top page
menu page

最高裁、県の上告を棄却 最終的に住民側が勝訴

エコテック社産廃処分場設置許可取り消し確定!
12年の粘り強い運動が、産廃処分場設置をストップさせました(声明)

                        

                     2010年9月12日   産廃反対東総住民連絡会 

 

  2010年9月9日、最高裁は、住民側が東京高裁判決(千葉地裁の工事・操業差し止め判決を破棄したもの)を不服とした上告を棄却する一方、同高裁の「設置許可取り消し」判決を不服とする千葉県の上告も同時に棄却しました。 住民側の上告棄却は大変遺憾なことですが、県の上告を棄却したことで、工事・操業の前提となる許可処分の取り消しが確定したことは、実質的に住民側が勝利したことになります。千葉県は10日、業者に対し「許可を取り消す。工事をしてはならない」と正式に通告しました。
 1998年以来、旧海上町の住民投票、銚子市・東庄町の世帯7割の反対署名、一度は不許可処分にしながらも、旧厚生省の横やりで許可に転じた千葉県。工事着工後、住民438名でおこした差し止め仮処分申請、民事訴訟・行政訴訟の地裁、高裁、最高裁の6度にわたる裁判などで12年の歳月が経ちました。この間、原告の何名かの方々が勝利の報せを聞くことなくお亡くなりになっています。
 私たちの運動の原点は、ダイオキシン類が含まれる燃えがら、ばいじん、工場廃水処理後に出る有害物を含んだ汚泥など約74万トンの産業廃棄物から健康・暮らし、水と命、子どもの未来を守れ、というものでした。言葉を変えれば憲法13条・25条で保障されている人格権・環境権を守るということでした。
 
しかし、12年間に目にしたものは、地下水に頼る集落の直近に、そして安全を売り物にする農業の農地の真ん中に巨大な産廃処分場を作っても金儲けをしようとする資本の論理と、住民の生活より、産廃行政の論理を優先させる県の姿勢でした。何故、地域住民がここまで反対しているのに県は強引にも許可しようとするのか、運動当初住民が感覚的に感じた疑問でした。この疑問を持つたことは正しかったのだと今証明されたのです。
 この運動は最後まで手を抜きませんでした。最高裁宛の陳情署名には、旭市・東庄町が自治体として協力していただき区長・組長さんにご足労をかけました。銚子市でも多くの自治会長さん、区長さんのご協力をいただきました。民事・行政訴訟合わせた署名の集約状況は次の通りです。
 
○ 旭市 農協等団体7,930筆  海上地区 7,894筆  飯岡地区 7,774筆  干潟地区 4,748筆  旧旭地区 17,414筆 ○東庄町 12,012筆 ○銚子市・弁護団・東総住民連絡会連・他全国支援者   24,024筆      合計 81,796筆
    
 今後とも、地下水にたよる集落があり、豊かな農業地帯がある限り私たちの住む地域への産廃処分場設置は住民と共に反対していきます。この地域が住民無視の行政や資本の犠牲になることを許しません。
 最後に、弁護団を始め、夏休みに現地調査に来てくれた複数の大学の学生、署名を他県から届けていただいた方々など、県内外の支援者の皆様に感謝を申し上げ、勝利声明とします。

-------------------------------------------------------------
 勝利報告集会は下記のように開催されました。
● 日時 9月25日(土)
     午後1時30分より
●場所 海上公民館大ホール
●報告 「裁判をふりかえって」
   弁護団長 田中由美子弁護士 他、原告や運動を携わってきた人からの報告
   1998年8月の住民投票の原点に立ち返ろう


top page
menu page