top page
menu page

鬼泪山国有林の山砂採取について
知事は土石採取対策審議会の報告を受け止め
国有林からの山砂採取を認めない表明をしてください。

  11月5日(金)富津市鬼泪山国有林の山砂採取について千葉県土石審議会が知事に報告を提出したことを受けて、山砂採取に反対してきた3団体は、11月19日(金)千葉県知事に要望書を提出しました。要請には3団体役員など11名が参加し、千葉県商工労働部職員3名が対応しました。提出した要望書は下記の通りです。

                           

                   要望書

                                                 2010年11月19日
 千葉県知事森田健作様
 
                    鬼泪山「国有林」の山砂採取に反対する連絡会 代表藤原寿和
                    鬼泪山の国有林を守る市民の会 会長岩崎二郎
                    安房・鬼泪山国有林を守る会 代表真魚長明

                          要望

1.鬼泪山国有林からの山砂採取を認めないことを表明してください。
2.山砂採取や産業廃棄物、建設残土に対する指導・監視体制を強化し、残り少ない森林を保護し、荒廃した森林を復元するための抜本的政策を打ち出してください。
 
  要望の理由
 私達は、鬼泪山国有林からの山砂採取に反対する1万を超える署名を知事に提出し、土石審にも「4項目の見解」を提出し、広く県民にも訴えてきた。
 貴職は知事選挙で、鬼泪山国有林からの山砂採取に反対を表明している。
 千葉県も「国有林からの山砂採取は、本県の発展に関連の深い公共性の高いプロジェクトに使用する場合以外は認めてきていません。現在、そのような事業はないと考えています。」(保安第4418号平成21年1月23日)と私達の質問状に文書で回答している。土石審でも、県の立場は変わっていない。

 11月5日知事に提出された土石審の報告書の会長所見も次のように述べている。
@砂利需要が低迷している現状や、県の発展に関連の深い公共性の高いプロジェクトが見当たらないことから、国有林からの山砂採取に関する県の基本的考えを見直すまでの状況に至っていない。
A後世にわたって環境との共存を図り、持続可能な自然や社会を築いていく方策が求められており、鬼泪山国有林の山砂は大変貴重な天然資源であることから、鬼泪山国有林からの山砂採取については、早急に結論を出すべきものでない。
国民共通の財産である国有林の持つ、温暖化防止・大気浄化・水源涵養等の機能を守って、持続可能な自然環境を築いていくことは世界的な課題である。特に千葉県は森林率が全国ワースト3まで急速に落ち込み、その少ない森林も山砂採取や産業廃棄物・建設残土の持ち込み等で危機にさらされている現状からすれば、知事は、「鬼泪山国有林からの山砂採取は認められない」と表明することを求めます。

top page
menu page