top page
menu page

第18回小櫃川の水を守る会総会
(2003.11.29)

 ここ一年の活動のまとめ

(1) 残土・産廃への取り組み


 県へ実効ある残土条例制定を要請する市議会議長宛請願

    2002. 9月 抽ケ浦・君津市議会 採択
              木更津市議会 継続審査
     2002.12月 木更津市議会 採択

 昨年、地元3市の9月議会にむけて、県へ実効ある残土条例を制定するよう要請する旨を求めて議長宛請願書を提出しました。
 袖ヶ浦市議会2名、君津市議会3名、木更津市議会2名が請願議員として協力してくれました。袖ヶ浦・君津市議会は採択となりましたが、残土搬入量が一番多い木更津市が継続審査となりました。そこで、木更津市議会議長あてに千葉県産業廃棄物課主幹の記した「神奈川県からの残土搬入量が一番多い木更津市」のデータを示しながら早急に採択するよう「水を守る会」から要請書を送付しました。その結果かどうか、12月議会で採択となりました。


 廃棄物・残土に関する君津市独自の条例制定を請願

    請願者  君津市糸川・大井戸自治会
    結果    2003年6月 君津市議会.継続審査
                 8月 君津市議会 採択

 改正された千葉県残土条例でも地域住民の健康と生命は守れないこと、また堂本知事は廃棄物、残土の埋立事業計画について、各市町村が県条例よりも厳しい規制内容の条例を制定すればそれを優先する、と表明していることから残土問題の発生が身近にある君津市議会への請願となったものです。
 6月議会で継続審査となったものの、8月議会で採択となりました。今後は市独自条例の内容に注目していかなければなりません。


 田倉産廃処分場差止本裁判支援  別紙裁判報告書参照

 全面支援している本裁判は、ここ1年ほどで公判が第2回から第10回まで開かれました。本会から毎回多数が傍聴しその席がいつも満席という状態が続いています。また裁判後開催される弁護団との交流集会には傍聴者のほぼ全員が参加しています。間もなく具体的な陳述などが始まります。仮処分裁判での勝利をバネに、本裁判での勝利を目指して地域のみなさんと共同して水源地への産廃処分場建設を許さない闘いを進めます。


 ビオトープ(旧・竹田商事)の産廃場拡張申請県に対して
   「小櫃川の水を守る会」が反対要請書を提出・交渉


 通信43・44号でも報告のように、水道水源となっている小櫃川支流・御腹川流域のビオトープ産廃場が、今春、県に拡張申請しました。
 渡辺みつ代表、御簾納が君津市水源保護条例による業者の市民への説明会に出席し、申請に反対する意見を述べました。その内容については業者が市長に報告するようになっています。有毒ガスである硫化水素が県の規制値を越えている中での拡張申請は県に対しても要請書を提出し強く反対を訴えています。


 ゴミ弁連総会・シンポジウム 「生命の水源を守ろう!」をテーマに
  全国規模の集会を木更津市で開催協賛


 全国で環境問題、取り分け産廃・残土にかかわっている弁護士の連絡会(闘 う住民とともにゴミ問題の解決をめざす弁護士連絡会)が木更津市内の富士屋ホテルを会場に総会・シンポジウムを開催しました。
 昨年12月、木更津開催の打珍がありましたが、幹事会議において、雑用を引き受けることとしました。千葉での4回を含めて計5回の準備会後にシンポ当日を迎えました。統一地方選挙当日と重なる日程に多少の心配もありましたが、会場は200名の参加者で埋まりました。
 参議院中村敦夫氏講演に続いて青山貞一:環境総合研究所長の「脱埋立、脱焼却のカナダにおける具体的取組」の講演を受けました。一地方都市の取組ではありますが、行政がきちんと取り組めば焼却も埋め立てもしなくて済むという実践報告でした。参加者の多くは日本でも少しの勇気さえあればできると感じたことでしょう。日本では何から始めれば良いかということについては、パネルディスカッションのテーマ「住民を守る武器としての条例」に現れています。どのような規模(?)の条例かは、翌日の総会で話題になっていた県段階で制定されることになれば画期的なモデルとなり、それが実現すれば、具体的な内容を討論した会合が2003年、千葉県の木更津市で開催されたことは地域住民にとって大きな誇りとなるでしょう。


