top page

木更津で開催 日本湿地ネットワーク総会・シンポ

 日本の湿地を守ろう! ラムサール条約COP11へ向けて

 日本湿地ネットワーク(JAWAN)は、2011年度総会・シンポについて、東日本大震災の影響で時期を検討していましたが、予定通り木更津市にて開催することとしました。
小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会では、昨年、名古屋で開催された総会・シンポの場で「次年度は木更津で開催」を内諾してはおりましたが、震災の影響があまりにも大きく、開催決定が遅れてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。
 さて、会員の皆様には、特に午後の講演会へのご参加をご案内いたします。
安田教授からは、盤洲干潟について、主に経済的な側面をご講演いただきます。教授の調査・研究については「盤洲干潟は1840億円の価値がある」と新聞でも大きく取り上げられたこともあります。
また、小林教授からは広くラムサール条約COP11へ向けてやさしくご講演いただきます。
全国規模のシンポジウムに、地元で参加できるまたとないチャンスです。皆様のご参加をお待ちしております。
                      
日  時 総会  2011年22日(日)  総会10:00〜11:00
                      講演13:00〜16:30
場  所 木更津市中央公民館 会議室 
講  演 「盤洲干潟の経済的側面」 安田八十五 教授 (関東学院大学)
「ラムサール条約COP11へ向けて」 小林聡史 教授 (釧路公立大学)
各地からの報告と意見交換
資料代 500円
* 講演会終了後、講師及び各地のみなさまと懇親会を予定しております。バス移動のため定員20名。美味しい手打ちそば&アルコール付き 会費4,000円です。申し込み・詳細は下記までどうぞ。
主 催 日本湿地ネットワーク
共 催 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
申し込み 昼:小関 公平  (代表) 0438−23−1359 
夜:御簾納照雄 (事務局)0439−27−2245(10時まで)
 今までの干潟連絡会の経過 → ここをクリックして下さい
小櫃川干潟河口の写真

top page