top page
menu page

地元住民などが「市民の会」発足

 2009−01−25 設立総会

 設立までの経過(2008〜2009)

09.03 きなだ国有林同業会が千葉県議会に土石審開催を請願
10.03 県議が現地見学商工労働部の説明住民団体など参加
10.15 千葉県議会で同上請願を自民・公明賛成多数で可決。
10.29 「鬼泪山国有林の山砂採取に反対する連絡会」が発足
11.10 「連絡会]が知事に慎重なる判断を求める要請書」提出
11.21 「連絡会」がちばぎん総研あて要望書提出
12.06 「連絡会」が佐貫地域ビラ配布
12.20 鬼沮山国有林を守る市民の「会発起人会」設立
12.24 「発起人会」が木更津で記者会見 翌日報道
12.26 「連絡会」が上総湊地域でビラ配布
12.29 鬼泪山調査・見学会(夷隅研究グループと地元団体など
01.14 鬼泪山をTBS東京マガジンが取材(1/25放映)
01.18 鬼泪山調査・見学会(県議・連絡会)
01.25 市民の会]設立総会富津市民会館

 「鬼沮山の国有林を守る市民の会」会則

1名称この会は「鬼泪山の国有林を守る市民の会」という。
2目的この会は鬼沮山の国有林104林班ほかからの山砂採取に反対することを目的とする。
3会員この会は「会の目的」に賛同する個人・団体により構成する。
4役員この会に次の役員・顧問をおく。
(1)会長1名
(2)副会長2名
(3)事務局若干名
(4)会計1名
(5)幹事若干名
(6)顧問若干名
会の運営は役員が日常的にこれに当る。
5会計会計は会費、寄付金を持ってこれにあてる。
会費は入会金1,000円とする。
連絡先 富津市竹岡578 代表 岩崎二郎
      鬼泪山の国有林を守る市民の会

鬼泪山国有林を守る市民の会への参加を

1.鬼泪山が危ない、マザー牧場のそばまで削りとられる計画
 千葉県は日本一の砂生産県であり、その99%が山砂で富津市・君津市が中心である。富津市の東京湾側から君津・市原にまたがる房総丘陵の市宿層・万田野層等から生産されており、羽田空港や東京ディズニーランドなどの大規模な埋め立てや首都圏の高層ビルの骨材として大量に利用されている。山砂は@自然が作り出したもので再生産できない。A山を削り採取するため自然破壊をもたらす。このため地域では環境・景観破壊が大きな問題となっている。しかも無計画に大量に採取されたため山砂採取可能な民有地が減少し資源が枯渇しているといわれている。採取業者(「きなだ国有林同業会」)は鬼泪山国有林からの採取を以前から計画し、昨年9月県議会に「富津市鬼泪山国有林104林班ほかの山砂採取事業の早期着手に向けての土石採取対策審議会の早期開催を求めることについて」の請願を提出し自民・公明の賛成多数で採択された。請願には地元の吉本県議のほか、川名(君津)・江野澤(袖ヶ浦)・信田(銚子)の4人の自民党県議が紹介議員となり後押しをした。1月27日に土石採取対策審議会が10年ぶりに開催され、次回は5月頃現地調査を行う予定である。鬼泊山は鹿野山の東京湾側に位置し「マザー牧場」もある、その隣にあった浅間山は山砂採取によりすでになくなり跡地(館山道富津中央インター東側付近)は広大な砂原となっている。今後50年間に鬼泪山国有林104林班ほかから1億立方メートノレ(東京ドー合の約80個分)の山砂を取る計画で、鬼泪山をマザー牧場のすぐそばまで削り取ることになる。

2.「鬼泪山国有林を護る市民の会」を結成
 「富津市の水源を守れ。」「今以上の環境・景観破壊は許さない。」と1月25日富津市民会館において「鬼泪山を守る市民の会」が結成された。当日は地元富津市を中心に80名が参加し当面以下の取り組みを行うことを決めた。私達は、大きな反対世論を作れば「鬼泪山を守る」ことが出来ると考えます。「市民の会」への加入を始め、みなさまのご協力をよろしくお願いします。@市長・知事・林野庁への要請行動を行う。Aビラ、ポスターなどの宣伝行動を行う。署名運動を進める。C「市民の会」への参加を広く呼びかける。

3.市民の水源が危機に 県の基本方針と矛盾
 鬼泪山の国有林104林班の近くには富津市民の重要な取水源がある。また、貴重な森林の伐採による地球温暖化の促進など多くの環境・景観破壊をもたらす。山砂採取の許認可は千葉県が行う。県は「ちば2008年アクションプラン」で「美しいちぱの森林づくり」を掲げ「本県の森林は、…増大する土砂採取等の開発に伴い環境や景観の悪化が見込まれます。・・・…千葉の美しい森林を蘇らせ、次代に引継ぐために、『林業振興を柱とする施策』を抜本的に見直し、『森林の公益的機能の持続的な発揮を目指す施策』へ転換を図る必要があります。jとしている。また、「観光立県千葉の実現」を掲げ「観光立県千葉の実現に向けたオール千葉県での取組をさらに発展させます。」としている。今回の山砂採取計画は県の基本方針と矛盾するもので、県は土石採取対策審議会に「採取計画は認められない。」と明確に提案すぺきある。

