top page
menu page

湊川上流の大平興産興産大塚山処分場の見学会

    「大塚山漏洩問題の解決を求める市民の会」 2013.08.24実施
 湊川上流の大平興産大塚山処分場の見学会について 

大平興産(株)の大塚山第三処分場拡張申請し対し、今年2013年6月11日千葉県が受理していたことが判明しました。(許可はまだされていません審査はこれからになります)
 その内容は 
埋め立て面積 67,514平方メートル
埋め立て容積 862,178立方メートル
埋め立て期間 平成26年7月31日〜平成38年7月31日(12年間)

 事業者の地元説明会次のように予定しています。
 8月12日(月)天羽地区議員説明会
 8月26日(月)関豊シニア館、8月27日(火)峰上公民館で住民説明会
 8月30日(金)全市市議会議員、漁業組合など他団体説明会

 湊川上流の大平興産管理型処分場の第二処分場(200万m3)は、2006年に漏洩が発覚し現在も続いています。千葉県は2007年12月に第三処分場(32万m3)を許可し、2011年から放射性廃棄物の搬入が行われています。千葉県は2011年11月第三処分場拡張申請に対し、「漏洩のあることは無視できない」として事業者の申請を受理してきませんでした。
 事業者は2012年9月から「追加対策」工事と称して@仕切り壁設置A漏洩する火山灰層への遮水シート敷設B目詰まり対策工事をするとしている。
 しかしこの工事で漏洩が本当に止まるのか、新たな危険はないのか、この対策で本当に充分なのか? 今、漏洩箇所の廃棄物を大量に掘りおこして透水性地層に遮水シートを貼る工事をしていますがどの範囲まで行うのか、周辺環境に影響がないか、地元住民に不安があります。
 
 今年6月19日、「大塚山処分場の漏洩問題の解決を求める市民の会」(構成団体は天羽の水を守る会・小櫃川の水を守る会・残土産廃問題ネットワークちば等)は、許可権者としての千葉県に、大規模追加対策工事について地元説明会を要請しました。しかし県廃棄物指導課は「追加対策は事業者がやるものだから事業者が説明すべきものである」「県は審査する立場にあるので住民説明はしない」と回答しました。地元住民には新たな計画については広く知らされていません。
 
 事業者に「遮水シートを貼る工事の見学」を申し入れたところ認めました。ついては次の通り見学会を実施いたしますので是非ご参加ください。
 日時 2013年8月24日(土)午前10:00〜12:00
 場所 富津市関709番地 大平興産(株)大塚山処分場 電話0439-68-1110
     事務所前に集合 10:00 ご参加の方は前日まで下記へご連絡ください 
       大塚山漏洩問題の解決を求める市民の会
        登坂幸子 090−5205−0601
        安田貞夫 0439−68−1562
        鈴木紀靖 0439−65−2362

 2011年10月24日撮影

 

top page
menu page