top page
menu page

盤洲干潟 春の自然観察会   2013-05-26

                く日本湿地ネットワーク「2013干潟・湿地を守る日」参加行事>
 当会が実施する今回の自然観察会は、東日本大震災以降、初めての実施となります。お誘い合わせご参加ください。なお、8月・10月にも観察会を予定しています。
 
 盤洲干潟は、東京湾・小櫃川河口周辺に残された日本で唯一の自然干潟です。干潮の時は約2Ko沖まで陸が現れ、広大な面積をもつ日本最大級の砂質干潟です。
 河口に広がる約43ヘクタールのアシ原などは自然がいっぱいです。たくさんのカニたちが出迎えてくれます。また、環境省絶滅危惧T類 (世界で小櫃川河口だけに生息と言われる)キイロホソゴミムシなども生息しています。
 当会は、この貴重な干潟を千葉県に自然環境保全地域指定を、また、環境省にはラムサール条約登録を要請しています。

日時::  5月26日(日)10時30分〜12時30分
集合:  木更津市金田金木橋袖ケ浦側 10時
案内:  御簾納照雄 
公益財団法人日本自然保護協会自然観察指導員
観察:  干潟の動植物(カニなど底生動物、海浜植物、野鳥など)
持ち物: 長靴帽子タオル あれば双眼鏡 水筒 など
定員:   各回20名(先着順とします)
資料代: 300円  *雨天・荒天の場合中止致します。
*どなたでも参加できますが、小学生以下は保護者の同伴が必要です。
   主催:小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会

    申し込み 昼:小関公平 (代表) 0438-23-1357
           夜:御簾納照雄 (事務局) 090-1804-1399 (9時まで)

                                                  top pag
                                                  menu page