top page

田倉の管理型産廃処分場計画業者が撤回を表明

5月29日報告会


四千の署名を県に提出


 昨年2月、最高裁で建設を否決された田倉の安定型処分場計画地に、今度は管理型処分場の建設計画が浮上しました。
 地元住民を中心とする連絡会が発足し、千葉県や富津市への要請や反対署名を提出してきましたが、このたび業者富津興産(株)が採算性を理由に計画の撤回を表明したことが判明しました。

撤回までの経過
 2010年 1月  田倉地区に業者から建設計画の申し入れ
   2月 5日  会員14名が、県に出向いて内容を聞く。
   4月18日 管理型の危険性について、弁護士を招いて学習会を開催。
   6月 8日 富津市議会一般質問、市長は「最高裁の判決を評価する」と答弁。
  6月〜12月 千葉県と富津市へ地元地区要請署名提出
            千葉県知事に 4,187筆
            富津市長に   4,138筆
  2011年2月 事業者が千葉県・富津市に計画撤回の表明

県や市の規制強化を !
 計画地周辺住民は、井戸水を引用しています。このような場所への産廃処分場計画は、住民の生命と健康を、根本からおびやかすものです。
 二度とこのような不安な、苦しい闘いをしなくてもすむよう、県や市の規制を強化してほしいと思います。

 報告集会を行います
 当初3月に行う予定でしたが、「東日本大地震」により当地域の交通・通信・電気の異常のため延期となり、今日に至りますが、下記のように行ことになりましたのでご参加下さい。尚、「鬼泪山国有林山砂採取反対運動の報告」と併せて「田倉管理型処分場建設反対運動の報告会」を行いますのでご案内いたします。

  日時: 2011年5月29日(日)午後1:00より 

  場所: 富津市東大和田 興源寺
       お誘い合わせてご参加下さい。鬼泪山国有林を守る市民の会と合同で行います

主催団体: 「田倉管理型処分場計画に反対する連絡会」 代表 安田貞夫
        「鬼泪山国有林を守る市民の会」会長 岩崎二郎 

                  

 連絡会への参加団体: 

  • 天羽の水を守る会
  • グリーンネットふっつ
  • 金谷自然を守る会
  • 小櫃川の水を守る会
  • 水と緑を守る会
  • 鬼泪山の国有林を守市民の会
  • 残土産廃ネットワーク千葉
富津市と浦賀水道のマップ
  計画地は上總湊駅から関尻に向かい現地まで車で約 15分です
模型 管理型処分場計画地
  計画地の富津市田倉湯ノ谷。 周辺住民は井戸を使用しています。右上はゴルフ場です。


top page