next page
top page
menu page

差し止め裁判勝利判決報告集会

 6月12日富津市峰上公民館にて勝利報告集会が開かれました。弁護士6名証人研究者、県会議員、市議会議員、環境保護団体、地元原告住民などが集まりました。弁護団から「判決内容と今後の課題」について発言があり、最後に住民原告団からは次のようなアピールが行われました。

 田倉産業廃棄物処分場建設差し止め裁判に
                    支援協力を求めるアピール

 日頃は地域の環境の破壊に関心を持ち環境を守るため真摯に取り組みをされている皆さんに対し深く敬意を表します。
 去る5月12日、千葉地裁は田倉の産廃処分場建設差し止め訴訟で原告住民の訴えを認め、業者側に「本件産廃処分場を建設、使用、操業してはならない」と申し渡しました。この裁判は原告142名が、本件産廃処分場は危険なので、事前の差し止めを求めて提訴したものです。
 判決は、「本件処分場は水源地に設置を予定された大規模な処分場であり、ひとたび有害物質が地下に浸出して汚染が拡散し人体に悪影響が発生した場合には、その被害を回復し拡大を止めるのは著しく困難である」とし建設禁止を申し渡しました。これは、本件処分場の危険性を真正面から認めたものであり千葉県でも初めての画期的な判決です。私たちは裁判所に6,500筆を超える署名を提出し、差し止めの判決を求めてきました。裁判傍聴や支援カンパなど多くの皆様のご協力に心より御礼申し上げます。
 判決は、「安定五品目の中には、有害物質が混入することは不可避である」とし、埋立量は大型車両が98000台余りに及ぶ大規模なものであり、たとえ微量であっても一か所に集中的に有害物質が蓄積されることになるから、「人々の健康に影響を及ぼさないとする被告の主張は採用出来ない」としました。また地下水の挙動については「地下水は傾斜方向に流れるとは限らない」「地層中のクラックあるいは水みちを通じて処分場外へ拡散することが認められる」と明言しました。原告の多くは地下水を飲料水として生活している地域です。判決はいったん汚水が流れると井戸に混入し、飲料水の汚染により身体健康に被害が及ぶと明確に述べました。
 被告は、「簡易水道」「公営水道」という代替設備があるから、原告は井戸水を飲まなくてすむと主張しました。判決は、本件処分場の北側に設置された簡易水道井が埋立終了した後も、「本件処分場の廃棄物による影響を全く受けない」とは断言できないとしました。また、公営水道についても、「原告の中には公営水道延長計画の対象区域外」の者もおり、「被告の延長工事実施についても市が承諾したものではない」として簡易水道、公営水道は代替設備と認めることはできないとしました。 
  私たちは被告がこの判決を真摯に受け止め、本件処分場の建設を取りやめ、控訴を断念するよう求めてきましたが、去る5月26日被告は判決を不服として東京高等裁判所に控訴しました。このような事態を受け5月31日、勝訴した7名以外の原告87名は健康被害の発生する蓋然性の認定を求めて控訴手続きを行いました。今後は東京高等裁判所に舞台が移りますが、私たち原告団は生命・財産・環境に対する危険性の高いこの産廃処分場の設置を止めるため最後まで一丸となって奮闘する決意です。引き続き皆様の暖かいご支援ご協力をお願い申し上げアピールとします。
    2005年(平成17年)6月12日
          田倉産業廃棄物処分場建設差止裁判申立住民 
              天羽の水を守る会 代表 安田 貞夫  

next page
top page
menu page