top page
menu page 
next page

24 新春盤洲干潟学校(観察会)

日 時 2006年日(火)午前時30分〜14:00
場 所 盤洲干潟 木更津市金田金木橋袖ヶ浦側集合 
講 師 盤洲干潟防人   桐谷 新三氏
内 容 現地を歩きながら動植物の歴史について楽しく学習します。
主 催 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会(代表小関公平)
千葉県野鳥の会
連絡先  電話 0438−23−1359 小関公平
     0439−27−2245 御簾納照雄
 今までの経過の詳細 → ここをクリックして下さい
盤洲干潟学校
 東北北陸は12月からの降雪だったので盤洲干潟も寒い冬の日だった。
天気は西風が北風に変わり雷雲が頭上に広がる気象状況を地元では「シュウテイ」というそうだが雨には至らなかったのはせめてもの幸いだった。芦原の中に円座をくんでみんなで座り、暖かいお汁粉や昆布巻きをいただいて桐谷さんの話を聞いた。
「今年はのりの生産が最悪」「原因は雨が降らず水に栄養分が不足」「それと水が悪い」昨年夏ホテル三日月の前で「アサリの稚貝を撒いてみたら全滅した」という。三日月の排水が原因ではないかということはいわれていたが今まで証明のしようがなかった、地元漁民のなかでやはり反対していかなければならないという声がでているとのことである。
 昨年「木更津の上総博物館で盤洲干潟展(写真展)を開いたが、2007年には千葉市にある中央博物館で三番瀬・盤洲・外房九十九里海岸の保全について共催で展示会を行うことで話が進んでいる紹介などあった。

           2006−1−3
 
ホテル三日月と干潟
ホテル三日月 写真:05−01−03干潟学校で撮影
干潟のウミウシ
ウミウシ 写真:05−01−03干潟学校で撮影
芦原の中の学習
芦原の中で学習 写真:05−01−03干潟学校で撮影

top page
menu page
next page