next page
top page
menu page
what's new

17 建設差し止めの仮処分申請
(2001.3.12)

県庁前吹き抜けを通り裁判所へ向かう原告の写真
県庁前公園から千葉地方裁判所へ向かう申立人の一行。  申立人=247名。代理人・復代理人=弁護士総勢36名

千葉地方裁判所に建設差止仮処分を申立て

 皆様の暖かいご支援ご協力により2001年3月12日田倉・恩田寺尾・東大和田区等の地元住民は(有)浅野商事を債務者として千葉地方裁判所に「富津市田倉産業廃棄物最終処分場建設差し止め」と「仮処分命令申請の申立」をいたしました。債権者(申立人)は合計で247名、代理人(弁護士)が36名となりました。
 債権者は@飲料水で影響を受ける方 A農業用水で影響を受ける方 B漁業で影響を受ける方 C道路生活環境で影響を受ける方々です。そのうち地下水のみに頼っている方が123名、水道地下水併用の方が45名、農業用水で影響を受ける方が100名近くになります。そのほか表流水が川に流れることによって影響を受ける漁業の方、それ以外でも道路生活環境で影響を受ける方々も申立てをしました。
 弁護士は、千葉の弁護士が代理人(6名)になりますけれど、全国でゴミの問題を取り組んだ弁護士さんが北は仙台から南は福岡まで代理人として付いてくれることになり復代理人として登記されることになり総勢36名の大規模な弁護士団となりました。

仮処分申立の理由(要旨)

1、浅野商事の産廃処分場は安定型処分場です。安定型処分場からは環境庁の調査によっても多数の処分場から水銀、カドミウム、鉛、ヒ素などの重金属が検出されている。安定五品目から有害物を分別することは、事実上不可能であり処分場から流出する水質汚染は必至である。

2、至近距離には地下水や河川の水を使用している人が多く、水が汚染されれば直ちに命や健康に重大な被害が発生する。また農業用水の汚染、大型車両の通行による粉塵や交通災害の危険性等、地元住民の生活が著しく害される。

3、地元住民の多数が処分場の設置に反対し、富津市議会も設置に反対する立場をとっている。 千葉県は、事業者が富津市と協定を結ぶことを条件として許可したが、事業者が許可条件を充足しないまま伐採工事を着手したので、許可処分を取り消した。これに対し国は「第三者の意思 を条件とすることは法律に違反する」との形式的判断をもって「許可処分の取り消し」を「取り消し 」た。これは安定型処分場の危険な実態と地元の意向を全く無視するものであった

4、事業者は安定五品目以外の品目を一切埋め立てないとの具体的方策を全く示さないまま、地 元住民の意向に反して本件処分場の建設工事着工を強行した。

5、債権者(申立人)のみならず多くの住民は本件処分場の設置・操業に反対して続けてきたが法 的手続きに訴える外はないと決意し、本件の申立に至った。

next page
top page
menu page
what's new