top page

第19回小櫃川の水を守る会総会 2004-11-28

  1. 経過・活動のまとめ
  2. 各地からの報告 
    1. 鴨川産廃処分場
    2. 君津市の残土産廃処分場
    3. KGM産廃処分場計画
    4. 袖ヶ浦市残土処分場
    5. 富津市田倉産廃差止裁判
     

 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会発会式

経過・活動のまとめ

 「残土・産廃から水源を守る運動」
(1)田倉産廃差し止め裁判の全面支援
(2)小櫃川流域及び周辺河川流域の自然観察を兼ねた水質調査
 残土・産廃処分場直下の水質調査
(3)共催また他団体主催のシンポ・報告会への参加
 公民館での活動報告・写真展示
現代産業科学館と「三番瀬・盤洲干潟展」実行委員会共催の一団体
(盤洲干潟を守る連絡会,小櫃川源流域の自然を守り育む連絡会,小櫃川の水を守る会)2005,2/17-28実施
 今年度は河口域の干潟保全に力点を置いた活動となりました。しかし定期的な水質調査も進めており、これからの活動も見えてきています。これ以上水道水源を汚濁させないためにポイントをつかんだ調査が必要になっています。
 新たな管理型産廃処分場の営業開始、山砂採取、残土の搬入、またそれへの産廃の混入により逮捕者が出るなど大きな問題を抱えています。特に君津、市原市境界の水源地では、許可を受けた残土処分業者の不法行為に、県が指導してもそれに従わず逃亡するなど悪質な事件が続いています。
次年度はこれらの解決のため、また水源を清浄に保全するために河川管理そのものについて行政との話し合いを重ねていくことを目標とします。

『盤洲干潟保全活動』
(1)行政への働きかけ
木更津市宅地課に遊戯施設(童の里)建築確認書公開要請、継続中
情報公開請求「スパ三日月」非公開部分につき審査会へ意見書提出

(2)干潟観察会・調査
盤洲干潟学校継続実施(全国干潟の日・2004参加行事含む)
市民団体への盤洲干潟学習会
ハママツナ,シオクグ,ウラギク定期調査

(3)他団体との交流
県立博物館と市民団体の協働『三番瀬・盤洲干潟展』実行委員会参加
千葉県野鳥の会観察会と干潟学校共催
日本湿地ネットワーク加盟
各市公民館文化祭等交流・展示参加

(4〕広報
「盤洲干潟通信」11号〜12号発行
地域新聞への行事・参加募集記事掲載
JAWAN通信へ盤洲干潟実態掲載

  昨年度の総会報告では、盤洲干潟の底生植物被害をくい止めるため、県・市行政への要請活動に力点を置いたものでした。今年度は干潟の実態調査と観察会がメインになりました。r盤洲干潟学校」と称して5回実施しました。参加者は毎回20〜30名程度ですが、地域新聞掲載の参加募集を見ての新たな参加もあります。
  シオクグ、ハママツナなど底生植物は通信で報告済ですが悲惨な状況にあります。ハママツナは3年前まであった群落と呼べるものは既になく、3カ所に散見されるといったところです。またシオクグは、根腐れが多くほとんどすべて先端が茶色に枯れています。このような状況を干潟学校参加者にも説明しました。
  先日、環境省が発表したラムサール条約登録地の候補として三番瀬の名称はありましたが盤洲は残念ながらありませんでした。自然度の高さでは圧倒的に盤洲が勝っているわけですが、それは環境省からみた知名度なのでしょうか。
  三番瀬保護にかかわっているある方がr盤洲はどうして候補にないの?」とある学者に問うたところ、「データがない」と答えたそうです。詳細なデータは県がもっているはずです。盤洲は東京湾にあって日本に誇れる自然度を有しながら、まだまだメジャーではないということです。ここ1年、環境省への要請を怠っていたことが悔やまれます。三番瀬もまだ候補にあがっただけで05年に登録地となるかは微妙なところであるとのことから、盤洲を候補へ追加するよう要請しながら三番瀬と共に登録を目指します。それにしてもラムサール条約登録についてはその前段に、形の上で地域住民の傑全意識の高まりのみならず行政がなんらかの(たとえば千葉県が自然環境保全地域指定など)保護地域指定にしていることが必要条件と考えてきましたが、そうでもないということが見えてきました。それはやはり市民の声の高まりが最優先するということでしょう。
  次年度は今年度の反省を元に市民への広報は当然のことながら、環境省、千葉県、木更津市など行政への要請に重点をおいた活動が必要です。(御簾納照雄) 

top page