top page
menu page

東京高裁判決・行政訴訟で住民側が勝訴 2009-05-20

 2009−5−20 千葉県の控訴棄却

東京高裁の「県控訴棄却」判決にあたって


 5月20日、東京高等裁判所は07年8月の千葉地裁「産廃処分場許可取り消し」判決を支持し、県の控訴を棄却する判決を下しました。一審に引き続き二審おいても住民側の勝訴となりました。
 (株)}エコテックが産廃処分場設置許可申請をおこなったH10年6月8日から県が設置許可を出したH13年3月1日までに廃棄物処理法は2回改正され、「周辺地域への生活環境調査」「設置申請者の経理的基礎」などが許可用船として加わりました。しかし県は経過措置としてH3年法を審査にあたっての適用基準としていました。
 東京高裁の判決は、「許可又は不許可について適用される法律はH3年法ではなくH12年法である」とした上でH12年法が求めた「生活環境調査」、「申請内容の告示縦覧」、「市長村長、周辺住民からの意見聴取」など手続きを行うことなく出した許可処分は「法の趣旨に反する重大な瑕疵があるというべきであって、違法なものとして、本件処分場は、取り消しを免れない」と結論づけました。.
H13年5月29日、原告6名で許可取り消しを求めて千葉地裁に提訴して以来8年の歳月が流れましたが、地裁、高裁2審にわたって法が住民側を支持したことに私たちは大きな自信と誇りを持つものです。また、弁護団はじめ、物心両面からご支援くださった皆様に心から感謝申し上げます。
きて、民事訴訟でも千葉地裁で「地下水の豊富な地域への産廃処分場は不適切。(株)エコテックには安全に産廃処分場を運営する経済的基礎に欠けている」として建設・操業をしてはならないという差し止め判決が出されています。この控訴審判決もまもなく出されますが、行政訴訟に引き続き、勝利判決が出されることを深く確信するものです。
予定地周辺は安全を売り物とする野菜や米を生産する畑や水田がひろがる優良農作地帯であり、周辺の集落では地下水を飲料水、生活用水、農業用水として利用しています。この地域を産廃処分場から守りたいということがエコテック産廃処分場に11年館にわたって反対してきた理由です。
千葉県には二審判決を素直に受け入れてもらいたいと思います。.
森田千葉県知事にお願いです。どうか私たちの住民の安全な暮らしと環境を守り「元気な千葉県」を作ってください。
東京高裁判決を尊重し、上告を断念してください。
                         2009年5月20日
                         産廃反対東総住民連絡会

top page
menu page