top page>menu page>イベント目次

里山シンポジュウム  2004-05-15


里山シンポ 
5月15日アカデミヤホールで、里山シンポ実行委員会・千葉県・千葉県緑化推進委員会3者主催による里山シンポジュウムが開かれました。第9分科会で小櫃川の水を守る会、天羽の水を守る会も参加しプレゼンテーションを使って報告しました。主な内容を報告します。

全国一位の不法投棄
 4月28日環境省が発表しました全国の産廃の不法投棄は全国で2500件、1100万トン。その内千葉は、877件、388万トン余り。つまり全国の三分の一の不法産廃が千葉に集中しています。各地の里山に残土産廃が投棄されています、里山は水源地です、水が汚染されば、将来の子孫までにわたって、取り返しのつかない水汚染の影響が生じます。
 第9分科会は51名参加し会場はあふれるくらいでした。報告は、NTLという業者に苦しむ市原の市民、それと富津市天羽、千葉市の市民4名が行いました。午後は行政の産廃・水質保全・林務課の4名の方が行政の施策と参加者と意見交換をおこないました。

市原の残土処分場取り消し
 NTLは市原に200万m3の残土を投棄し、そしてそれが5回にわたって崩落事故を起こしました。これに関して、地元住民から、県の業者に対する非常にあまい姿勢が厳しく糾弾されました。大きな違反行為があったにもかかわらず、県は違反に対する確認や、究明が極めてあいまいで、被害者の立ち会いなしで、完了するなど、違反を見逃してきた県の無責任な対応に私達は大きな怒りと戸惑いを感じました。

天羽の差し止め裁判
 守ってくれるはずだと思っていた行政が、実はそうではなかった。天羽の水を守る会はいま差し止め裁判をしています。100万m3の処分場のすぐそばで住民は井戸水を使って生活しています。住民の生命の安全をかけた裁判が続いています。2002年2月18日、千葉地方裁判所は、仮処分で「汚染された地下水が井戸水に流入することで健康被害を受ける蓋然性は極めて高い。」「建設使用および操業してはならない」と現状保全を認める決定を出しました。現在本裁判は千葉地裁木更津支部で12回まで公判が進んでいます。

まとめ発言
 司会進行の川本氏は次のようにまとめました。「私達が確認した基本姿勢としまして、まず実態を直視分析する。安定型処分場だから、残土だから安全だということではなく、本当にこれが安全なのか。ということを現地できちっと見ることをやることです。それから事業者への厳格な指導、なぜ許可を取り消さないのか。そして制度化、水源保護条例は水質規制ではなくて、立地規制で守ろう、そして生命の安全・安心を優先しよう。そして何よりも未然防止し、予防という安全性の考え方にのっとっておこなおう。そして不安を感じる住民への説明責任を果たす産廃残土の行政をつくっていく必要があるのではないか」そして最後に「脱産廃、残土宣言」を是非千葉で出していただきたい」ということでした。 2004−05−15

 小櫃川の水を守る会の報告(スライド)

top page>menu page>イベント目次