top page
menu page
next page 06総会

15 「ちばの水」講演会  2004−09−12

ちばの水、課題と方向 いつしよに考える講演会

 水と緑を守る会の主催で12日(日)午後1時30分〜3時30分 木更津市八幡台公民館(学習室)にて講師清水明氏千葉県自治体問題研究所を招いて講演会がありました。参加者は30名でした。
 県内の水道水は、市や地域によって、味や臭い、おいしさ、料金などまちまちです。また、水源地汚染や河川汚濁の進行とともに、飲み水が絶対安全とはいえなくなり、リスク(危険)として安全性が語られます。千葉県や君津郡市の水道は、どうなっているのか? 湯西川ダムや八ツ場ダム計画とはなんなの? 県内水道の再編成とは? 料金? 安全性? 地下水は? など語られ有意義な集会でした。

 1 ダム建設計画の見直しを !
 氏は千葉県にとって上流ダム建設は不要と述べ、その理由としてダムの建設によって、自然は大きく破壊される。道路や鉄道の付け替え、代替地の造成、本体の建設、そして建設後の流況変化による動植物への影響等計り知れない。ダム建設は必要最小限に止めるべきである。千葉県の水道も工業用水も水源は足りている。将来を見通しても上流ダム建設は不要・地下水の有効活用とそのための正確な調査をすべきと述べました。

 
2 千葉県の水道事業の現状
 千葉県の水道の1日最大給水量は、219万m3/日(2002年度実績)。手当済水源237万m3/日で8%の余裕がある。県の発表している将来の需要予測(2015年)274万m3/日は過大である。私たちの推計では234万m3/日程度にとどまる予測である。国立社会保障・人口問題研究所の予測では2010年から人口は減少する。首都圏でも2015年をピークに減少する。一人一日最大給水量も節水型機器の普及で減少傾向にある。水源的に不安があれば、工業用水の余剰水源19万m3/日を回せば賄える。

 
3 県営水道事業の現状
 現在、施設建設の根拠となっている「ちば21新水道計画」は、平成6年3月31日に認可され、平成22年度を目標年度にしているが、達成は不可能。一日最大給水量は、平成6年度より減少しており、八ツ場ダム・湯西川ダムをあてにしなくても供給可能。企業団からの受水は、北千葉広域水道から168.5千m3/日、君津広域水道から6万m3/日受けている。

 
4 県の水道補助金撤退のもくろみ
 県は水道長期計画の破綻の取り繕いのために平成15年5月「県内水道のあり方」を提案しました。水道料金は、いま市町村で大きな較差が生じています。このため、県は、県営水道料金を基準として、高い市町村に対して高料金対策補助金を出しています。平成14年度で約35億円です。県は、財政危機を理由にこの補助金を将来的にはゼロにしようとしています。そのための方策として提案されているのが、「県内水道のあり方」。県営水道と広域水道をプール化することにより卸料金を平準化しようというもので、君津広域水道の卸料金は引き上げられる可能性があります。同時に、高料金対策として、市町村からも繰出ししていますが、県営水道供給地域の市は繰出しが無いために、これらの地域からも繰出しさせようというねらいがあります。
 さらに「県内水道のあり方」では次のような提案をしています。県営水道が各家々まで飲み水を供給している「末端給水」をやめる。その上で、次の2案が提案されています。(1)いま、北千葉水道企業団など6企業団が行っている水の卸しとも言うべき「用水供給事業を一元化」し県が行う。末端給水は市町村または複数の市町村が一緒になってつくった企業団で行う。(2)県内をいくつかの事業区域に分け(最終的には2圏域)、市町村が一緒になって企業団をつくり、用水供給事業と末端給水事業を統合して行う、というものです。将来的には、県は水道事業から手を引く方向をねらっています。(市川、船橋、鎌ヶ谷、浦安4市は堂本知事に一元化案は容認できないと要望書を提出している。平成15年10月)

