next page
top page
menu page

23.田倉産業廃棄物処分場建設差し止め裁判

千葉地裁木更津支部に提訴 5.15
原告142名・弁護士8名

申立住民のアピール

  田倉産業廃棄物処分場建設差し止め裁判に
                 支援協力を求めるアピール


 日頃は地域の環境の破壊に関心を持ち真摯に取り組みをされているご参加の皆さんに対し深く敬意を表します。
 さて、富津市田倉産業廃棄物処分場建設反対については多くの皆様のご理解ご協力をいただきましてありがとうございます。私たちの差し止め裁判に支援をいただきたくアピールをさせていただきます。
 本日(5月15日)、富津市田倉産業廃棄物処分場建設差し止めの請求訴訟を原告者142名、訴訟代理人(弁護士)8名で千葉地方裁判所木更津支部に提訴しました。
 この産廃処分場計画地は、富津市田倉のマザー牧場の南側の湯ノ谷にダンプ約10万台の廃棄物を埋め立てる安定型処分場です。設置された場合その影響は広範囲に及びます。近隣区民は、現在市営水道がなく多くの住民が井戸水を飲料水としておりますので地下水の汚染が一番心配です。また計画地下流の恩田川・湊川の水は農業用水、アユの放流、河口では漁業・海苔の養殖などが行われ地元産業の貴重な水資源となっています。湊川は将来水道水の水源(現在は停止)であり絶対的に保全しなければなりません。また湊川に沿った道路と搬入路林道は通学路・生活道路であり、運搬中の廃棄物の飛散・悪臭、交通災害が懸念されます。計画地は恩田川の最上流部にあたり降雨量の多いときは、山林崩壊など近隣の住民への影響も心配です。
 昨年2月事業者が工事に着手したため、同年3月12日地元住民247名は千葉地方裁判所に建設差し止めを求めて仮処分裁判の申立をしました。その結果7回の審尋を経て、本年(2002年)2月18日、千葉地方裁判所は有限会社浅野商事(本社・木更津市)に対して、この場所での「処分場の建設、使用及び操業をしてはならない」と決定しました。同裁判所は、処分場近くに居住する6名の債権者について、「汚染された地下水が井戸水に流入することで、健康被害を受けるがい然性は極めて高い」「侵害の防止を事後的に阻止することは物理的、経済的に極めて困難」であり「健康への被害のおそれが永続的に継続する」として、現状保全の必要性を認めました。この決定によって、処分場の建設工事は全面的に禁止され現在工事はストップしております。
 この決定を不満として事業者は、去る4月11日、本訴を望んで「起訴命令の申立」をしました。私達は、弁護団と協議して、「建設・操業の差し止め」の判決を求めて本訴で闘う決意をいたしました。私達は4月末から仮処分の債権者を中心とする原告団を結成して本訴の準備を進めてきました。本裁判は債権者だけでなく、新たな市民の皆様の参加が可能です、是非本裁判への積極的参加を訴えるものです。また原告となることが不可能な方にも是非次の点でご協力いただきたくお願いする次第です。

 * 現地見学会に参加して下さい。
 * 裁判で活用できる調査資料等提供して下さい。
 * 裁判所へ設置反対決議・要請署名に協力して下さい。
 * カンパによる支援要請に協力して下さい。

 きれいな水と空気を享受する権利は私たち一人一人の権利に止まらず、次の世代に引き継ぐ財産でもあります。私たちの生命・財産・環境に対する危険性の高いこの産廃処分場の設置を止めるため、皆様の一層のご理解を賜り、暖かいご支援ご協力を切にお願い申し上げアピールとします。
    
    2002年(平成14年)5月15日
       田倉産業廃棄物処分場建設差止裁判申立住民 
           天羽の水を守る会 代表 安田 貞夫     

next page 公判に向けての交流集会 
top page
menu page