next page
top page
menu page

大塚山処分場の漏洩問題は、
ほんとうに解決できるのか?
もしできなければ、富津の
井戸は、川は、海はどうなるか?

      3月29日(土)富津市民会館で
     
  専門家を招いて市民集会

  皆様もご存じの通り、大塚山の大平興産㈱管理型最終処分場は、「不透水性岩盤だから遮水シート不要」として許可され、1992年以来、第一・第二処分場あわせて200万㎥に及ぶ管理型廃棄物が埋め立てられています。
ところがこの「不透水性岩盤」の底から、高濃度塩化物イオンを含む保有水が漏洩していたのです!
千葉県は2006年8月2日「保有水浸出の原因究明」「保有水の浸出防止対策」「改善が確認されるまでの間埋立て処分の停止」を事業者に勧告しました。事業者はNPO日本地質汚染審査機構に浸出原因の究明と防止対策の追求を委託。その結果が、2007年11月21日、千葉県環境生活部廃棄物指導課より地元に説明されました。
 漏洩の原因究明結果=第二処分場の一部にある三つの透水性地層を通して保 有水が漏洩していることが判明した。
漏洩対策=漏洩する保有水を汲み上げて浄化するための井戸四八本による揚水を開始。
 今後の対応=井戸列揚水を恒久的な対策として、処分場の廃止基準を満たすまで維持管理を実施させる。第一処分場についても、第二処分場と同様に漏洩に関する調査を実施させた上で、必要な対策を講じさせる。

 このあと、千葉県は2007年12月14日、一方的に第三処分場の変更計画申請を許可しました。

 漏洩の全貌はまだ掴めていません。漏洩を完全に止める方法も掴めていません。それなのに、危険な汚染物質をいっぱい含んだ廃棄物がさらに30万㎥も、運び込まれるのです。
どうしたらいいか、みんなで考えようではありませんか!


  「大塚山処分場の漏洩問題の解決を求める
  第一回市民集会」

日時  2008年3月29日(土)午後1時30分~4時
会場  富津市市民会館大ホール(JR上総湊駅より徒歩5分)
内容  1.講演 「漏洩の原因と対策」「漏洩の危険と環境保全」
     2.パネラー 日本環境学会 坂巻幸雄先生 (地質学)
              千葉工業大学 八尋信英先生 (化学)
              千葉県廃棄物指導課
       参加   富津市経済環境部環境保全課
、      要請中 大平興産(株)、NPO法人理事楡井久氏
            環境省関東地方環境事務所
主催
   「大塚山処分場の漏洩問題の解決を求める市民集会」実行委員会
   (天羽の水を守る会・和蔵酒造・小泉酒造・天羽高校教員組合、
   大佐和まちづくり懇話会・グリーンネットふっつ有志・金谷自然を守る会
   小櫃川の水を守る会・残土産廃問題ネットワークちば・ほか)


next page
top page
menu page