top page
menu page

「第20回小櫃川の水を守る会総会」
05−11−06 木更津市民会館

 17年前この会が結成されて以来、この会の渡辺みつ代表は90歳になられました。ご案内のように代表はこのたび引退することになりました。小櫃川の水を守る会は久留里川谷の産廃処分場反対の住民運動から生まれ、水源地の住民運動が下流域内房四市の市民運動に、発展したという素晴らしい歴史を持っています。新会長として君津市在住の山田周治氏が選出され就任しました。記念講演は田倉産廃差し止め訴訟の弁護団長をしている田中由美子弁護士が「水源地を守るために」というテーマで行いました。
 
 この1年の経過報告
 総会の経過報告は御簾納事務局長より次の報告がありました。
「今年一月,君津市川谷ビオトープ下流の日で沢で高い電気伝導度(2460μs/cm)が検出されたので千葉県に指導を要請したこと」
「田倉産廃処分場差し止め訴訟を支援する会が7月に発足したこと」「小櫃川、小糸川の水質調査をしたこと」、「今年7月、地元自治会からの要請で君津台の大関・新関谷池の水環境調査をしたこと」
「今年2月、三番瀬・盤洲干潟展に参加したこと」
「今年5月、県立上総博物館で盤洲干潟展を開催したこと」
「11月清見台公民館にて文化祭に参加したこと」など報告がありました。詳細は下記の通りです。(ここをクリック

 各地域からの報告

 天羽の水を守る会からは「裁判支援に対する謝礼」と、「差し止め訴訟の勝利を目指して決意」が述べられました。裁判は今年5月に第一審勝利判決を得たが相手方が控訴したために東京高裁で裁判が続いています。裁判は10年、20年後のことではなく100年先のことを考えて訴訟に踏み切った。10月の公判では東京高裁の裁判官が地元に来ることを表明した、など報告されました。

 君津のKGMの計画する処分場については、水と緑を守る会から経過が話されました。管理型処分場の建設は東京「日の出」に見られるようにゴムシートに穴が開いても行政は進めている。計画地は北側が木更津市(八幡台、大久保)南側が君津市(八重原)になっている。現在業者は千葉県に林地開発許可を申請したが、搬入路が確保できないために許可が出ていない。業者は新子安土地区画準備委員会と共有14者を相手に通行権の確認と損害賠償1億円を求めて裁判になっている。この裁判は今年5月産廃事業者側(KGM)は東京地裁で敗訴し、控訴したが東京高裁では去る10月棄却された。など報告がありました。

 小櫃川河口盤洲干潟を守る連絡会からは、干潟の状況と守る会の活動について報告がありました。この干潟は日本でも有数の砂質干潟で干潮時は約2km沖まで砂浜が広がる、後浜は43haのアシが混生する塩性湿地が広がっています、東京湾は埋め立て造成がされたが、ここは残された手つかずの干潟です。ホテル三日月の建設操業後ここ4〜5年に大きな変化が起きています、底性植物シオクグ、ハママツナの激減、アシ原の後退、河口近くに大量の砂、ノリ・アサリの減収。自然は一度破壊されると元に戻らない、元に戻るには大変時間がかかる。連絡会は生物の観察会やゴミ拾い、写真展などをしています。童謡の里建設の計画があるがその後進展していない、など会長の小関氏から報告がありました。

 袖ヶ浦市の今井の市民の会からは産廃中間処理施設の建設反対運動の取り組みについて報告がありました。事業者から4月に住民説明会があり、ハイプラ、紙くず、木くず、繊維くず、金属くず、ガラス・陶器くず、瓦礫類を破砕、分別し君津市怒田にある新井総合施設に持って行くとしています。事業者は建物の中でやるから住民に迷惑はかけないと説明したが、質問すると「巾7メートルのシャッター4カ所は開けたまま操業する」ということが明らかになった。署名を集めて市、県、業者に提出した。市への陳情の趣旨説明では田倉判決、市の環境保護条例、憲法25条など主張したが残念ながら、反対多数で否決された。1300名の署名を持って県に要請したが、県は工業指定地域だからムリといって話は聞いたが「法によって進める」というばかりだった。「被害が出たら責任はどうするか」と聞くと「それは会社と住民の関係だ」というばかり。9月末に設置許可がでた。市民の会は巨大なシャッターを閉めてくれと今運動をしている。今後の問題として会社側はアセスメントは「振動と騒音」はやるが「粉塵」はないとしている。アスベストが問題となっているが法律的にも考える必要がある。今後も「袖ヶ浦市の環境を守る会」として活動していくと話しました。

 群馬県下仁田馬山の会からは大型管理型処分場建設反対運動を町ぐるみで取り組んでいる経験が話されました。東京の事業者が倒産したゴルフ場を産廃計画地とするため取得した。埋め立て容量は192万立法メートル、産業廃棄物15品目と一般廃棄物を埋める計画。1万人の町民のうち8000人の署名を集めて県に請願を出し、県議会は全会一致をもって請願を採択した。氏は青森・岩手の不法投棄から岡山県の吉永町までこの2年で全国50カ所を歩いたという、「廃棄物処理場を設置する自治体に何の権限もない」ということに矛盾を感じる、これは解決しなければならない問題だと思っていると話されました。住民が産廃阻止の変わらぬ決意を持ち続けること、みんなの総意で運動することが大切と思う、「下仁田には地層に大きな断層があり、地道な地質調査に子供も参加して行っている」今後もともに連帯して産廃阻止を、と訴えました。下仁田町の市民の会は今年11月末再び富津市田倉処分場の見学を予定しています。  (広報 鈴木)


top page
menu page