top page
menu page

鬼泪山国有林の山砂採取について
土石採取対策審議会会長に検討資料提出


 2010年2月9日開催予定の土石採取審議会に先だって、「鬼泪山国有林の山砂採取に反対する連絡会」「鬼泪山の国有林を護る市民の会」「安房・鬼泪山国有林を守る会」は千葉県土石対策審議会会長 渡辺勉氏に検討資料を提出いたしました。


千葉県土石採取対策審議会
会長 渡邊 勉 様

                          2010年1月26日 
             鬼泪山「国有林」の山砂採取に反対する連絡会
                   鬼泪山の国有林を守る市民の会
                     安房・鬼泪山国有林を守る会

 貴職におかれましては、千葉県民のための審議会にご尽力頂き、誠にありがとうございます。今回は、私たちの提出する資料をご検討いただけることに、心より感謝申し上げます。
鬼泪山104,105林班からの山砂採取については、私たちも県民も、多くの点について不安と疑問を感じております。
 私たちは何度も何度も鬼泪山に行って調査しました。文献も調べ、専門家の見解も伺いました同地元の古老に昔からの話を聞き、現に鬼泪山からの水を利用している住民の話も聞きました。君津市では、昔、鬼泪山に植林に入った人の話や、40年間も苦しんできた山砂ダンプ傘害の語お聞きました。鬼泪山の水を水道水として利用している富津市では、直接藷をした人の多くが「もうこれ以上鬼泪山から砂を採ったらだめだ。」と言います。山歩きを楽しむ県内外の人たちも、「鬼福山を無くさないで」と言っています。
 それらの方々から頂いた、「鬼泪山国有林の山砂採取を許可しないよう要請します」という知事苑の署名が、現在8,808筆に達しております。
 私たちは、鬼泪山国有林からの山砂採取についての見解を、科学的・客観的な資料に基づいて述べたいと思います。鬼泪山104,105林班からの山砂採取を計画されている方々からも、科学的・客観的な資料を添えた見解カ童出されることと思います。
土石審委員の皆さまには、双方の見解と資料を読み解かれ、ぜひとも県民の不安と疑問を解明し、解消していただけるよう、お願い申し上げます。そしてその結果について、県民に得心のゆく説明をしていただけるよう要望いたします。

見解1

 鬼泪山104林班・105林班から山砂を採取すると・関山湧水や仲手沢湧水の水量が減るか、最悪は涸れて、富津市の水道水と灌概用水(関山用水)が打撃を受ける可能性がある。

[鬼泪山は、巨大な砂の塊。]
 東西12q南北約3q、厚さ250mのレンズ状の形をした市宿層とよばれる巨大な砂の層がある。この市宿層は水をよく透すが、鬼泪山も鹿野山もその一部である。
(図1)市宿層の下には、あまり水を透さない梅が瀬層や国本層があって、南南東から北北酉に向かって傾き、また東北東からも傾いている。だから市宿層は、北西方向の関山近辺で最も低くなっていると思われる。(図2)
[関山の湧水は、日照りが続いても涸れることはない。なぜか?]
鬼泪山から鹿野山に広がる市宿層では、森林が多いこともあって、降った雨は蒸発や流出が抑えられて多くが地中に染み込む。長い時間をかけて浸透した地下水は、スポンジに水が吸収されたような状態で、山の形をなぞるような形に滞留している。だから横井戸でも水が得られる。(図3)その市宿層が侵蝕されて、深く刻まれた谷が帯水層に至ると水力があふれ出す。それが関山湧水で、水を含む砂層が大きいので常に一定量が湧き出す。(図4) なお、もっと下の地下水は、市宿層の東・酉・南の三方向から、最終的には最も低い関山近辺に集まってくると思われる。地下水を汲み上げる大佐和井戸が関山近辺に集中していることが、それを示している。

[その、掴れないはずの関山湧水が、なぜ半分になってしまったのか。]
 砂層に雨が降り、地下水が維持されるかぎり、長年湧水は涸れることがなかった。しかし、40年ほど前から、浅間山、鬼泪山の一部、鹿野山からの山砂採取が続いた。水を吸収する砂山がなくなれば、市宿層全体の地下水面が低下する。(図5) 山そのものが消えれば雨も降らなくなる。(図6) 山林がはぎ取られれば保水力はなくなる。 雨が山に染み込み、地下水となるまでは長い時間がかかる。 砂を採り始めてから数年〜十数年を経て、市宿層全体の地下水位が徐々に下がったことで、関山湧水も徐々に減って、半分になってしまったと考えられる。(図4、前の水位から今の水位へ)関山湧水の減少と時を同じくして、仲手沢湧水や蛇堀湧水も同じ割合で減少している事実が、地下水位の低下を裏付けている。(資料7)
 なお、関山湧水減少の原因を、上流での土砂崩れに求める意見もあるようだが、土砂崩れのあった所では依然として湧水しているし、そもそも地表の一部が崩れたことで、地下水位が低下することはあり得ない。また、関山上流の土砂崩れでは、仲手沢や蛇堀の湧水が同じように減少した事は説明がつかない。
 以上の見解が違うと思われるのであれば、以下の点を解明していただきたい。
@鬼泪山山系の堆質構造と地下水の流れはどうなっているのか、
A関山付近に湧水や井戸が集中しているのはなぜか、
B関山湧水・仲手折湧水・蛇堀湧水が、同時期に同程度減少したのはなぜか、