4.今こそ「鬼泪山を守れ」の大きな世論を
 「きなだ国有林同業会」が鬼泪山での山砂採取の「認可」を受けるには、「県土石採取対策審議会」で採取容認の答申が出されること。その後、林野庁の許可、環境評価、森林法の開発許可等をへて県に砂利採取法による認可申請を行い審査を受けることになる。業者は、すでに林野庁の内諾などの準備を進めていることが考えられる。また、土石採取対策審議会のメンバー15名のうち、今回の紹介議員である地元の吉本県議をはじめ自民党県議4名と、土石・運輸両業界からも3名が参加している。今こそ「鬼泪山を守れ」の大きな世論を作り出すことが求められています。

鬼泪山国有林山砂採取の問題点

 @富津市の生活用水の約36%をまかなっている地下水源に重大な影響をもたらす。また、染川湊川流域の灌漑用水に与える影響も看過できない。今回の鬼泪山104林班の採取事業地の近隣(北側)には富津市の水源の一つである宝竜寺取水口があり、富津市全体の総取水量(平成19年度)6,206,207トン/年のうちの2,220,972トン/年(約36%)を占めている。この一帯の森林を伐採し山砂を採取することによって、地下水への甚大な影響をもたらし、富津市民の飲み水水源に影響をあたえることは必至である。また、周辺河川への湧出量の減少をもたらし灌概用水にも影響を与える。

 A山砂を洗う際に生ずる多量の泥土、砂利採取による飛砂が海に流出し、富津市竹岡から大貫に至る沿岸の海底に堆積して、漁業に深刻な影響を及ぼす。かつて浅間山の山砂採取事業に伴って周辺河川に泥土が流出して河床の上昇や汚濁をもたらした、今回の事業によっても避けられない。また、泥土の流出による海岸底への堆積は藻場の喪失や産卵場の破壊をもたらし漁業に甚大な影響をもたらす。

 B山を丸ごと削る山砂採取は山体浮上現象を引き起こし、周辺地城の地盤隆起、地下水位の低下など、修復不可能な被害が生じる。建設省(当時)国土地理院・地殻変動解析室長の故・多田秦氏は、昭和57年に「山を削ると地殻が隆起する」(『地震』、第35巻、427-433.1982)という論文を発表し、「富津市浅間山から2億立方メートルの山砂を採取したために、1980年までに付近の地殻が8センチも隆起した」と記述している。

 C現場はマザー牧場至近距離にあり、景観破壊による観光資源消失は、県及び地元自治体や住民に大きな経済的損失を与える。南房総一帯は各所で山砂採取が行われてきたため、至る所で緑が失われてはげ山が露出し、地上及び空からの眺望においても極めてグロテスクな様相を呈し、景観破壊をもたらしてきた。この緑資源が有する気温調節・気候温暖化防止・大気浄化・保水・水源涵養機能など多様な機能が森林伐採、山砂採取によって喪失する。

 D生態系や生物の多様性が損なわれ、豊かな里山が受ける打撃は計り知れない。山砂採取事業でこの地域一帯の森林・土壌・水系が有する自然生態系や生物多様性を損なうことは必至であり、いったん破壊した自然の復元は不可能。このことはかっての浅間山の山砂採取事業が端的に物語っている。山砂採取によって消失した県中西部の森林は3000ヘクタールといわれ、この地方の自然や生態系はすでに瀕死状態で、このうえ鬼泪山を掘ることは、それらを死に至らしめるのもである。鬼泪山は、都心からわずか50キロ、最短距離にある国有林である。約3000万人が住む大都市の、大気を浄化し、気象を維持する重要な森林で、これを消失させることは、首都圏の住民の健康維持のうえで危険なことである。

 E土砂運搬用の車両が激増し、周辺住民の生活や交通安全に悪影響をもたらす。かつてこの地域は昭和40年代から始まった浅間山の山砂あ採取事業に伴って、土砂を運搬するダンプ車両が激増し、沿道地域に対して騒音、振動、交通事故の多発など、たいへんな「ダンプ公害」をもたらした。隣接する小糸・小櫃地区でも同様であった。今現在は羽田空港再拡張事業の開始に伴って、木更津から君津地区にかけて一日数千台のダンプカーの通行によって交通事故や騒音、振動、粉じんなどの影響が生じている。

 

top page
menu page