top page
menu page

鬼泪山国有林の山砂採取について千葉県知事が県議会で答弁

 皆さまのおかげで、鬼泪山の国有林も、関山湧水も守られました !
 
 鬼泪山国有林からの山砂採取問題は2010年11月5日、県土石採取対策審議会より渡邉勉会長の否定的な所見を示した報告書が森田知事に提出されました。
 これを受け、知事は12月定例県議会の代表質問(民主党)で「私も同様に考えています。」と報告を尊重する答弁を行いました。質問と知事答弁の要旨は以下の通しです。

 《質問要旨》
  富津市鬼泪山国有林の山砂採取問題について、知事は今回の審議会報告を順守すべきと考えるがどうか。

 《答弁要旨》
  1 豊かで美しい自然環境を守り、それらを未来の子供たちに引き継いで行くことは、
    現代を生きる私たち世代に課せられた大きな責任と考えております。
  2 土石採取対策審議会の報告書における会長所見として、「現時点では、国有林か
    らの山砂採取に係る県の基本的な考えを見直すまでの状況には至っていない。」
    とされており、私も同様に考えています。

 このことから、当面、鬼泪山国有林からの山砂採取は出来なくなったと考えます。
 しかし、採取業者(きなだ国有林同業会)が「完全にあきらめた」とは判断できません、引続き国有林を守り保全する運動を進めていくことが大切です。
 2009年1月25日に「鬼泪山国有林を守る市民の会」を結成し、皆さんのご支援に支えられ運動を進めてきましたが、今回の「知事答弁」により、大きな前進を作り出すことができました。署名、学習会、現地調査、県・市交渉、土石審傍聴等にご参加いただきありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
 現在、地元市民向けのチラシ等を作成中です、年内にはご支援いただいた皆さんに届くよう準備しています。今後もご指導、ご協力を重ねてお願いいたします。
 
                       2010年12月5日
                              鬼泪山の国有林を守る市民の会
                               会 長 岩崎 二郎

top page
menu page