top page
menu page

知事に要請書提出 2005.01.13

 「小櫃川の水を守る会」では各地で定期的に水質調査を実施しております。2005年1月9日(日)小櫃川支流御腹川上流にある(株)ビオトープ(旧竹田商事)の排水が極度に悪質でしたので、早速1月13日、千葉県産業廃棄物課へ出向きこの要請書を提出しながら詳細を説明しました。責任者が不在でしたので後日回答することになっております。


2005年1月13日

 千葉県知事 堂本暁子 様

                    小櫃川の水を守る会
                        代表 渡辺 みつ
事務局 君津市向郷681
御簾納 照雄方
TEL 0439-27-2245

要請書

 知事におかれましては、日頃より県民の文化・福祉向上のためご配慮下さり深く感謝申し上げます。
私たち「小櫃川の水を守る会」は名称のとおり主に小櫃川流域で生活する、またその河川水を飲料水・農業用水とする5市(君津・木更津・富津・袖ケ浦・市原)の住民で構成され、1988年に設立されました.設立から現在に至るまで広範な水環境問題に関わっております。

 さて、本年1月9日、当会で君津市内の産業廃棄物最終処分場周辺の水質調査を実施したところ、右の表のとおり(株)ビオトープの排水は大変悪質であることが判明しました。安定型処分場とはいえ自ら管理型に準ずる水処理施設を設け、CODは20ppm以下と基準を設けていながらそれを2倍半も上回る数値となっています。排水口下流30メートル付近では水生昆虫はもとより魚類も発見することができませんでした。処分場設置以前はトビケラ類をはじめとした水生昆虫や、ホトケドジョウも棲息していました。このようなことから水田耕作をやめる農家もでており.影響は甚大です。さらに下流で飲料水として河川水を利用する5市の住民にとっても深刻な問題です。
 そこで具体的に下記の要請を致しますので2週間以内に文書でご回答下さるようお願い致します。


1.早急に、(株)ビオトープの廃棄物搬入を停止させ、汚濁排水の詳細原因を究明すること。
2.その汚濁排水の原因を私たち市民に知らせること。
                                           以上

水質測定結果

 御腹川(流域)
NO 採水場所
時刻
気温
水温
PH 伝導度
μs/cm
COD
ppm
NH4
ppm
NO2
ppm
   備   考     
君津市
川谷長者13:30
11.0 5.6 7.14 187 2 0.2
以下
0.02
以下
透視度は高い
君津市
川谷日出沢
ビオトープ下
15:00
7.0 11.8 8.12 2460 50 0.5 0.5 コーヒー色で刺激臭あり
排水口下流30mでは水生昆虫類は皆無。営業前は清流であった。
君津市
川谷日出沢
15:00
7.0 6.1 8.35 215 1 0.2
以下
0.02
以下
ビ才ドープ下、30m、最初に合流するきれいな沢水。.透視度は高い

*調査者(佐野 山田 御簾納 他5名)
*調査器具・用具
 気温  :アルコール湿度計    
 水温  :東亜ディーケーケー(株)電気伝導度計 
 PH   :東亜ディーケーケー(株)電気伝導度計
 伝導度 :東亜ディーケーケ-(株)電気伝導度計
 COD  :共立理化学研究所(株)パックテスト
 NH4-N :共立理化学研究所(株)パックテスト
 NO2-N :共立理化学研究所(株)パックテスト


 上記の要請に対する回答


産廃1675号
平成17年1月24日

 小櫃川の水を守る会代表渡辺みつ様

千葉県知事
堂本暁子

          要請書に対する回答について
平成17年1月13日に提出されました要請書について,下記のとおり回答します。
                   記
原因究明については,廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づき立入検査等を行い,同法に違反する事実が確認されれば,必要な指導を行います


top page
menu page