next page東京湾シンポ
top page
menu page

19 ハママツナの新芽を確認
新春盤洲干潟観察会  2004.1.3

              小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
                        北沢真理子

 1月3日、恒例の盤洲干潟観察会が千葉県野鳥の会との共催で開かれ、40人ほどで小櫃川を河口まで歩きました。当日はおだやかな快晴で、丹沢山系の山々は雪をまとって霞み、わずかにある雲はもう春の色をしていました。
 河口では、干潟の防人・桐谷新三さんを中心にまずハママツナの調査。この地で生まれ育ち、毎日でも来ていたいという愛する干潟を歩く桐谷さんの軽やかな足取りが参加者を元気づけます。今年の新芽が1ミリほどのあざやかな黄緑の若葉を出しているのが確認されました。これからどんどん芽を出して、スパ龍宮城からの廃液に負けないで育ってほしいと願いながら、踏まれないようにと青竹を立てました。
 年末に放映されたテレビ朝日の「いきなり黄金伝説」という番組で、この場所で採ったアシハラガニを大量に茹でてカニチャーハンにして食べてしまったということが参加者から報告され、地元金田小の子どもたちが「干潟の生き物を大切にしよう」と観察会や調査、浜辺の清掃などをしているのに、番組で面白半分に生き物の命を扱っていることについて、異議の申し入れをしようということになりました。
 海岸に到着し、まずは1年を健康で干潟を守る活動にがんばろうと乾杯。十勝産小豆を使った自慢のお汁粉、トン汁、それぞれの家の自慢のおせちを持ち寄って、楽しくお昼を食べました。
 鵜を追い払いながら、ハヤブサの若い雄が交互に現れ、一番大きな杭に留まりあたりを睥睨、長い間その精悍な姿を見せてくれました。この日確認された猛禽類は、オオタカ、ハヤブサ、チュウヒ、ハイイロチュウヒの4種類で、川の方で確認された400羽、500羽のヨシガモ、ヒドリガモの大群をはじめとして、49種類の鳥たちに会うことができました。
 砂浜ではニホンスナモグリがみつかり、また、割れたムラサキイガイの中からオオシロピノンのおおきな個体がみつかり、子どもたちが興味深そうに観察していました。
 ハママツナやシオクグの生育状況調査や、クリークの水質検査などを引き続き行い、また、県への盤洲干潟保護の申し入れや、東京湾のほとんどですでに消失してしまった大規模な前浜、後浜を残したこの干潟の重要性を広く市民に伝える活動などを確認して、新春干潟観察会は大成功で終了しました。
 今年も「ものわかりのよい」自然保護団体ではなく、「本当に自然を愛し、自然を守る」自然保護団体として活動していきます。

next page東京湾シンポ
top page
menu page