next page KGMが訴訟
top page 
menu page

9.堂本知事へ要請書

  2001年7月17日(火) 県環境生活部長へ手渡す

 君津市八重原地区自治会連絡協議会、木更津市八幡台自治会・大久保団地自治会連合会・上鳥田地区の会長および区長連名で、2001年7月17日(火)に千葉県環境生活部長 を通して(仮称)君津廃棄物最終処分場(君津市北子安字上滝沢)の設置について許可しないよう、堂本千葉県知事に要請しました。
 この件に関しすでに数回にわたって知事宛て要請してきていますが、今回知事がかわり現境を重視するという堂本新知事に、この計画地が処分場として様々な点で不適切である旨を、十分理解して欲しいと資料を添えて改めて要請を行なったものです。

 要請書の内容は次のような文言です。

「私たちは、(泣Pー・ジー・エムの(仮称)君津廃棄物最終処分場設置計画について、その位置があまりにも住宅密集地に隣接していて、処分場から漏洩する有害物質によって、君津市内箕輪の東芝コンポーネ ンツの事例のように地下水脈を通して、君津市・木更津市水道水源および八重原・波岡地区周辺の井戸水が汚染されると心配しています。また、搬入される一般廃棄物の焼却灰や産業廃棄物の燃えがらに含まれるダイオキシンなどの有書物質が飛散して、 君津市八貫原地区、および木更津市八幡台・大久保・上鳥田地区の住民の民家に及ぶ恐れがあります。そして処分場計画予定地は、平成8年君津市廃棄物処理施設整備審議会が答申した報告書にあるように、最終処分場としては不適地です。さらに処分場に隣接して土迦区画整理事業による住宅地の建設も予定されています。君津市では千葉県に対し処分場の設置は不適地である旨の意見書を提出しています。木更津市でも千葉県こ数回にわたり要望讐を提出しています。現在君津市・木更津市では、一般ゴミの処理について近隣の4市と(株)新日鉄の熔融技術を採用したゴミ処理施設の建設を進め、焼却灰の処理を(株)ケー・ジー・エムが計画している廃棄物処分場に依頼する理由がなくなりました。さらに同処分場の建設について、(株)ケー・ジー・ エムが同処分場内の農地について地目変更を君津市農業委員会長に申請した結果、同農業委員会より「不許可が相当である」旨千葉県に進達されています。つきましては、 (株)ケー・ジー・エムが行っている処分場の設置、農地の転用・林地開発の許可申請について、前述の趣旨をご理解いただきまして、許可をしないよう、別紙資料を添えてここに要請いたします。 なお、処分場計画地付近の山野が、周辺住民の身近な憩いの場所であり、住環境の 一部としてのその素晴らしい自然環境を、大切に保全できれぼと念じているところです。」

要請書添付資料
(仮称〕君津廃棄物最終処分場計画地位置図、最終処分場計画地周辺航空写真、(仮称)君津産業廃棄物処分場への対応について(経過)、土地区画整理事業区域と隣接する廃棄物処分場計画地、木更津市上水道水源分布地図、計画地付近の地質断面図 、計画地周辺の地下水揚水井戸分布図、君津市廃棄物処理施設整備答申書(抜粋)。

next page KGMが訴訟
top page 
menu page