top page

盤洲干潟 夏の自然観察会 
2010.8.22

 
盤洲干潟は、東京湾・小櫃川河口周辺に残された日本で唯一の自然干潟です。
干潮の時は約2km沖まで陸が現れ、広大な面積を持つ日本最大級の砂質干潟です。
 河口に広がる役4.3ヘクタールのヨシ原等は自然がいっぱいです。
たくさんのカニたちが出迎えてくれます。運がよければ環境省絶滅危惧種T類(世界で小櫃川河口だけに生息といわれる)・キイロホソゴミムシにも出合えます。
 当会は、この貴重な干潟を千葉県に自然環境保全地域指定を、また、環境省にはラムサール条約登録を要請しています。お誘い合わせご参加下さい。
 今後の予定: 秋の観察会 10月23日(土) (変更になる場合もあります)
 日本湿地ネットワークでは、名古屋市において生物多様性条約第10回締約国会議が開催されるにあたり、加盟する日本湿ネットワークでは、その会場に各地の干潟写真の展示をすることになりました。盤洲も参加予定です。
日 時 2010年8月22日(日)午前10時集合 観察:10:30〜12:30
集 合 木更津市金田 金木橋袖ヶ浦側 
講 師  桐谷 新三氏 (盤洲干潟防人)
 御簾納照雄氏 (財)日本自然保護協会 自然観察指導員
内 容 カニなど底生動物、海浜植物、野鳥など観察します。
持ち物: 長靴 帽子 タオル 水筒 あればルーペ、双眼鏡など
定員 30名(先着順とします。)
資料代 200円
雨天・荒天の場合は中止いたします。
*どなたでも参加できますが、小学生以下は保護者の同伴が必要です。
主 催 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
申し込み連絡先 昼:  小関公平 電話 0438−23−1357
夜:  御簾納照雄 電話 0439−27−2245 (10時まで)
 今までの経過の詳細 → ここをクリックして下さい
2010.05.30 春の観察会にて
2010.05.30 春の観察会にて
講師 桐谷新三氏と参加者 干潟学校で撮影

top page
menu page