top page>
menu page>
シンポ報告-1

20-0 東京湾シンポ  2004-09-26

  9月26日(日)午後1時〜5時、木更津市中央公民館にて「小櫃川河口・盤洲干潟を守る会総会」並びに「東京湾の保全を考えるシンポジュウム」が開催されました。尚、当日午前中は金田の盤洲干潟でミニ観察会も行われました。主催は小櫃川河口盤洲干潟を守る会連絡会(代表:小関公平)小櫃川の水を守る会(事務局長:御簾納照雄)、協賛団体として千葉県自然保護連合、千葉の干潟を守る会、三番瀬を守る会、千葉県野鳥の会、小櫃川源流域の自然を守り育む連絡会、天羽の水を守る会、市原丘陵開発と環境を考える連絡会が参加しました。
 
 報告者
 1.東京湾内漁業の今昔と将来
   大野一敏氏 (大平丸社長、元船橋漁協組合長)
 2.三番瀬問題の近況(写真)
   牛野くみ子氏 (千葉県自然保護連合代表)
 3.小櫃川河口干潟とアクアラインの影響(スライド写真)
   桐谷新三氏 (盤洲干潟の防人、金田の海を守る会代表)

小櫃川源流域の自然を守り育む連絡会総会

 前半総会では事務局長御簾納氏よりこの間の経過が報告されました。概要はつぎのとおりです。

  盤洲干潟をめぐる状況と活動経過報告
 本会の設立経緯
 木更津市に残る小櫃川河口・盤洲干潟が危機的な状況にあります。
 現在、東京湾に存在する干潟は、三番瀬、谷津、盤洲、富津などが挙げられますが、その中でも盤洲干潟は1400ヘクタールの広大な面積を持つ日本最大級の砂質干潟です。干潮時には、目の前に広がる広大な砂浜(前浜)と自然海岸の後背地には約43ヘクタールに及ぶ塩性湿地帯(後浜)があり、ここにはヨシが生い茂り、大昔から引き継がれた自然干潟を形成し、原風景を留めています。
 1998年、千葉県環境部の調査報告書によりますと、盤洲干潟・小櫃川河口域で確認された生物は、植物約350種、野鳥128種、魚類60種、底生動物約40種、特に今や地球上でこのアシ原のある局地的な場所にしか棲息しない昆虫も発見され、学術的にも貴重な財産といえます。
 しかし、東京湾アクアライン開通後、この地域に開発の目が向けられ、千葉県企業庁が埋め立て、地元金田漁協振興のために払い下げられた土地は、ホテル業者が1999年4月買収し、5階建温泉施設及び11階建てホテル(高さ45メートル)の建設計画が発表されました。
 私たちは干潟環境保全を求め、3回の話し合いをもちましたが、計画は進行し、県の建設認可後、話し合いは一方的に拒否され、2001年7月、温泉施設は営業を開始しました。さらに同じ敷地に2002年7月、自然保護団体との話し合いを途中で打ち切り、11階建てホテルも開業しました。その直後から底生植物、ハママツナ、シオクグなどが大きな被害を受けております。
 2000年末、小櫃川河口直近に、子供を対象とした広大な敷地(約8ヘクタール)を持つ遊戯施設の計画も明らかになりました。本来であれば、河口干潟に隣接するこの計画地は、干潟を守るための緩衝地帯であるべき地域です。
 以上3件の開発に、当初、干潟祭り実行委員会(後に盤洲干潟をまもる会)日本野鳥の会千葉県支部、木更津市民ネットワーク、小櫃川の水を守る会などが中心となって対応していましたが、3件目の子供を対象とした遊戯施設への対応が途中から小櫃川の水を守る会と他の3団休が異なるようになりました。 3団体は、反対してもつくられてしまう(法的に阻止することができない)と考え、条件を出したのです。これでは自然は守れないと、『迫原ダム』建設中止が正式発表されてから半年後その運動にかかわった「小櫃川源流域の自然を守り育む連絡会」が、次は河口域を開発から守る組織をつくろうと、2001年6月、本会「小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会」が誕生しました。

 昨年度の活動のまとめ
       
 昨年度の総会報告では、盤洲干潟の底生植物被害をくい止めるため、県・市行政への要請活動に力点を置いたものでした。今年度は干潟の実態調査と観察会がメインになりました。「盤洲干潟学校」と称して5回実施しました。参加者は毎回20〜30名程度ですが、地域新聞掲載の参加募集を見ての新たな参加もあります。
 シオクグ、ハママツナなど底生植物は通信で報告済ですが悲惨な状況にあります。ハママツナは3年前まであった群落と呼べるものは既になく、3カ所に散見されるといったところです。またシオクグは、根腐れが多くほとんどすべて先端が茶色に枯れています。このような状況を干潟学校参加者にも説明しました。
 先日、環境省が発表したラムサール条約登録地の候補として三番瀬の名称はありましたが盤洲は残念ながらありませんでした。自然度の高さでは圧倒的に盤洲が勝っているわけですが、それは環境省からみた知名度なのでしょうか。三番瀬保護にかかわっているある方が「盤洲はどうして候補にないの?」とある学者に問うたところ、「データがない」と答えたそうです。詳細なデータは県がもっているはずです。盤洲は東京湾にあって日本に誇れる自然度を有しながら、まだまだメジャーではないということです。ここ1年、環境省への要請を怠っていたことが悔やまれます。三番瀬もまだ候補にあがっただけで05年に登録地となるかは微妙なところであるとのことから、盤洲を候補へ追加するよう要請しながら三番瀬と共に登録を目指します。それにしてもラムサール条約登録についてはその前段に、形の上で地域住民の保全意識の高まりのみならず行政がなんらかの(たとえば千葉県が自然環境保全地域指定など)保護地域指定にしていることが必要案件と考えてきましたが、そうでもないということが見えてきました。それはやはり市民の声の高まりが最優先するということでしょう。
 次年度は今年度の反省を元に市民への広報は当然のことながら、環境省、千葉県、木更津市など行政への要請に重点をおいた活動が必要です。

  東京湾の保全を考えるシンポジューム

 報告者
 1.東京湾内漁業の今昔と将来
   大野一敏氏 (大平丸社長、元船橋漁協組合長)
 2.三番瀬問題の近況(写真)
   牛野くみ子氏 (千葉県自然保護連合代表)
 3.小櫃川河口干潟とアクアラインの影響(スライド写真)
   桐谷新三氏 (盤洲干潟の防人・金田の海を守る会代表)

top page>
menu page>
シンポ報告-1