 
5 君津郡市の水道事業
 君津広域水道の将来計画給水量は217.6千m3/日となっているが、需要の伸び悩みから、平成16年度責任水量は163.6千m3/日、基本水量は約131千m3/日の協定になっている。市水道への補助金・繰出金は、県からの補助金が37,500千円(平成14年度)、市からの繰出金が、木更津市52百万円、君津市35百万円、富津市45百万円、袖ヶ浦市172百万円となっています。施設建設のための市からの出資金は、木更津市177百万円、君津市24百万円です。木更津市は、平成16年4月1日から13.37%の値上げを決めました。


千葉県の長期水需給(表4)

水需要基本項目 単位 実績2001年 需要の見通し2015年度
事業体推定 千葉県評価
千葉県人口 5,967,923 6,413,674 6,278,700
千葉県給水人口 5,538,732 6,215,970 6,215,970
水道普及率 92.8 96.9 99
有収水量 m3/日 1,664,059 2,069,350 2,069,350
  生活用 m3/日 1,323,325 1,631,661 1,631,661
  1人一日使用量 L/日 238.9 262.5 262.5
  業務・工業用 m3/日 340,734 437,689 437,689
一日平均給水量 m3/日 1,826,620 2,239,606 2,239,606
一日最大給水量 m3/日 2,188,557 2,741,419 2,741,419
有収率 91.1 92.4 92.4
負荷率 83.5 81.7 81.7

 県内水道事業の家庭用水道料金一覧表 平成15年3月31日現在〔単位円)

事業体 料金
体系
直近の料金改定年月日(消費税改訂除) 料金(1ヶ月)
口径13mm20m3
1m3あたりの
料金
八千代市 S59年04月 1,722 86.10
習志野市 H09年06月 1,722 86.10
柏市 H11年07月 2,163 108.15
四街道市 H14年04月 2,205 110.25
成田市 H12年04月 2,341 117.05
流山市 H08年07月 2,551 127.55
千葉市 H08年04月 2,570 128.50
千葉県水道局 H08年04月 2,570 128.50
市原市 H08年06月 2,570 128.50
松戸市 H08年04月 2,635 131.75
佐倉市 H13年10月 2,751 137.55
野田市 H09年06月 2,887 144.35
銚子市 H08年04月 2,929 146.45
我孫子市 H08年08月 2,971 148.55
白井市 H11年04月 3,097 154.85
酒々丼町 H11年04月 3,150 157.50
袖ケ浦市 H14年06月 3,150 157.50
印旛村 S62年11月 3,307 165.35
沼南町 H13年05月 3,307 165.35
八街市 H08年04月 3,320 166.00
多古町 H07年04月 3,360 168.00
栗源町 H08年04月 3,430 171.50
木更津市 H09年04月 3,570 178.50
岬町 H元年10月 3,620 181.00
関宿町 H元年04月 3,622 181.10
佐原市 H05年07月 3,672 183.60
君津市 H08年04月 3,675 183.75
三芳(企) H12年06月 3,685 184.25
長生(組) H08年10月 3,764 188.20
印西市 H13年08月 3,780 189.00
神崎町 H14年03月 3,800 190.00
大原町 S63年04月 3,853 192.65
長門川(企) H07年04月 3,885 194.25
小見川(企) H07年09月 3,937 196.85
大多喜町 H09年06月 3,937 196.85
富里町 H09年04月 3,969 198.45
東庄町 H12年04月 4,053 202.65
富津市 H08年04月 4,095 204.75
山武(企) H12年04月 4,110 205.50
山武町 H13年10月 4,116 205.80
白浜町 H14年04月 4,130 206.50
干潟町 H12年04月 4,200 210.00
飯岡町 H12年04月 4,263 213.15
海上町 H12年04月 4,263 213.15
八匝(企) H12年04月 4,326 216.30
天津小湊町 H12年04月 4,347 217.35
鴨川市 H13年04月 4,389 219.45
勝浦市 H12年04月 4,410 220.50
御宿町 H13年05月 4,515 225.75
旭市 H12年04月 4,515 225.75
富山町 H12年04月 4,598 229.90
鋸南町 H14年04月 4,599 229.95
夷隅町 H09年04月 4,693 234.65
朝夷(企) H13年10月 5,027 251.35
平   均 3,558 177.90
*料金にはメーター使用料金及ぴ消費税を含む。
○:口径別料金、 ●:用途別料金

top page>menu page>イベント目次