top page
menu page

「水と緑を守る会」通信 07−03−25

                  佐藤/連絡先 36−8163

年間を通しての出来事を何点か報告します

 5月 木更津市内の処分場に産廃の不法投棄、9人逮捕
 5月16日木更津市の残土処分場に産廃を不法投棄した容疑で共栄運輸社長ら9人逮捕と一斉に報じられました。この残土処分場は、八幡台すぐ近くの鎌倉林道沿いにあります。
 そして9月4日共栄運輸は、埋立処分業の許可取り消しとなり、3年間は新事業に取り組めなくなりました。また同社は、今年2月東京湾に油を流出させ、海洋汚染防止法で処罰を受け、産廃処理業の許可も取り消されています。
 8月に千葉県産廃課を訪れたとき、残土に混在した産廃の撤去を求める方針だといっていましたが、きちつと実行してもらいたいものです。
 なお残土自体にもさまざまな有害物質が付着しており、井戸水を汚染します。この折りに河野牧場跡地に残土処分場の計画などいい加減にして欲しいと思います

kgm処分b計画地

 7月  木更津市長に要請
 KGMは訴訟に負けて国道からの搬入路が不可能となり、林道宮内線の可能牲が高まりました。市長は「使わせないようにしなけれ」と発言されました。心強い発言です。


 8月 烏田川沿いの6地点で水質と生き物調査実施
そのほかにアンモニュームや亜硝酸、CODなどを調査しましたが、いずれも低い数値でした。全体として烏田川は大変きれいな川であることがわかりました。今後とも処分場やポイ捨てゴミで汚さないようにしましょう。


 11月 上烏田・八幡台地区 文化祭で展示発表

昨年度は、この周辺の不法投棄現場を見てまわり、不法投棄マップをつくりました。そのひどさには、目を覆いたくなりました。その結果を写真パネルで発表しました 今年度は、ホットなニュースになった共栄残土処分場のダーティーな状況とともに、たいへんビューティーな烏田川の状況を対比させて発表しました。



 12月 君津新市長への要請に参加
 鈴木市長に対し「君津廃棄物最終処分場設置」について、許可しないよう千葉県知事に意見の具申をして欲しいと要請しました。参加者は、八重原地区自治会連絡協議会長以下7名、八幡台自治会長1名、君津市会議員1名、木更津市会議員3名と佐藤代表の計13名です。
 鈴木市長は「計画地は、砂質で地下水への汚染が心配される場所です。市や議会が設置に反対しているところです。私もこの間題に10年にわたってかかわってきました。」 と述べました。たいへん力強い発言です。また佐野八重原特別委員長から「赤道が搬入路として使われることを心配している」との指摘に対し、建設部長は「整備しなければ通行不可能。法定外建造物は市の管理で、市に相談なしには使用できない。現在のところKGMからの相談はない」と答えました。また後藤市議から「KGMの反対運動の先頭にたっていただきたい」、佐藤代表から「市として予定地に対し取得等の対応を今から検討願いたい」と発言しました。


  1月 ウインターウオーキング  14名参加

 いつ雨が降ってくるかもしれないという空模様でしたが、14名の参加者がありました。 タカヨシ駐車場に集合し9時頃出発。上烏田浄水場入口で小休止。そこで波岡・畑沢地区の水道水は、表流水73%、地下水27%であると話されました。以前は表流水20%・地下水80%であり美味しかったのに、いつのまにか逆転してしまいました。
 河野牧場の牧草地はなだらかな丘陵地帯で大変よい眺めでした。ゴルフ場にもってこいだという人もいました。ここを有害残土で埋めるなんてとんでもないことです。
 共栄残土処分場は、静まりかえっていましたが、捨てられた残土にはコンクリート片やビニール片などが混ざってネズミ色です。削られた山肌の赤土と対比してみると汚れ具合が一目瞭然でした。
 帰りは、残土処分場を突っ切って東坊主越の県道に出て、アガリスク研究所(?)横を通ってタカヨシ駐車場に戻りました。3時限ほどでしたが丁度よいウオーキングでした。


 3月 第19回林道清掃実施

 抜けるような青空のもと14名の方々の協力をえて清掃活動を行いました。思ったよりたくさんのゴミが捨てられていました。地域を少しでもきれいにしたいという思いです。今後ともよろしくお願い致します。


top page
menu page