top page

ゴミ弁連主催「講演とシンポ」

 とき  2003年427日(日) 午後1時 (開場(午後0時30分)
 
ところ 富士屋ホテル 木更市富士見町3−7−25 
 TEL= 0438-22ー2117 
会場への案内図は下記をご覧下さい。

 生命の水源を守ろう!!

 産業廃棄物や残土が、地方の緑の谷間を埋め尽くし、貴重な水資源を汚染しています。全国で住民のみなさんと一緒に環境を守る活動をしている私達弁護士の仲間が、このたび木更津でシンポジウムを開きます。「生命の水源をいかにして守るか」みんなで一緒に考えようではありませんか。

  協賛 残土・産廃ネットワークちば、産廃反対東総住民連絡会
      
小櫃川の水を守る会


 第1部 「基調報告」 午後1時00分〜午後1時40分

  • 「21世紀の課題・循環型社会の実現に向けて」 
                    中村敦夫氏 (参議院議員)
  • 「現地調査報告」脱・埋立・脱・焼却に向けて
    • 「カナダ・ハリファックス市の具体的取り組み」
                  青山貞一氏 (環境総介研究所)

 第2部 各地報告(千葉県・近県) 午後2時10分〜午後3時10分

  • 天羽の水を守る会 (安定型処分場問題) 
  • 産廃反対東総住民連絡会 (管理型処分場問題)
  • 館山照葉樹林を守る会 (館山残土処分場問題)
  • 近県の産廃反対運動 (笠間、水戸など)

 第3部[パネルディスカッション] 午後3時20分〜午後5時                                          『住民を護る武器としての条例』
  
  パネラー 

  • 梶山正三氏(ゴミ弁連代表)
  • 北山喜宣氏(行政法研究者)
  • 守春男氏(君津市職員)
  • 石渡正佳氏(千葉県職員、「産廃コネクション」著者)
  • 御簾納照雄氏(小櫃川の水を守る会)

   ※当日、資料代500円をいただきます。

主催  たたかう市民とともにゴミ問邊の解決をめざす弁護士連絡会 (略称=ゴミ弁連)
     連絡先 千葉市 田中法律事務所 (043-222-4082)


協賛  残土・産廃ネットワークちば 
     産廃反対東総住民連絡会 
     小櫃川の水を守る会


案内図
木更津市冨士やホテル案内図

top page