top page
menu page

大塚山処分場漏洩問題の根本的解決を求める
市民集会の要請

千葉県知事 堂本暁子様
                           2008年4月17日
   大塚山処分場漏洩問題の根本的解決を求める市民集会からの要請。
                  
 去る2008年3月29日に行われた「大塚山処分場の漏洩問題の解決を求める第1回市民集会」に、廃棄物指導課職員派遣のご高配を賜り、ありがとうございました。
当日、廃棄物指導課職員澤地義雄氏を交えて行われたパネルディスカッションおよび集会に参加した市民との意見交換に基づき、「大塚山処分場の漏洩問題の解決を求める市民集会」実行委員会は、貴職に下記の件を実施してくださるよう、要請します。

@漏洩原因の究明と対策について
 第2処分場からの漏洩の規模・経路が明らかではなく、根本原因も十分に解明されていない。第1処分場の漏洩についても未解明である。しかも県および事業者は、暫定的な揚水対策を恒久対策としている。許可権者である千葉県および事業者は、原因究明と漏洩対策に関するすべての情報と処分場現場の実態を市民に開示し、根本的な漏洩防止対策を実施すること。

A埋立て許可による危険増大の阻止について
 第3処分場の許可条件に、第2処分場の漏洩対策費用捻出の項目がある。対策費捻出のために、際限なく変更申請が許可されるおそれがある。新たな埋立ては、第2処分場の漏洩にかかる負荷を、大きくする危険性がある。千葉県は平成19年12月14日付けの第3処分場変更許可を凍結すること。

B徹底的水質調査の実施について
 すでに産廃処分場排水口下流には水生昆虫など生物が見られず、高宕川にアユが遡上しなくなっている。ホウ素や高濃度の塩化物イオンなどを含む排水が、農業・漁業・人体にどんな影響をもたらすか。千葉県は、高宕川および湊川流域に対しての徹底的な化学的・生物的水質調査を継続実施すること。

C許可条件の見直しについて
 葉県は大塚山処分場が透水係数10ー7cm/sec以上の不透水性岩盤であるから遮水シートは不要として許可したが、10ー3〜10ー4 cm/secの透水性地層が露出していた。
千葉県は国に対し、現行の不透水性岩盤を理由にした遮水シート不使用の管理型処分場設置許可省令について、見直しを求めること。

 

top page
menu page