next page
top page
menu page

5.コアジサシの大群を見に
2001.8.1

飛ぶ鳥のアニメ

植田和雄 氏

  8月1日、小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会主催の同河口・干潟の観察会に参加した。久しぶりのなじみの河口・干潟だ。なんとも気分爽快、体内に一気に生気の湧き上がるのを覚えた。
  例によって畔戸高原地先の亀山ダム警報機のあるたりから後浜地帯に入る。緑濃い葦原がうっそうと広がる塩性湿地の中を、左手に河口三角州地帯を眺めながら細い道を行く。「やあ、すごいカ ニだ」という大声が上がる。アシハラガニの群れが人の気配にあわてふためいている。「あれがシ才クグ(カヤツリグサ科)の群落だ」という声。少し赤茶けて見える。 道の途中どころどころに水たまりがある、せせらぎのような流れがある。種名のわからぬカニどもが大急ぎでアシの中に逃げ込む。この辺りで私は一匹のカニを取り押さえてみた。甲羅が角はった逆梯形のがっしりした体格・中型、 カクベソケイとのこと。なるほどびったりの名前。点々とまつ黄色の一見キク科と見える花が目を引いた。コウゾリナ(キク科)かなと安易に見当をつけてみたが、葉の色、形、質感に何か気になった。後でハチジョウナ(キク科)であることを知る。
  日当たりの良い葦原のへりにはハママツナ(アカザ科)の群落、花期はこれからだ。ウグイスが囀った。草原の鳥セッカが例の特徴のある声で頻繁に鳴いた。桐谷氏の説明で、アシ(イネ科)一色とばかり思いこんで いたのだが、何とアイアシ(イネ科)の群落も同居していることを知ってぴっくり、自分のずさんな知見にちょっびり付加価値がついたようで嬉しかった。 双方の見分けは、アイアシは葉の中央の脈が明らかに白いということだ。ノリ をすく簀の子にはこの細い茎が最適でアシではだめだそうだ。3〜400メー トルくらいの道のりだったろうか、葦原が切れ突如前方に広大な干潟が、その突端が定かに見えぬほどのスケールで現れた。後浜が、前浜である干潟に移行する渚線は緩い段差になっている。こういう環境を好んで生活しているカニは アシハラガニとアカテガニのようだ。大群でうろついているアシハラガニの中に、いたずら心で不意に足を潜み入れてみた。直ちに支離滅裂のパニックが起 こり激しい甲羅のぶつかり音が起きた。前浜、後浜と変化に富んだ環境に応じ何種ものカニたちは場所的、時間的すみわけをしているようだ。

砂浜と貝の写真


   今日のお目当てはコアジサシの大群の乱舞である。遥かかなたの海面上を時々、気まぐれに群れが飛翔するのだが、どんよりとした空模様のため鮮明な光景にならない。盛夏の青空を背景に爽快に白い花びらのように飛ぶ様を期待していたのだが。望遠鏡で見ると何とおびただしい数のコアジサシが、渚線に添った干潟に降りて群れているではないか。野鳥観察のエキスパートの田久保氏の言うには1万羽は優に超すのではと。このコアジサシの群れの中に点々とアマサギ等のサギ類、キアシシギ等のシギ類、メタイチドリ等のチドリ類が目についた.この日の観察の確認種は全部で41種だった。
   目の細かいふるいで干潟の砂をすくって見ている人がいた。きれいな砂粒がたくさん入っている.私がそう言ったら、これは全部稚貝だと言われて驚いた。一見したところ1ミリくらいの砂の粒子にしか見えない。他にハゼの稚魚、私の初見である甲穀類のシャコとエビの中間のような、何とも愉快な形の ニホンスナモクリ。私にとっては実にわくわく興奮の1日だった.帰途、葦原の中の道を同道していた経験豊で旺盛な意欲的なナチュラリストのSさんからこんな言葉を交わされた。「ここにひょっとして×××××トン ボがひそんでいるかもしれないとは思いませんか」と。これはすごい問題関心ではと意表をつかれたように思った。安定的で広大な後浜の葦原、そして汽水域、基本的条件がある。いれば干潟保全の強力重大なメンバーだ。我々の盲点 かも。

next page
top page
  menu page