next page
top page
menu page

大塚山処分場漏洩問題の解決を求める
    第一回市民集会
開かれる  
   


   2008年3月29日13:30〜16:45 
   富津市民会館 ホール


 富津市大塚山管理型廃棄物最終処分場から保有水が漏洩したことによって、千葉県は2006年8月2日「原因究明」「浸出防止対策」「埋立て処分の停止」を勧告しました。この勧告に基づいて事業者はNPO日本地質汚染審査機構に委託し原因の究明と漏洩対策を進めその中間結果について、2007年11月21日、千葉県環境生活部廃棄物指導課より地元住民に対して説明しました。ところがその後事前の予告もなく12月14日に第三処分場の1部を切り離して先行埋め立てをおこなうとして30万m3の変更申請を許可をしたことから、地元不安が広がりました。天羽の水を守る会、小櫃川の水を守る会、残土・産廃問題ネットワークちばの呼びかけにより10団体が集まり、この問題をもっと多くの市民で考えようと協議し市民集会を開くことを決めました。2月7日実行委員会が発足し、その後9回の準備会を開き、3月29日に下記のように集会が開かれました。

日時:2008年3月29日(土)午後1時30分〜4時45分
会場:富津市市民会館大ホール
主題:「漏洩の原因と対策」「漏洩の危険と環境保全」
参加者 :日本環境学会 坂巻幸雄氏
     千葉工業大学 八尋信英氏
     千葉県産業廃棄物指導課 澤地義雄氏  吉原博邦氏
     富津市経済環境部環境保全課 鹿島弘巳 氏
     来賓として県会議員、市議会議員、弁護士、市民など90名を超える市民が質疑等に参加しました。

日程
13:30〜13:40 開会 委員長挨拶
13:40〜14:10 実行委員会基調説明 プレゼンテーション使用
14:10〜15:00 パネラー自己紹介 3名×15分
15:20〜15:30 休憩 質問票回収 
15:30〜16:30 ・会場質問にたいする回答
・再質問討議
・最後にパネラーから一言
16:30〜16:45  コーデイネイターのまとめ 

集会の最後に、「声明」を出し、今後実行委員会として行動していくことを確認しました。

   声明=大塚山処分場漏洩問題に、
     市民が納得できる根本解決を。

 富津市高溝・大塚山管理型廃棄物最終処分場の、不透水性岩盤の底から保有水が漏洩したことは、富津市民の信頼を突き崩す衝撃的な出来事でした。
千葉県は2006年8月2日「保有水浸出の原因究明」「保有水の浸出防止対策」「改善が確認されるまでの間埋立て処分の停止」を勧告。この勧告に基づいて事業者が委託したNPO日本地質汚染審査機構による浸出原因の究明と防止対策の追求結果が、2007年11月21日、千葉県環境生活部廃棄物指導課より地元住民に対して説明され、さらに同年12月14日、地元住民に説明なく第3処分場の変更計画が許可されました。
 この経緯を受けて本日第1回市民集会を開催した「大塚山処分場の漏洩問題の解決を求める市民集会」実行委員会は、事業者および関係機関に対して以下のことを要請します。
@漏洩原因の究明と対策について
第2処分場からの漏洩の規模・経路が明らかではなく、根本原因も十分に解明されていない。第1処分場の漏洩についても未解明である。しかも千葉県および事業者は、暫定的な揚水対策を恒久的な対策として、根本対策を放棄している。
許可権者である千葉県および事業者は、原因究明と漏洩対策に関するすべての情報と処分場現場の実態を市民に開示し、根本的な漏洩防止対策を実施すること
A埋立て許可による危険増大の阻止について
第3処分場の変更申請の許可条件に、第2処分場の漏洩対策費用捻出の項目が入っている。対策費捻出のために、今後も、次々に変更申請が許可されることが懸念される。新たな埋立ては、第2処分場の漏洩にかかる負荷を、大きくする危険性がある。
千葉県は漏洩問題が根本的に解決するまで、第3処分場の埋立を凍結すること。
B徹底的水質調査の実施について
すでに産廃処分場排水口下流には水生昆虫など生物が見られず、高宕川にアユが遡上しなくなっている。
ホウ素や高濃度の塩化物イオンなどを含む排水が、農業・漁業・人体にどんな影響をもたらすか。千葉県は、高宕川および湊川流域に対しての徹底的な化学的・生物的水質調査を継続実施すること。
C許可条件の見直しについて
千葉県は大塚山処分場が透水係数10
マイナス7乗 cm/sec以上の不透水性岩盤であるから遮水シートは不要として許可したが、10-3乗〜10-4乗cm/secの透水性地層が露出していた。
千葉県は国に対し、現行の不透水性岩盤を理由にした遮水シート不使用の管理型処分場設置許可省令について、見直しを求めること。

         2008年3月29日
      「大塚山処分場の漏洩問題の解決を求める市民集会」実行委員会
 

next page
top page
menu page