next page 第3回公判へ
top page
menu page

26.第2回公判(2002.10.28)

富津市田倉産廃処分場建設差し止め本裁判

第2回公判開かれる 

書証提出方法、裁判の争点について検討進む

10月31日(木)「第66号産廃処分場建設差し止め事件」第二回公判が木更津裁判所で開かれました。原告側弁護士6名と50名を超える傍聴人が参加。被告側弁護士も初めて参加。いよいよ本格的な裁判が始まりました。

 公判前の田中弁護士の話

*第一回公判後、裁判官、相手方とこれからの進行、争点の追加、仮処分の書類証拠類の提出について、話をした。
*今回証拠類について双方かなり提出した。裁判所はこれを理解したうえでこれからの裁判に臨むということです。
*こちらからの主張に対して相手から書類が出てきました。一つは前にも主張していたようなことで「透水性が非常に低い」ということと、「北側に傾斜していることから汚染の危険性はない」という主張を相変わらずしています。
*それから「代替施設、つまり簡易水道がある」という主張が今回なされました。この代替施設のことは仮処分の時から出ていたけれども、今回違うのは「簡易水道組合」を作って加入している住民の方たちが自主運営をする形で中間法人を作ると言っている。とりあえず操業までの間は業者が面倒を見るけれども、それ以降については住民の方たちが管理していく形になっています。仮処分段階では四つの井戸を掘ってますけれど一つは水量が少ない、残り三本の水源で賄うとしています
*今後のこちらの主張ですが、仮処分の段階では6名の方が認められたのですが、早期の決着を図るために限定した人達については立証しましたが、他の債権者については立証は極めて不十分です。ですからこれから原告になれた他の方たちの井戸が汚染される可能性があることをさらに立証していかなければなりません。その関係で地質の専門家に現地においでいただいて井戸の状況等調査をする予定です。
*事業者の方は相変わらず6名の方たちの関係についても汚染の可能性は全くないといっています。今回裁判所には現地を見ていただきたいと要望していこうと思います。仮処分で出したビデオは2本ありますが裁判所に見てもらいたいということで提出したいと思っています。
*今日やることは書証の整理と確認それと今後どうやるかということになると思います。12月までの間に皆さんとお会いして詳しい話をさせていただきたいと思っております。

