top page
menu page

最高裁で差し止めとなった安定型処分場跡地に
管理型が出来るって本当 ?!

 富津市田倉の「安定型」処分場計画地に、今度は「管理型」処分場の計画が持ち上がっています。最高裁判所が認めなかったから、どんな処分場も建設されるはずはないと思っていました。私達は去る4月18日富津市民会館にて田倉処分場差し止め裁判を担当した弁護士の話を聞きました。


安定型処分場 最高裁で差し止めが確定

 田倉のに計画された安定型処分場については、住民が差し止め訴訟を提起し、2005年(平成17年)5月12日に千葉地裁(木更津支部)で住民勝訴判決。その後、東京高裁を経て、2009年7月4日に最高裁で住民勝訴が確定しています。

判決は、処分場予定地の地層と地下水について次のように言っています。

*予定地の地層には、透水性の比較的高い帯水層が存在する。
*地下水の流動は、地層の傾斜方向に限らないし、地下水の意向経路として地層中のクラック(割れ目)等も 考えられる。
*処分場に入った雨水等の水が漏れれば、帯水層や地層中のクラック等の意向経路を通じて処分場外へ拡散される。
*処分場周辺の住民の井戸等は、漏出した汚染水の影響を受ける蓋然性があり、それを飲む住民には、生命、身体(健康)を害する危険性がある。

管理型処分場の予定地は、安定型処分場と全く同じ場所です。

 処分場の仕組みは違っても、地層と地下水は同じです。万が一、有害物質に汚染された水が汚れだしたら…周辺住民は黙って見ているしかないのでしょうか。
判決は、こう言っています。

*本件訴訟は、住民の身体的人格権に基づく差し止め請求であり、処分場から漏出する汚染水により、生命健康に影響が及ぶのを阻止しようとするものである。
*本件処分場は、水源地に設置を予定された埋立量の多い大規模な処分場であり、ひとたび有害物質が地下に浸出して汚染が拡散し、人体に悪影響が発生した場合には、その被害を回復し、拡大を止めるのは著しく困難であるから、本件処分場を建設する前に妨害排除の予防請求をする要請は強く、被告の財産権を制限しても、本件処分場の建設、使用、操業については、事前にこれを差し止める必要があると認められる。

管理型処分場とはどんな施設か?

 管理型処分場は、「特別管理廃棄物(埋立禁止)」及び「特定有害廃棄物(遮断型処分場へ)」外の廃棄物は何でも入れられます。燃えがら、汚泥、鉱さい等、重金属やダイオキシンなどの汚染物質を含んだ廃棄物も埋められることになります。そこで汚染物質が処分場外へ漏出するのを防ぐために、廃棄物の下に敷く遮水シートや汚水処理施設が設けられます。

遮水シートって、何?

 処分場に降った雨等は、埋められた廃棄物を通り抜ける間に、廃棄物に含まれた有害物質が溶け出して汚染されることになります。この汚染水が地下に浸透しないように設置されるのが遮水シートです。

汚水処理施設って何?

 処分場の中の汚染水を集めて処理し、場外に基準値以下の水を排出するための施設です。この処理は、環境基準を下回るまで、埋立完了後も続けなけれぱならないこと1こなっています。

事業者の経済的基盤

 管理型処分場は、人体に有害な物質が多く埋立てられる処分場であるため、施設を十分に管理できる経済的基盤が必要です。事業者の経済的基盤が弱い場合、汚水漏出を防止する施設の管理ができず、汚水が処分場外に漏出する危険があるからです。

汚染物質漏出事故

 千葉県では、八千代市が建設した一般廃棄物管理型処分場で、遮水シートが破れて有害物質が処分場外に漏出するという事故が起きており、また富津市の太平興産が建設した管理型処分場からの漏出事故が起きています。このような遮水シートの破損事故や、これに伴う汚染物質の漏出が、各地で報告されています。

op page
menu page