top page
menu page

07 市民団体が処分場見学


 水源地域の産廃処分場を見学。

 市原・佐倉・成田・木更津・君津各市民ネットのほか、残土産廃ネット千葉、小櫃川の水を守る会、および君津市環境保全課の職員2人、総勢33人が去る7月2日、君津市にある二つの産廃処分場内部を見学しました。
一つは今年4月搬入を開始した怒田の新井総合施設滑ヌ理型最終処分場《君津環境整備センター》です。取扱品目は、汚泥・鉱滓・煤塵・動植物性残滓など安定5品目に入らない廃棄物をはじめとする13品目。埋立容積は107万m3。この4月から稼動して、10年間の予定で産業廃棄物を受け入れ、埋立終了後20年間、浸出水の処理と監視を続けるとのこと。会社側の説明では、最新技術を駆使した5層の遮水シートを敷設して、廃棄物から浸出する汚染物質が外に漏れ出ることを完全に防ぎ、さらに遮水溝に溜まった浸出水は浸出水処理施設出完璧に浄化した後に放流するとのことです。しかし、たとえ5層の遮水シートといえども、地震、大雨、土砂崩れなどの災害が発生したら亀裂・破断は避けようがなく、汚染物質の流出、浸透は、防ぐことができないと予測されます。
 もう一つは、川谷にある安定型最終処分場《ビオトープ》ですが、関係ページをご覧下さい。クリックすると<ビオトープ>のページに移動します。 
 廃棄物処分場は多くが山間部の谷を利用して造られます。そこから水に溶けて出る汚染物質の存在を、私達は川の汚染で知るわけですが、じつは川に出る数百倍、数千倍の汚染物質が地下水に溶け込んでいるのです。君津の名水にその汚染が検出されるまでにはもう10年か20年はかかるでしょうが、そのときには君津地域の地下水はすべて汚染されているでしょうし、しかもその汚染を取り除くすべはほとんどないといっていいでしょう。(小櫃川の水を守る会:山田周治)

新井総合施設の埋め立て地の写真
汚泥・鉱滓・煤塵・動植物性残滓など107万m3が10年にわたって埋められる


 参加した市民の感想

美味しくきれいな水を守りたい
君津市民であれば久留里の名水のことを知らない者はそう多くはない.房総丘陵の豊かな森が百年単位の時をかけ、現在生きる者たちにその恵みを与えてくれている。その水源と言いえるところに今回見学した巨大なその施設はあった。その東側には梅が瀬渓谷.、北には大福山自然林が広がっている。その山深いことから人の手によって植林された森よりも房総半島特有の自然林が広がっている。その最も高い場所から谷にかけてそれは存在していた。今更ではないが水は高いところから低いところへ流れ、そして地中深<しみこみ長い時を経て子孫にそれは届けられる。その水に万が一有害物質が流れ込んでしまったら。想像するだけ'でも恐ろしいことである。なぜこの場所なのか。なぜ県外(市外)の廃棄物まもこの場所で引き受けなければならないのか、現代社会において廃棄物処分場の必要も理解できるが、目先の利益にとらわれず、千年二千年をも見据えた慎重な計画を望んでやまない。(N)

 まぶしいほどの縁に囲まれた産廃場を見て、どうしてこの位置にの想いがつのる。環境に負荷を与えない。廃棄するものをなるべく出さない社会システムを真剣に考えていければと思う。(M)

 君津の豊かな自然のなかのゴミの山には正直言って、違和感を覚える。しかし人が暮らせばゴミが出る。この矛盾をどう解決したらよいのか(I)

 千年先の未来人が我々の遺跡を掘り起こしたときに何を思うのか?私はそれが知りたい。(山を守りたい19歳浪人生)

 中間処分場で処理したものを持ち込むとのことでしたが、中間処分場でも有害物の分別は出来ていないことを考えると心配です。シートの構造など示しましたが耐用年数経過後の維持管理、天変地変による事故など心配です。
 自然循環を妨げる施設であり、産業廃棄物を減らしなくしていくために企業の拡大生産者責任を実現させる道を求めることが急務と思う。(S)

top page
menu page