top page
menu page

大平興産(株)大塚山第三処分場の増設許可の
取り消しを求める緊急アピール (2014.04.06)

 大平興産(株)大塚山第三処分場の増設許可に対する許可取り消しを求める
    緊急アピール      (2014.04.06)

 2013年6月11日、大平興産(株)は、漏洩している第二処分場の上に第三処分場増設を申請しました。(容積86万立方メートル、埋め立て期間中12年間)
 2014年3月27日千葉県知事は、富津市民、富津市議会、富津市長の要請を無視して不当な許可をしました。この不当な許可の取り消しを求める緊急アピールをさせていただきます。

 2013年9月25日、富津市議会は住民団体からの陳情を受け、「漏えい対策の徹底と第三処分場の拡張計画に反対する意見書」を全議員一致で採択し、千葉県知事に意見書を提出しました。また同年10月4日、富津市長は千葉県知事からの意見照会に対し、「容認は難しい」と回答しています。

 富津市議会が全会一致で採決した意見書の趣旨には次のように述べられています。「富津市湊川上流域大塚山にある大平興産(株)の産業廃棄物処分場の第二処分場については漏洩「追加対策工事」が行われていますが漏洩が抑えられたと判断できる状況ではありません。優先すべきは漏洩対策の徹底でありますので、その処分場の上に第三処分場の増設を許可しないよう要請します。湊川の水は農業用水として利用されており、アユの放流も行われ、また河口では漁業・海苔の養殖などが行われ地元産業の貴重な水資源となっており、湊川は絶対的に保全しなければなりません。
. 漏洩している第二処分場は不透水性岩盤を利用した遮水シートを敷かない処分場です。2006年8月高濃度の塩化物イオンが観測井戸から検出され、千葉県は搬入を停止させ、事業者に原因究明と対策の実施を求めました。原因は「省令の定める不透水性岩盤でなかった」ことがわかりました。 その後、現在までの6年間「揚水対策」を行いましたが漏洩は止まらず現在に至ります。

 新たに始めた「追加対策」工事は、「仕切り壁設置」「kd38層への遮水シート敷設」「下流部の目詰まり」の3つを行うとしています。しかしこの対策で本当に止まるのか懸念があります。また漏洩している第二処分場の上に86万トンの増設をすることは新たな負荷をかけるのではないか懸念されます。第三処分場の増設許可をしないよう要望します。」として本処分場の問題点の対応に県で責任を持って処理するよう要請しています。

 当処分場には2011年福島原発事故以来、放射性廃棄物の埋め立てが「8万4000トン」行われており、搬入中止を求める署名は天羽地域で4,300筆知事に提出されています。
 2013年夏には放流水をポンブアップして米を作っている住民の田圃の稲の生育に異常が発生しました。富津市の調査で放流口の塩化物イオンが8,100 mg/l、大平興産(株)の田圃の土壌調査で電気伝導率が222mS/mであったことが判明しています。

 第一処分場の漏洩についても懸念があります。大平興産の報告では、「第一処分場と第二処分場の間に不連続性はなく」「各火山灰層において塩化物イオンが検出された」と報告されていることが判明しています。しかし千葉県の調査データは公表されていません。本件処分場計画は環境に与える影響が大きくこのまま操業を容認することはできません。

 今後とも許可処分の取り消しを求めて運動していく所存です。皆様のご支援ご協力をお願いして緊急アピールとさせていただきます。 

    2014年4月6日
         大塚山処分場の漏洩の解決を求める市民の会  代表 登坂幸子
 
top page
menu page