next page
top page
menu page

11.盤洲干潟観察会(青空学習会開催) 2002/1/3

2002年1月3日盤洲干潟観察会が開催された。観察会のひととき芦原のなかで特別企画青空教室が開かれ好評でした。



逆光で砂の文様が光る写真 よしの茂みで桐谷氏の話を聞く見学者
   写真:小櫃川河口盤洲干潟     写真:盤洲干潟芦原にて

浅草海苔養殖の今昔

盤州干潟の防人 桐谷新三


 1.海苔の夢枕
  江戸浅草に浅草寺が開基して400年後の天慶年間(938〜946)安房守不公 稚卿の夢枕に浅草寺の観音様が現れ、隅田川の沖合に、黒・赤・青の3色の海苔が生育し、これを採りて食すれば、病を直し、武運長久にして家栄え、来世は3毒煩悩の悪縁を転じ、仏縁道に至るべし。

 2.海苔養殖の発祥
  元禄16年(1703)江戸に大雨出水があり、品川や大森浦に枯れ木が流れ付き 「益木が瀬」に楢の木が突き刺さり、冬になるとその枝に海苔が生育した。以来、海苔ヒビを海へ立て込み、冬に海苔を採り食する者が増えていった。

 3.小糸川河口での養殖
    寛永年間(1630)の俳句
      色をかえ品川海苔や春の海
      鼻をかむ紙は上田か浅草か
  文政4年(1812)に近江屋甚兵衛が、小糸川河口干潟で海苔養殖を試作した。明治31年に瓜倉と久津間の農民が、小櫃川河口干潟で海苔養殖を試作した。

 4.東京湾の海苔の種類
 黒海苔(最高品をピロードと呼ぶ)・赤目海苔・青海苔・ベッコウ海苔。

 5.海苔養殖作業の順位

7月 -場掃除
8月 -場割り・場くじ引き・入札・棒立て(ヒビ立て)
9月 -海苔棒へ付着したフジツボの掃除・網張り(彼岸張り)
10月 -種網を沖合に移動作業・種網の冷凍庫入れ・絹張り (1O月張り)
11月 -海苔網の上下移動作業による成長の促進
12月 -新海苔の採取
1月 -冷凍網と旧海苔網との入替え作業
2月 -冷凍網の成長した海苔の採取
 3月 -海苔生産季節の終了と海苔棒の掃除・海苔網の撤去作業
4月 -海苔棒抜き作業にて海苔生産を終了

 6.海苔網資材の変遷
昭和 5年頃までは竹ヒビ、その後に楢の木ヒビが導入される。
昭和10年頃より楢の木ヒビ・棕櫚網・竹繊維網と資材の技術革新が進む。
昭和21年頃より資材不足の中で、藁繊維網(藁ミゴ網)が開発される。
昭和23年頃より椰子縄(パーム網)が輸入され、椰子網と棕櫚網が主流となる
昭和30年頃より石油化学製品のナイロン綱が開発され、現在に至る。
 7.生産工程
昭和35年頃まで手漉き・昭和45年頃まで回転機械漉き・現在は全自動機械。

next page
top page
menu page