top page
menu page

「水と緑を守る会」通信 06−08−5発行

                              佐藤/連絡先 (36)8163

  第7回総会&新たな活動

                               代表委員 佐藤七郎
 総会ありがとうございました。 第7回総会を5月21日八幡台公民館で行い、活動方針等を決めました。 来賓として4名の木更津市議会議員の方々 (白坂・山形・佐藤多・金井各氏)や大久保・上烏田・八幡台自治会役員の方々にご臨席頂きました。ご来賓の皆様方と会員の皆様方に心より御礼申し上げます。

  富津の優良処分場で漏れ発覚!
 富津市にある太平興産の管理型最終処分場から汚染水などが漏れ出していたと8月2日朝日新聞で報じられました。太平興産は行政や業者から安全で模範的だともてはやされていたものです。その処分場からの漏れですから影響は計りしれません。県は改善勧告を出しましたが、200万m3も埋めた後では、撤去以外に漏れを防ぐことなど不可能です。(海上処分場訴訟では太平興産のようにやるから大丈夫と説明した。)

  KGM処分場は?
 (株)KGMは、昨年5月20日東京地裁・10月31日東京高裁で完壁に負けたので、国道からの搬入路が確保できなくなりました。こうしたことで平成10年12月許可申請受理後、未だ許可されていません。しかし、KGMは諦めていませんし、別の搬入路計画を県に提出しようと画策しています。
 別の搬入路は、木更津と君津側の2系統が想定されます。木更津側ルートは、@八幡台5丁目から、A羽鳥野の館山道側道からの2つがあり、いずれも林道宮内線に入ります。君津側ルートは、@館山道側道から、A三直旧焼却場脇道からのものです。

  7月24日木更津市長に要請!
 11時より4階応接室にて水越市長に面会しました。要請書を読み上げ、補足説明をし、県への要請に感謝を述べた後、KGMに林道宮内線を使用させないようにお願いしました。
 市長は、「処分場予定地周辺は大変きれいな場所なので、発想を変えて他の使用を考えるべきではないか。林道宮内線は使わせないようにしなければ」と発言されました。私達は、市長の言葉に共感すると共に大変心強く思いました。
 その後、土木部阿部部長に面会し、市長に要請したことを伝えると共に、今後もよろしくお願いしたいと申し入れました。部長は「市長と同じ考えでやっています」と答えました。 当日は、3名の市会議員(後藤・武藤・金井各氏)にもご参加頂き、計8名で要請を行いました。
 君津側ルートについては、秋の市長選挙後、八重原地区自治会連絡協議会中心に要請して頂けるようにお願いしたいと思います。なおその際には協力して対応したいと思います。

  KGMが諦めるまでがんばろう!
 今年の総会方針にもあるように、命にかかわる処分場には絶対反対です。KGMが計画を断念するように運動を強化したいと考えます。市長や住民の方々といっしょにがんばりますので、今後ともよろしくお願い致します。
 
  トピックス
 共栄運輸は八幡台すぐ隣の残土処分場に違法な産廃を埋めたため、社長を含めて9人が逮捕されました。そのため共栄運輸は産廃の収集運搬・中間処理業が取り消され、残土の搬入も停止されています。しかし埋めてしまった有害な産業廃棄物は、どうなるのでしょうか。飲料水の汚染が心配です。

  今後の予定
8/11(金) 烏田川水質と生物調査
8/26(土) 看板下草刈り作業
8/28(月) 千葉県産廃課要請行動
9/ 9(土) 世話人会
※ 公民館地区文化祭に参加予定
※ 11月  林道宮内線の清掃作業
 

top page
menu page