第二回公判の内容

10月31日2:00から木更津裁判所の第1号法廷の公判の主なやりとりは次の通りです。
 不透水性について
 原告が「被告は透水性について「せめぎあい」を主張しているが、馬の背を越えないと言うが具体的内容がわからない」と質問すると被告は、「地層は北へ傾斜している」「地下水は重力で垂直方向に進むそれ以外に進むことはない」「東に振れていることは北東に向かうということ」等と答え次回まで書証を出すことになりました。
 裁判官から争点についての確認
 裁判官は争点として,
1.有害物質が処分場へ混入するか、
2.仮に混入した場合に処分場の外へ流出するか、
3.仮に流出した場合に有害物質が周辺環境に影響を与えるか、
4.代替設備の問題、争点はこの四つでよいかと確認しました。
 証拠説明書の番号について
 裁判官は、原告提出の仮処分の書類は甲A、原告提出の本裁判の書類は甲Bとする。被告提出の仮処分の書類は乙A、被告提出の本裁判の書類は乙Bとすることを確認しました。
 ビデオの提出について
原告が仮処分で提出したビデオ(川の流れ、地層などを映したものを2本)を提出したい。と申し出たところ次のやりとりがありました。
被告:現地の検証があればいらない
原告:ビデオ提出の意図は「馬の背」「水の流れ」がどういうものか地図より分かり易い、早い段階で現地を大まかに把握していただくのによいと思う。
裁判官:ビデオで心証をとるのかそれとも理解するのに良いとの程度か
原告:昔の地層もよく出ているので把握するのによいと思う。
被告:今即答というのではなく書面で意見を述べたい。
裁判所:検証するならばどこを見てもらいたいか書証で出してもらいたい。そのうえで検討していきたい。
被告:検証は原告被告を一緒にやってもらいたい。
 今後の立証について
 原告は、仮処分で認められた6人以外の主張で「飲料水が汚染される可能性」「河川の被害」「農作物の被害」等を書証で今後立証すると申し述べました。
 被告は、「廃棄物場の監視体制」について、代替設備について、市の上水道について発言しました。
 次期公判予定について確認
 第三回公判の予定は11月28日10:00〜11:00。第四回公判の予定は12月26日16:00〜17:00となりました。
原告は準備書面に対する反論説明書を11月26日までに提出する。被告は証拠説明書を11月26日までに提出する。(水の流れの関係と詳細(有害物の混入)について)。裁判官は次回は訴状と答弁書の原本を準備していただきたい。と要請し終了しました。
 終了後の田久保弁護士の発言
 本日こちらから出した書面1は「この処分場は非常に極大なもので問題だ」という梶山先生が第1回公判の時に話した原稿を準備書面という形で提出しました。準備書面2は、「安定5品目の危険性」それと「入ったものは雨水に触れ、汚染水となって流れ出る」という内容の書面です。被告は「不透水層だから大丈夫だ」と言っておりますがそんなことはなく実際に地層を通すわけです。しかも帯水層と言って水を通しやすい地層がある。現地へ行くとわかりますが、処分場の中を見ると20cmくらいの層が何本もあってそこは非常に水を蓄えている層です。そこから処分場の中の汚染水が入り込んで「馬の背」の反対側の安藤さん宅の方の崖の方出ているのです。そこを伝わって汚染水がしみ出てくる、という主張です。仮処分の段階からそのような主張をしているのですが、改めてそのような主張を書きました。
 法定の中で「地層の傾き」などについてやりとりがありましたが、結局それに対する被告の反論というのは、「地層は北向きに傾斜している」「水は重力に従って北にしか流れない」という主張なのです。しかしそんなことはあるはずがなくて、水はじわじわと毛細管現象とかいろいろな現象で北だけではなく横にも広がる。横に広がって、安藤さん側の「馬の背」側に出てくる。それに対して被告の方は北の方にしか行かない、仮に横に広がったとしても「せめぎあい」によって結局北へ行くと主張しています。被告の方は主張を具体的にしていないのですが、次回私達の主張に対する反論という形で「せめぎあい」とかいろいろな主張は出てくると思います。これについては仮処分の段階でも坂巻先生の意見書もいただいて十分論破できると思っています。
 それから被告の方の準備書面が出たのですが、これは代替性ということで、例の簡易水道のことが出てきました。何か中間法人とかよくわからないのですが法人を作ってそこで管理するという主張が出てきました。それについては、次回までにそれに対する詳細な反論を出したいと思っています。そもそも代替で間に合うかということがあります。代替があるから汚してもよいというのはおかしな話です。「代替施設自体が役に立たない」と反論していきたいと思っています。
 それからこちらからビデオを出そうとしたらそのやりとりがあったと思うのですが、仮処分の段階で2回ほど現地に行って皆さんに案内していただいて撮ったビデオがあるのでそれを出すということです。最初の私達の意図は植竹先生が説明しましたが裁判官が現場のイメージを持っていただくということでしたが、事実上見るということと、証拠として見て心証を執ると言ってましたが、つまり裁判官が判断する資料とする、ということとはちょっと違うのです。裁判所の方から判断材料として検証しますかという話があったものですから、事実上見るという曖昧なものではなくて、しっかり検証してもらって、判断材料に加えてもらおう、ということでこれは改めて「検証の申し立て」ということでビデオを見てもらおうと言うことで申立をいたしま
す。それについて被告の方は反対するかもしれませんが、そういうことでビデオを改めて出そうということになりました。あと現地の検証ということも大事なのでやろうと思っております。その前にビデオで把握していただくということでビデオの申立をする予定です。
 そういうやりとりがありましてお互いに双方に宿題も出ました。次回は11月28日10:00からということになりました。書面の提出が11月26日になっておりますが皆さんの協力を得ながらこちらの反論を準備していきたい。特に代替施設の問題です、情報を集め、そのうえで反論を書いていきたいと思っています。
 最後に会場から意見が有りました。「ビデオのことですが結局前に撮ったものなので地層がきちっと出ていると思う、今裁判官が現地に行っても草が生えたり、木が生えたりしているので、それならばビデオを見ていただいて地層などみてももらった方が判ると思う」貴重な意見有難うございました。 以上 


