top page
menu page

「大塚山処分場の漏洩問題の解決を求める
第2回市民集会」

  「大塚山処分場の漏洩問題の解決を求める市民集会」第2回集会
   日時:2008年11月22日(土)午後6時〜9時
   会場:富津市峰上公民館ホール
   講師:日本環境学会 坂巻幸雄氏
       (オブザーバー参加)富津市環境保全課
 たいせつな湊川を守るために、みんなで考えよう!みんなで話し合おう!
 主題 「漏洩問題の解決を求め、富津市の飲料水、川、海を考えよう」
     「漏洩原因と対策」「漏洩の危険と環境保全」
日程
18:00〜18:05 開会宣言(山田周治)
18:05〜18:10 開会挨拶(登坂幸子)
18:10〜18:20 招待者紹介(山田周治)
18:20〜18:40 基調報告(鈴木紀靖)
18:40〜19:40 司会・コーデネーター(山田周治)   
      パネラー 藤原寿和氏(残土・産廃ネットちば)  
            坂巻幸雄氏(日本環境学会) 
            御簾納照雄氏(小櫃川の水を守る会)
            小柴雄三氏(湊川漁業組合員)
            牧野安雄氏(宇藤原住民)
            八尋信英氏(千葉工大)意見代読
19:40〜19:45 入会とカンパのお願い(金井珠美)
19:45〜19:55 休憩
19:55〜20:25 会場からの質問 → パネラーの回答
            質疑・討議・意見交換
            パネラーのまとめ(藤原)
20:25〜20:45 各団体からのアピール
            (天羽・田倉残土・金谷・鬼泪山) 各5分内                               20:45〜20:50 本集会アピール(5分)
             閉会宣言

●各パネラーの発言の柱
 坂巻幸雄氏(地質学の立場から)
現地の地層を概観して推察できること。
地質的に、策2処分場での他箇所の漏洩可能性。
第1処分場での漏洩問順。
第2処分場の漏洩対策は、本当に大丈夫か。
揚水対策の他に、根本的な防止対策は取れないか。
30年で安定するというのはどういうことなのか。
もし大きな地震が来たら、どんなことが起こるか。

 藤原寿和氏(環境市民運動の豊富な実績から)
第3処分場は本当に心配ないだろうか。
遮水シートは50年もっといっているが実態は。
ほかの処分場のようにもし破れたら、漏洩するか。
漏洩すれば、第2処分場と同じ問題が起こるのか。
現場にもっと市民が入って監視できるようにすぺき。
市民と県・市と会社が協働で問題解決に取り組むべき。
法律が悪いのなら、変えさせなければいけない。

 御簾納照雄氏(化学の専門家・環境運動家の実績から)
水質調査から見える排水の内容。
水質調査データは何を語っているか。
水生生物と水質の関係。
日常的な水の監視をしよう。
処分場の水質汚染実例。

 牧野安雄氏(宇藤原の農民としての実感と心配)
第1処分場では何が行われていたか。
むかしの高宕川、いまの高宕川。
大平興産が来てからの、高宕川の変化。
水生生物がずいぶん減ったのは、汚染されたからか。
排水の塩化物イオンやホウ素は稲作に影響はないか。など。

 小柴雄三氏(湊川内水面漁協組合長の立場から実感的に)
湊川アユ放流の実態。
湊川における天然アユと放流アユ。
湊川の上流域からアユが消えた。
高宕川の川底の石から苔が消えた。など。

