top page
menu page

小櫃川源流域の産業廃棄物処分場増設反対に関する請願
 富津市議会が採決(2013.09.25)

                  

請 願 第 5 号
請 願 文 書 表
                                         平成 25 年 8 月 22 日 受 理

1 件    名       小櫃川源流域の産業廃棄物処分場増設反対に関する請願

1 請 願 書       千葉県富津市千種新田743-1
               小櫃川の水を守る会              幹事 鈴木 紀靖
               千葉県富津市恩田213
               天羽の水を守る会                代表 安田 貞夫
               千葉県君津市小市部127
               ちば水源愛護会                 会長 武井 宗弘
               千葉県君津市杢師1-19-24
               水と緑を守り住みよい環境をつくる会     代表 佐野今朝雄 
               千葉県袖ケ浦市神納2977
               袖ケ浦市民が望む政策研究会        代表 関    巌

1 紹介議員        松原 和江
1 付託委員会      建設経済常任委員会

<要旨>
 新井総合施設株式会社が小櫃川源流域に設置した管理型産業廃棄物最終処分場・君津環境整備センターの第3期増設に対する反対の意見書を、千葉県知事宛てに提出していただきたく、請願いたします。

<理由>
1 当処分場の位置する場所は、4市市民の生命の水が生まれる水源地です。君津環境整備センターは木更津市・君津市・袖ケ浦市・富津市の水道水源である小櫃川の上流御腹川の源流域に位置しています。このため立地が不適切であるとして、地元住民団体はもとより、君津市議会、君津市長が、建設反対の意思を強く表明していましたが、平成13年3月31日、県知事は設置を許可、平成16年4月、営業が開始されました。
この処分場が立地する大福山・梅ヶ瀬地域は、千葉県屈指の多雨地域で年間2,200mmもの雨が降ります。しかもここには帯水層の梅ヶ瀬層の露頭があります。
●梅ヶ瀬層にしみこんだ地下水は久留里および小櫃の上総掘りの水となります。
●表流水は御腹川となり小櫃川に合流し、流域の農業用水として利用されています。
●小櫃川の下流域木更津の大寺で、広域水道の水源とLて取水されています。
●雨は平均して降るわけではありません。大福山で長雨の後に豪雨があれば、処分場の処理能力を超えた汚染水はそのまま御腹川に流出し、小櫃川に流入します。

2 第1期処分場は漏洩により稼働停止。いまだに原因未特定のままです。
ここには、平成23年3月の福島原発事故以来、放射性物質を含んだ廃棄物が大量に埋立てられてきましたが、平成24年1月、場内の汚染水が外部に漏洩、搬人停止。原因未特定、対策未確定のまま、現在も搬入停止が続いています。
しかも、平成24年秋に完成した第2期処分場について、県は第1期処分場漏洩問題未解決の問は供用を許可しないと言明していましたが、25年1月、突如供用開始となり、放射性物質を含む廃棄物が搬入されています。

3 大切な水源地に、将来の責任を誰も負えない全国最大規模の処分場が生まれます。
 新井総合施設(株)は、第3期処分場増設のための林地開発行為事前協議書を、平成24年1月20日付けで県に提出。県の取り下げ勧告に応じることなく、手続きを進めています。
 第3期増設の規模は、埋立面積8.2ha、容量200万m3、事業区域64.5ha。第1期97万m、第2期103万mと併せれば、埋立容量400万mという全国最大規模の処分場になります。
「ごみは出るから廃棄物処分場は必要、どこかに作らざるを得ない」どいう意見もあります。しかし千葉県内に処分場が際限なく拡大すれば、金さえ払えば首都圏からいくらでもごみが持ち込まれることになります。安易によその処分場に頼らず、ごみは自分たちの所で処分することが、こみの減量につながります。
さらに処分場を作るにしても場所が問題です。私たちの大切な水源地を、さまざまな管理型廃棄物ばかりか放射性汚染汚泥まで膨大な規模で埋め尽くした後は、どうなるのでしょうか,もし災害が起こって処分場が崩壊し、汚染物が御腹川に流入し、小櫃川に入ったら、責任はだれが取るのでしようか。
本件と同じ小櫃川水系の水源地域木更津市真豊谷における安定型最終処分場設置計画に対しては,平成24年8月、小櫃川を水道水源とする木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市の4市議会議長より県に対し不許可の要望が行われました。本件についても4市市民の生命の水を保全するために、ぜひともおカを賜るようお願いいたします。


小櫃川源流域に立地する産業廃棄物最終処分場の増設に
反対する意見書 富津市議会が採決(2013.09.25)

         小櫃川源流域に立地する産業廃棄物最終処分場の増設に反対する意見書


 小櫃川は流域住民の農業漁業を支え、水道水源として木更津市・君津市・袖ケ浦市・富津市4市市民の生活を潤し、生命を支えている。
 新井総合施設株式会社が建設し、稼働を続けている管理型産業廃棄物処分場は、この小櫃川の支流御腹川源流域の大福山に立地しているが、平成24年1月、第1期処分場埋立地内に溜まった汚染水が外部に漏れ出た事故により、県から搬入停止の勧告が出され、原因不特定のまま停止が継続している。水道水源および地下水の水質保全の視点から、処分場の安全性に疑問を抱かざるを得ない。
 このような状況の下、同社は第3期処分場増設のため平成24年1月20日付で林地開発行為事前協議書を千葉県に提出し、第1期処分場への搬入停止勧告後も取り下げることなく、手続きを進めている。
 第3期増設は、埋立面積8.2ha、容量200万m事業区域64.5haとなる大規模な計画で、かけがえのない上総の水に対する脅威であり、特に4市市民の水道水源の安全を脅かす点では、本市が深刻に懸念するところである。
 本市議会は、水源を共有する地域住民とその将来の世代の生活と生命を守る立場から、第3期処分場増設に強く反対するとともに、千葉県知事に対して、増設を認めないよう要望する。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    
    平成25年9月25日

                                         富津市議会議長 平野明彦
   千葉県知事 鈴木栄治  あて



top page
menu page