、市原の5市35万人の水道氷源です。また、小櫃川や湊川の水は、中・下流では主に水田の農業用水として使われています。大福山で地層に入った地下氷は、上総掘りによって、農業用水や飲み水、酒造り、に使われています。水に溶けたセシウムが体内に入れば、一生、内部被曝が続き、癌になる確率は、幼い子や若い人ほど跳ね上がります。
処分場は、セシウムが溶けた水を浄化することも、場内に溜め続けることも不可能です。結果的にセシウムは小櫃川や湊川に放流されます。また大雨が降れば、処分場内の水はあふれて川に流出します。地震や劣化などで敷いた遮水シートが破れれば、地下に浸透します。 放射性セシウムの毒性はどうやっても消せません。半減期は30年、8000ベクレルのセシウムが100ベクレル以下になるのに200年もかかります。 汚泥を焼却すれば煙突からセシウムが拡散し、移動すれば移動先が汚染します。まして水溶性のセシウムを水源地に持ち込めば、子孫の代に至るまで、流域佳民の生命を危険にさらします。私達《放射性物質から生命を守る市民の会》は、千葉県知事に対して次のことを求めます。
@放射性物質を水源地の産廃処分場へ搬入することを直ちに中止すること
A放射性物質をまき散らした東京電力と、強引に原発を推進してきた政府に対して、責任を持って全ての放射性物質を処分・保管するよう求めること。
B東電と国に対し、私たちの生活環境及び水、食料の安全を確認するための検査を直ちに実施するよう要請するよう求めること

                            2011年11月8日   放射性物質から生命を守る市民の会
                                                       代表 山田周治

                               

next page
top page
menu page