見解2

鬼泪山104林班・105林班からの山砂採取によって、この地域の気象・気候が変わる可能性がある。

[浅聞山がなくなって、どんなことになったか。]
 最近、佐貫町駅一上総湊駅間の内房線で、突風による列車運行停止が頻発している。(H21年1月〜22年1月21日で16回=JR千葉支社調べ)また、周辺住民によって、湊地区での降水の減少が指摘されている。
 この地域では、山砂採取によって、国道127号線の東の浅間山も、西側の山もほぼ消えてしまった。 風を遮る山がそろってなくなったために、風の通り道ができて、東京湾からの突風が通り抜けるようになった。また、浅間山がそっくりなくなったことで、以前は雨をもたらしていた湿気を含んだ南風は、雨を降らすことなく通過することになったと考えられる。(図6)
 もし、山砂採取が気象・気候変化の原因でないとするならぱ、
C突風の頻発や降水の減少は何が原因か、解明していただきたい。

見解3

 鬼泪山104林班・105林班からの山砂採取によって、鬼泪山国有林の自然環境の保全機能も、資産価値も喪失する可能性がある。
[鬼泪山は、金に換算しきれない程のとてつもない価値を持っている。]
鬼泪山は首都圏から直線で50q圏内に広がる広大な国有林で、とても貴重な自然環境を残している。だから、千葉銀行など大手の企業も、社会貢献とイメージアップのために分収林を管理している。鬼泪山の、国有林が果たしている働きだけを挙げても、片手では足りない。
・中に入ると「空気が違う」と実感できる、大気を浄化し、湿度を保つ働き
・雨水を吸収し、浄化し、貯え、少しずつ放出することで、農地も人間も潤う働き
・土壌を肥やす働き、雨や風が土壌を削り流し、吹き飛ばすのを防ぐ働き
・コゲラなど様々な動植物を養って、多様な生き物を循環させる働き
・気温の上昇を抑え、CO2を吸収する、温暖化防止の働き
・森林ウォークや森林浴、森林セラピーなど、訪れた人を癒す働き
・古代の伝説・伝承の山であり、先人が手をかけ守ってきた里山の働き
・なにより今後世界中で足りなくなるであろう、木材資源の循環林そのもの

 山砂を採取すれば、森林が今の状態に回復するまでの100年間、あるいはそれ以上にわたって、その働きを停止する。たとえ100年後に森林がもどっても、山林としての働きは残っているか、だれも保証できる人はいない。

 国民の共有財産である国有林からの山砂採取を計画するのであれば、どれだけの経済効果があるか、だけではバランスがとれない。国有林が消えること、山がなくなることで、失われるだろう以下の点についてもぜひ解明をお願いいたしたい。

D国有林を伐採し、再度植林して現在の状態まで復元するのに必要な時間、その間の人件費を含む費用、及び資源循環林が失われている期間の損失額
E森林機能の停止と、山体消失によって減少するであろう、降水量、地下水貯蔵量、湧水量、灌漉水量、C02吸収量、酸素発生量、オゾン発生量、動植物の種類と個体数
F森林機能の停止期間と山体消失によって変化するであろう、表面流出水の量と質、染川などの河川の流量と水質、流れ出す土壌量、大気の温度と湿度、風の強さと向き、砂塵、景観
G山砂を掘り出す重機、運搬するダンプの出すC02及び窒素酸化物、ダンプ走行による道路の破損や騒音、振動、粉塵
H上記E、F、Gが周辺住民に及ぼす影響と、その影響を回避するために必要と計算される費用

見解4

 鬼泪山104林班・105林班の国有林を犠牲にするほどの価値のある公共事業が、今、千葉県では見当たらない。
[大量生産・大量消費を続けて、地球も人間ももつだろうか?]
 山を削り、海岸を埋め立て、ダムを造り、巨大な橋や高速道路を通す、それが豊かなことだ、という時代は転換期を迎えている。国や自治体が巨大な公共事業を推進する時代ではないと思われる。本当に必要な建造物にコンクリートは使用されると思うが、その骨材もリサイクルが姶まっている。
今後50年にわたって、国有林を伐採し、山を丸ごと削り、貴重な飲み水の水源を涸らす、そこまでして、住民の生活環境を犠牲にしてまで行うほどの価値のある、千葉県に有益な公共事業が今は見当たらない。
もし以上の見解が違うのであれぱ、
I現在提案されている千葉県に有益な公共事業名と、その公共事業が国有林、山、水道水源を犠牲にしてまでも必要な理由、を提示いただきたい。

 鬼泪山国有林からの山砂採取事業に対する千葉県知事あて署名は2010年1月25日現在、下記の通り集約しています。
1 「鬼泪山国有林・山砂採取事業の不認可を求める要請」(鬼泪山の国有林を守る市民の会8,808筆。内7,549筆を千葉県知事に提出済み。
《別添1》

2 「鬼泪山国有林の山砂採取事業着手のための土石採取対策審議会の開催に関して堂本知事の慎重なる判断を求める要望書」(安房・鬼泪山国有林を守る会)2,088筆。(千葉県知事に提出済み。)
《別添2》
                            2010年1月26日         

              鬼泪山「国有林」の山砂採取に反対する連絡会
                    鬼泪山の国有林を守る市民の会
                      安房・鬼泪山国有林を守る会




top page
menu page