top page>menu page>イベント目次

房総中西部里山地域の残土産廃問題

                    小櫃川の水を守る会 山田周治

九十九谷の写真
 スライド1:鹿野山から見た里山群像=九十九谷
 房総半島中西部は、かつて本州の山々から幾つもの川によって運び出されて海底に堆積した砂礫が隆起した陸地です。砂礫層や泥岩層の低い山々は、雨風に侵食されて、規模は小さいけれども急峻な無数の峰と谷になりました。

君津大谷津里山風景
 スライド2:里山原風景T=君津市大谷
 やがて、緑と厚い表土に覆われた砂質層の山々は、清冽な絞り水を谷にもたらし、豊かな地下水を涵養しました。人々はその水の恵みを頼りに、山裾の谷間に田を開き、山と共生する暮らしを営んできました。

上総堀井戸の写真
 スライド3:里山原風景U=君津市川谷(上総掘り)
 地下に眠っていた豊富な地下水は、上総掘りによって地表に呼び出され、自噴水となって平野部の田畑を豊かに潤すこととなりました。

小糸地区の山砂採取した山の写真
スライド4:山砂採取で里山が消える=君津市小糸地域
 美しい風景と豊かな水をもたらしてきた数百メートルに及ぶ厚い砂質層が、優良な建設骨材として注目されました。昭和30年代に始まるこの地域の山砂採取は、いままでに2,000haの山々を消滅させ、現在も小櫃川流域で374ha・小糸川流域で332haに及ぶ面積の事業が行われています。
裸地のまま放置された採取場跡の周辺では、自噴水はその力が弱まり、あるいは自噴能力を失ったといわれます。

山砂採取地の産廃残土
スライド5:都会の大量残土が里山にやってきた=君津市小糸地域
道路が整備されて搬入しやすくしかも急峻な谷間や、平地よりもさらに深く掘り下げた山砂採取跡は、残土や産廃の格好の埋立処分場として狙われることとなりました。
現在、君津支庁管内で県から許可されている3,000u以上の残土処分場の数と総面積は、
袖ヶ浦市= 11ヶ所  246,834u
木更津市=  7ヶ所  660,404u
君津市 =  4ヶ所   87,442u
富津市 =  2ヶ所   80,891u
に上っています。

袖ヶ浦埠頭の残土の写真
スライド6:県外の大量残土が、陸揚げされている=袖ヶ浦港
 搬入される残土の殆どは、対岸の東京、神奈川から北袖ヶ浦埠頭に運ばれています。この残土の多くは石灰等で安定化処理が施された『改良汚泥』です。これは、本来は管理型産廃処分場で処分されるべきものだと、雑誌インダスト2002年9月号で、千葉県環境生活部産業廃棄物課宮本秀春主幹(当時)は指摘しています。

袖ヶ浦川原井の残土処分場
スライド7:大量残土の埋立進む=袖ヶ浦市川原井地区
 ダンプが驀進する搬入路の多くは、車のすれ違いがやっとという狭い道路です。運ばれる残土の中に、中間処理場で産廃が混入されるケースも少なくありません。また処分場内の搬入路には、路盤を固めるために鉱滓が大量に敷き詰めらます。残土や鉱滓から染み出す汚染物質は、砂質層を通り抜けて、地下水を汚染する虞があります。

君津市糸川の残土処分場
スライド8:崩落の危険をはらむ急傾斜地への埋立=君津市糸川地区
 急傾斜の谷間に残土を埋立てるに際しては、崩壊を防ぐために下部から埋立て、さらに地盤を固めることが義務付けられています。糸川椎木谷処分場は、その義務条件違反を指導され、目下、改善工事が行われている。

君津市大福山の残土処分場
スライド9:残土の大量投棄進む=君津市大福山
 一方、大福山で現在唯一稼動中の君津興業の処分場には、栢橋のNTLの許可取り消しにより行き場のなくなった残土が、毎日150台のダンプで運び込まれているといいます。転圧をかける余裕もなく谷間に放り込まれ続けて、土砂崩壊の危険が予想されています。

君津市大福山の車両埋立
スライド10:里山に大量の車両埋立=大福山
尾根の反対側では、残土処分場でも産廃処分場でもない場所に、大量の廃車が持ち込まれて、埋め立てられています。さまざまな汚染物質が谷に流れ出し、地下に浸透する危険は明らかです。

君津市大谷ビオトープ処分場
スライド11:15年前のV字谷が変貌=君津市大谷
15年前竹田商事が許可を申請した当時は、緑豊かな深い谷間でした。56万?の埋立が完了した現在のビオトープ安定型産廃処分場では、埋立傾斜角度をさらに急角度にすることで、埋立量を増大する計画を立て、県に拡張申請を行っています。

ビオトープ処分場排水口
スライド12:安定型処分場の排水口=君津市川谷
ビオトープ処分場の排水口からの放流水は、私達の調査によるとCODは50mg/l、また電気伝導度は2,300に達する状態となっています。水源を汚染された日出沢地域の田圃は耕作を続けることができなくなり、里山は失われました。

君津市新井総合処分場
スライド13:管理型処分場=君津市怒田
面積93000u。埋立容積144万?に及ぶ大規模な管理型処分場が地元住民の強い反対を押し切って、2001年3月許可され、今年4月12日から搬入が始まりました。

新井総合処分場の搬入路
スライド14:管理型処分場への搬入路=君津市怒田
幅員5m未満、普通乗用車でもようやくすれ違う蔵玉林道には、本格搬入とともに一日往復100台もの大型ダンプが廃棄物を搬入することになります。操業は始まりましたが、林道の地権者は、まだ同意していません。

君津市KGM処分場予定地
KGM処分場位置図
スライド15:マンモス団地の近くに管理型処分場=君津市北子安
面積96000u、埋立容積842,600?のKGM管理型廃棄物処分場計画は、申請は受理されたものの、処分場への搬入路が確保されていないことを理由に許可されていません。事業者側は、君津土地区画整理組合に対して進入路使用権の確認を求めて東京地裁に提訴。目下予備審査中です。

KGM処分場予定地を見学する市民
スライド16:反対に立ち上がった地元住民
八重原自治会連合会、大久保、八幡台の各自治会および水と緑を守る会が粘り強い反対運動を展開しているこの計画地は、もともと古い歴史を持つ典型的な里山地域でした。できれば、本来の姿を復元し、市街地区内の貴重な里山地域として保全したいところです。

ビオトープ処分場排水口
スライド17:水源保護条例はできたが・・・
川谷の産廃処分場反対運動を機にスタートした私達「小櫃川の水を守る会」の運動は、今思えば、まさに里山保全運動でした。私達は1990年11月、水道水源保護条例の早期制定を求めて18,000人の署名を木更津市長に提出。1995年、木更津市をはじめ君津市、袖ヶ浦市の3市が水道水源保護条例を制定しました。しかし水質規制型のこの条例だけでは、里山も水質も、保全は難しいのです。県レベルで、実効ある水源保護条例を制定することを願望します。

top page>menu page>イベント目次