next page
top page
menu page

大塚山処分場から保有水の漏洩(その後) 2007-2-10

    高濃度塩化物イオンが漏洩 県が調査中

 

県が住民に説明して操業停止

 2006年8月1日県産廃課は、富津市高溝にある管理型産業廃棄物最終処分場の下流観測井戸から高濃度の塩化物イオンが漏洩して拡大しているとして住民説明会を開きました。そして翌日事業者に、原因究明をすること、対策を示すこと、改善確認まで埋立処分を停止することを勧告しました。この処分場は太平興産(本社・東京都千代田区)の大塚山処分場。1990年5月に県の許可を得て操業。これまでに約12ヘクタールに焼却灰や汚泥、建設廃材など200万立方メートルを埋めてました。県の許可のずさんさを批判する声が多く出されその後、地元環境団体などから処分場周辺の水質、生物、底質調査をすること、第三処分場の許可をしないこと等文書回答を求める要請が出されています。 
写真 1992年頃の大平興産処分場
1992年頃 第一処分場

漏洩原因の究明は終わっていない

 産廃業者は原因や防止策をまとめるとして、NPO法人日本地質汚染審査機構(千葉市花見川区)に調査を委託。この処分場は管理型であるが遮水シートがなく不透水性の岩盤を利用して作られた。第二処分場設置の92年時にも反対陳情や公開質問状が県に出されている。観測用井戸で、高濃度の塩化物イオンが数年前から検出されており、産廃課は敷地外へは漏れいないと言うが、第二だけでなく第一処分場からの漏洩も考えられ、今後調査を行うとしている。NPOの調査では、漏洩の根本原因は一部の薄い地層を通じて漏れた、透水係数の高い「KD38層」「上部砂泥互層」「下部砂泥互層」の3つの地層から漏れたとし、主因は「KD38層」であるとした。県産廃課は「KD38」層の透水係数は「10-3cm/sec」〜「10-4cm/sec」であり省令の定める不透水性岩盤ではなかったことを認めた。赤壁の漏洩も下部透水層からとしている。07-11県の説明会で、建設前の11カ所のボーリングについて県の責任もあることを認めている。環境団体は環境省に省令の見直しを要請している。
写真 大平興産処分場の排水口
2007.9月 放流水は「ホウ素」が環境基準を超えている

漏洩の根本対策は行われていない、


 対策は新たな井戸を設置して、水をくみ上げ拡散を防ぐ方法で始めた。07年6月までは応急対策として淡水を注入して揚水をしてきたが以降は注水はせず揚水のみとし、井戸の位置を縦配列から横配列に変更したり対策は試行錯誤の状態と思われる。8月から揚水の効果が出たと評価しているが短期的なデータである。汚泥など200万トンの廃棄物の保有水漏洩の根本原因については検討が見られず、暫定的な対策を恒久的な対策にすり替えようとしている。地下水汚染だけでなく処分場排水口からは「ホウ素」が環境基準を超えて流出しているが、水質汚濁法基準の50倍までの規制緩和を認める省令によって許容されている。湊川のアユが遡上しないこと、稲作への影響など心配する人は多い。
生物のいなくなった排水口水路
1992年頃 排水口下流直下の沢には生物がいない

535名 処分場の施設変更認めぬよう意見書提出

 06年12月、第二処分場の上部に位置する第三処分場の増設を許可しないように求めて地元住民ら535人が署名を添えて意見書を県に提出した。原因究明と対策の改善が先決であるのにそれが未解明の段階で処分場増設に反対する市民は多い。漏洩について事前の環境アセスも行われた形跡はない。第三処分場は変更であると県は説明するが切り離すなら新設であり事前協議から許可手続きが行われなければならない。07-11-21説明会で県産廃課は「県の専門委の審査が終了すれば許可される」と言っている                   2007-12-15 


next page
top page
menu page