 「残土・産廃処分場・消えた山」現地研修案内
  2003.6.14 東京大学 法学部 環境ゼミ生
      9.13 東京経済大学 環境ゼミ生

 岩波新書「山が消えた。残土・産廃戦争」で房総半島の様子を知った学生グループが、昨年、特別講演をして頂いた佐久間充教授を通じて是非、現地研修をしたいと事務局に連絡がありました。
 次代を担う大学生の要請ですから都合のつく幹事・会員の皆さんに相談し、車を提供して頂き、案内することになりました。
 当日、現実を目の当たりにした学生たちは、豊かな日本を支えている裏側の一面がこれなのだ、と認識したようでした。案内する側もその反応によって見慣れた景色が異常なものとして再認識するのです。研修レポートも一部届いております。将来、司法・行政に携わることになった場合、このことが何らかの参考になってくれればと願うばかりです。そのほか、マスコミ、自治会関連なども案内しました。


 水質調査、各地、各団体で小櫃川、小糸川、湊川(恩田川)、矢那川
 水を守る会、公民館環境研究グループ、中学校など

水を守る会、盤洲干潟を守る連絡会で資金を出し合って購入した電気伝導度計が有効に使われています。水質監視に大きな武器となります。また公民館を通じた大人対象の水環境研究や中学校の出前講座などにも大いに役立っています。得られたデータは大切に保存し、また公開もします。そしてこれから定期的な調査を続けます。調査機器とデータのご利用希望がありましたら事務局にご連絡下さい。


(2) 盤洲干潟を守る取り組み

 一昨年発足した「小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会」は、地元では本会と「金田の海を守る会」、「小櫃川源流域の自然を守り育む連絡会」などが名を連ね、県内広く14団体で構成されています。この連絡会の幹事は本会の幹事とも多く重なっており、深く連帯して活動しています。この項は連絡会としての活動を報告します。


 干潟観察会・調査・盤洲干潟学校
 11/ 19,1/ 3,4/ 19, 7/ 12,8 / 9,9 / 23, 10 / 26,10 / 29


<会則・4>の中に、目的を達するための活動として「(3)調査、観察会など各種の自然とふれあい、知る活動。」があります。今年度は、予定した一般参加者を含めた観察会・調査など、千葉県野鳥の会との共催を含め、6回実施しました。8 / 9実施分については、雨のため中止としたものの、雨があがつたため、有志で実施したものです。
 本年も『盤洲干潟学校』と名付けて桐谷新三副代表を講師に干潟の観察学習会を実施しました。房総ファミリア新聞への広告掲載(無料)などにより会員以外の参加も増加しており、当然ながら参加者には大変好評です。
10/26ウラギク調査では残念ながら昨年復活のきざしを見せていた三角州の元群落は7本しか確認されませんでした。しかしハママツナは各研究機関が種をまくなどした結果、持ち直している部分もあります。シオクグについては全体として減少が目立っており温泉に近い群落は完全になくなってしまった部分もあり、かろうじてまばらに残っている部分が多くなっています。

  盤洲干潟の近祝

 千葉県は環境再生を大きく打ち出しています。失われた自然を再生すること自体は聞こえは良いのですがその方法が大きな問題です。またその一方で、今ある大切な自然を守ろうという姿勢は感じられません。
 その意味でも東京湾で唯一、原風景を留める小櫃川河口・盤洲干潟を後世に負荷のない状態で残すべきです。漁業を営む人々も魚介の生まれる干潟は大切に守るべきということは一致しています。
 現在、幸いと言うべきか河口近くにある温泉・ホテルは観光客が少なく宿泊客はほとんどいないとのことで、その排水が少ないせいもあるのか今年心配された海苔の成育も例年並とのことです。三角州近くに計画されている『童謡の里』計画もいまだ建築確認申請は出されていません。


(3) まとめ

 40数万人の直接の飲料水源となっている小櫃川、養老川(高滝ダム)、地下水源としての小糸川流域、湊川流域のいずれもが地域住民にとっては大切な水環境です。この水環境の将来を考えると、悪くなる材料はあっても良くなる材料はなかなか見当たりません。その中でひとつの救いは、1997年(H9年)河川法の一部改正です。目的に「河川環境の整備と保全」が加えられ、具体的な整備の計画に、河川管理者が地方公共団体の長と地域住民等の意見を反映させて定める、としています。迫原ダム建設が中止となったことも、このことは大きく影響しています。
 2000年10月、「小櫃川源流域の自然を守り育む連絡会」が県河川海岸課と「追原ダム建設中止」要請を中心とした話し合いの中で、細目に「山砂採取のために削られた裸同然の山へ、早期に植林を実施することについて、業者を指導するか関連部署と連絡調整すること」と要請しています。山砂採取業者は、事業が終わった段階で植林は実施していると思われますが栄養のある表土を剥した後への植林のため、砂漠に木を植えるような状況で、数十年たっても森林への復元は不可能な状況です。採取跡はいつまでたってもさら地の状態がそのことを示しています。
 これから各地で定期的な水質調査を実施して、汚濁負荷のポイントをつかみ負荷軽減を目指した活動を進めます。

next page
top page
menu page