top page
menu page

5/8(金)「鬼泪山現地調査ゆっくりウォーキング」

5/8(金)「鬼泪山現地調査ゆっくりウォーキング」が開催されました。このイベントは、国有林からの山砂採取が計画されている鬼泪山の現地学習会をかねて企画されました。主催は「ふわくハイキングサークル」で、参加者は50人でした。
鹿野山神野寺に集合、マザー牧場の佛母寺から、鬼泪山の山頂(268m)めざし、新緑につつまれた山道を歩きました。道の脇や林の中には、珍しい植物や花がたくさん自生しているのが確認され観察する人垣が多数生まれました。ハンショウズル、マムシグサ、オオバウマノスグクサ、キンランなどで、とくに、オオバウマノスグクサは珍しいとのことです。首都圏に残されたかけがえのない緑の空間を実感しました。
 鬼泪山の山頂には「水 富士嶽神社 明治30年旧3月27日」の石碑があり、鬼泪山と「水」との関係を再認識しました。送信所近くで昼食後、神野寺、アクル王の塚見学と関山用水主取水口見学の班に別れました。私は関山用水取水口を案内、参加者は清流と豊富な水量に感激、「次回はこの源流めざし清流を遡る計画を」の声が出されました。
  現地見学のあとは、富津市民会館で「市民の会」のメンバーとの交流を行いました。
《参加者の声》
◎現地をみて、自然豊かな素晴らしい山であることが実感できた。めったに見られない植物も自生している。景観も素晴らしい。そんな大切な山をごっそり削り取ることは絶対にやめさせたい。
◎国有林は私たち国民の財産だ、60万年以上もかけて出来た山を、わずか10年位でなくすことなど許されないことだ。地球環境の保全や温暖化防止が叫ばれている現在、それに逆行することでもある。」
◎ 神野寺の近くにある『アクル王の塚』も見てきた。鬼泪山は大和の王権の軍と戦った戦場とされている、そんな由緒ある山を一部の人の儲けのためになくすことは許されない。
◎ 地元に守る会が出来てよかった。山は国のものだが許可権は千葉県がもっている
  国のものなら国民のものである。運動が広がれば止められる。運動はこれからだ。
                         (宮 則夫)

top page
menu page