top page
menu page

富津市鬼泪山国有林の山砂採取について
土石採取対策審議会が審議結果を知事に報告

 11月5日、千葉県土石対策審議会(会長 渡辺勉氏)は千葉県知事に、富津市鬼泪山国有林の山砂採取に係わる審議結果について報告書を提出しました。当審議会は2008年9月、地元事業者が採取計画の早期着手に向け審議会を開くよう県議会に請願し、2009年1月から4回にわたり審議されてきました。報告にあたって審議会長の提出した所見は次の通りでした。


富津市鬼泪山国有林104林班他の山砂採取について
                                                 平成22年11月6日
                                           千葉県土石採取対策審議会

「報告に当たって」
富津市鬼泪山国有林104林班他の山砂採取に係る審議結果の報告にあたり、土石採取対策審議会会長としての所見を申し上げます。

 この度、富津市鬼泪山国有林104・105林班他からの山砂採取について、知事からの開催要請により土石採取対策審議会で審議したところです。
今回審議対象となりました富津市鬼泪山国有林104・105林班に堆積する山砂は、高品質で有望な砂利資源であることは周知のことです。また、自然環境豊かな地域で人為的に開発や建設工事をする場合は、環境問題を避けて通ることのできない時代でもあります。このような時代に、環境と調和しながら鬼泪山国有林の砂利資源をいかに活用していくかが問われているわけです。

 今回の審議会での議論を踏まえますと、地元に密接な意見も多々ありましたが、砂利需要が低迷している現状や、県の発展に関連の深い公共性の高いプロジェクトが見当たらないことから、現時点では県の国有林からの山砂採取に係る基本的な考えである「本県の発展に関連の深い公共性の高いプロジェクトに使用する場合のみ
認め、その際には地元事業者の育成に配慮する」を見直すまでの状況には至っていないものと思われます。

 また、山砂採取のためにひとたび山を掘削しますと、地盤の改変により、地盤・森林・景観など今までバランスの取れていた自然環境が崩れることになり、元の環境に回復することは至難の業となります。従って、それに見合うような環境保全をやっていくことが非常に重要と考えます。

 特に我々の世代、孫、ひ孫の代のみならず、後世にわたって環境との共存を図り、持続可能な自然や社会を築いていく方策が求められており、資源小国のわが国にとって、鬼泪山国有林の山砂は大変貴重な天然資源であることから、鬼泪山国有林からの山砂採取については、早急に結論を出すべきものではないと考えます。

 結びに、本報告書は砂利採取が水道水源である地下水や湧水に及ぼす影響、森林がもつ水源への涵養機能などの多面的な機能、砂利洗浄排水の影響、環境アセスメント、砂利資源の状況等の項目について、各委員それぞれの立場からのさまざまな意見を反映したものであることを申し添えます。

  平成22年11月5日
                                         千葉県土石採取対策審議会
                                                 会長 渡辺 勉


 
千葉県土石採取対策審議会の詳細は下記の千葉県ホームページをご参照下さい。
  



top page
menu page