●経緯  
・2005.11.07  下流観測井戸の異常
・2006.08.01  千葉県が「地元住民説明会」
・2006.08.02  千葉県が「搬入停止勧告」
・2006.09.13 環境団体が知事に緊急要請書提出
・2006.09.21  事業者が「第3 処分場変更許可申請」
・2006.09.23 環境団体が排水口からホウ素検出
・2006.10.02  事業者が原因究明計画書の提出
・2006.12.07 地元住民が第3処分場反対の意見書提出
・2006.12.27  富津市長が「第3 は望ましくない」と県に回答
・2007.01.17  県専門委員会原因調査の中間報告
・2007.03.23  県専門委員会原因調査結果報告
・2007.06.14  県専門委員会事業者が結果報告
・2007.08.02  井戸列揚水による対策開始
・2007.10.24  専門委員会に揚水対策の中間報告
・2007.11.21  千葉県が峰上地区地元説明会を開催
・2007.12.14  第3 処分場の変更申請について許可
・2007.12.27 千葉県知事に抗議並びに要請
・2008.02.07 「大塚山処分場漏洩問題の解決を求める集会」準備会発足
・2008.03.29 第一回市民集会開催 富津市民会館 千葉県・富津市参加
・2008.04.17 千葉県廃棄物指導課へ第3処分場凍結を要請
・2008.04.30 大平興産(株)山上社長へ市民見学会要請
・2008.05.17 大塚山漏洩問題学習会
・2008.07.07 NPO法人日本地質汚染審査機構理事長 楡井久氏へ要請
・2008.08.29 大平興産(株)市民集会実行委員の処分場見学会(29名)
・2008.09.18  千葉県廃棄物課が「第3処分場の完成検査」
・2008.10.14  大平興産( 株)が千葉県の指示で住民説明会を開催
・2008.10.16  千葉県廃棄物指導課が「第3処分場の搬入を許可」

声明
 安心・安全な湊川流域を取り戻すために、大塚山処分場汚染問田の根本的解決を追求しよう
富津市・大塚山管理側廃棄物最終処分場には、すでに200万uもの危険底廃棄物が埋め立てられ、放流口からは、毎日毎日、数百トンもの汚れた排水が、高宕川に流され続けています。
 第2処分場で汚染水の漏洩が発生し、根本的な解決策ではなく、応急処理の揚水対策が恒久的に続けられることになりました。第1処分場からも漏洩していることが発覚し、調査が進められています。処分場維持管理費確保を条件に搬入が許可された第3処分場の遮水シートも、破捜の恐れがあります。地下水が汚染される危険は、ますます大きく私達住民の上にのしかかってきます。
 このような危険を、私達は受け入れるわけにはいきません。湊川流域の地下水と流れを汚染から防ぎ、安心・安全な生活を守ることは、誰も侵すこしとのできない、私達住民の'当たり前の権利なのです。そして、このような「負の遺産」を子孫に残さないことは、私達世代の当然の義務でもあるのです。私達は、この当たり前の権利を守るために、当たり前の要求をしていこうではありませんか。
@汚水の漏洩場所と内客を完全に突き止めること。
第2処分場では他にも漏洩している可能性があります。第1処分場では漏洩箇所も漏洩規模も全く分っていません。すべてを突き止めなければ、完壁に防ぐことは不可能です。
A応急的な漏洩対策ではなく、根本的な防止対策を行うこと。
揚水が止まれば、即、汚染は拡散します。万一の事態が発生しても、汚染が地下水に絶対拡散しない、根本的な対策を講じなければ、漏洩問題が解決したとはいえません。
B漏洩間題が完全に解決するまで、第3処分場への搬入は停止すること。
遮水シートのもろさは事実が示しています。破損すれば漏洩は必ず起きます。漏洩問題が根本的に解決できるまで、現在の漏洩箇所にさらに大きな負荷をかけてほなりません。
C問題解決に必要な情報は、行政も企業も自発的に公開すること。
また住民側が必要に応じていつでも自由に構内に立ち入って、調査やサンプリングを行えなけれぱ、事実を正確に捉えて、正しい解決にたどり着くことができません。
D住民も参加するプロジェクトチームで、解決策を見出していくこと。
事業者に任せ、責任を負わせるだけでは根本的な解決策を見出し、実施することは不可能です。私達住民と行政と専門家(土木学会・廃棄物学会・地盤工学会など)と事業者(大平興産・処分場建設業者など)によるプロジェクトチームで問題を追求し、根本的な解決策を探し出し、実施することが必要です。
E住民に負の遺産を押しつける法律とその運用を、改正すること。
私達住民が苦しめられている最大の原因は、危険な廃棄物を人口の少ない山間地域に、なるべく経費をかけずに埋めることを狙った国の法律と、それを杜撰に運用した県行政にあります。廃棄物を出す企業にもっと責任を持たせ、住民に負の遺産を絶対に与えない法律に改正し、それを行政に忠実に運用してもらわなければなりません。
 いま全国で、私達と同じように問題の解決に立ち上がった住民達が、一歩一歩着実に前進しています。私達もみんなと手を携えて、命の水を守るために、歩き始めましょう。
 たいせつな湊川を守るために、みんなで考えよう ! 
  みんなで話し合おう !


top page
menu page