富津市水道水源への心配について
富津市長に調査を要請

 田倉産廃処分場設置による富津市水道水源への影響について市民の健康を守る立場から、富津市長に次の点の調査を要請しましたところ9月20日付け文書で次のような回答がありました。

要請
一、富津市田倉湯ノ谷産業廃棄物処分場計画地の地下水がマザー牧場周辺の生活者の利用する地下水や宝竜寺地先の富津市水道水源の水脈への影響について
二、富津市田倉湯ノ谷に計画中の処分場から汚染水が流出した場合、湊川花輪取水口(岩坂浄水場水道水源)への影響について

富津市水道水源等に関する調査要請について(回答)

「富津市水道水源に関する調査について」
 要請のありました、大佐和地下水の位置は、田倉産業廃棄物処分場計画地より直線距離にして約3.7km北西の場所に、一番近い井戸があります。井戸の地盤高は49.Ohmに位置し、井戸の深さは100mであります。この井戸の途中に水中ポンプを設置し揚水しております。
 なお、処分場から地層が10°〜12°の角度で北方に傾斜しているという資料に基づいて単純に計算すると、大佐和地下水の位置では地盤高−618m〜−752mに位置すると想定されます。
 井戸及び表流水の水質検査につきましては、平成5年の水道法改正により、全項目検査(基準値)、監視項目(指針値)の検査を実施しております。全項目検査は(健康に関する項目・水道水が有すべき性状に関する項目)年2回、必須項目(全項目省略)を年10回実施しております。
監視項目については、年1回〜4回実施しておりますc 現在までの水質検査結果については、特に数値の変動はなく安定した水質となつております。
 また、湊川表流水については、昭和62年度から浄水場は休止しておりますが、水質検査については、大佐和地下水と同様の検査を実施しており、今後も検査を実施し水質の変動を把握したいと考えております。


恩田川の水質・生物調査の結果,
生物種は非常に豊富

恩田川で採取された水性昆虫

写真:2002-10-05 恩田川にて撮影

10月5日、「小櫃川の水を守る会」(御簾納氏、小関氏)の協力を得て田倉産廃処分場計画地の下を流れる恩田川と湊川東郷橋下の水質と生物調査を実施しました。その結果清流に棲む生物がたくさんいました。結果は次の通りでした。
調査地点1=恩田川と馬の背西側下流沢との合流点(本流側)
調査時刻=11:10
 気温 = 25.2 水温 = 19.9 PH = 8.24
伝導度(μs/cm) = 979  NaCl(%) = 0.05
COD(ppm)= 15  NH4-N(ppm)= 0.5
NO2-N(ppm)= 0.02
水生生物その他 = カワゲラ ニンギョウトビケラ
チラカゲロウ シマドジョウ ホトケドジョウ モクズガニ  モンキマメゲンゴロウ
調査地点2=恩田川と馬の背西側下流沢との合流点(支流側)
調査時刻=12:00 
 気温 = 25.3 水温 = 19.6 PH = 7.77
伝導度(μs/cm) = 305  NaCl(%) = 0.01
COD(ppm)= 5  NH4-N(ppm)= 0.5
NO2-N(ppm)= 0.00
水生生物・その他=未実施
調査地点3= 恩田川(東大和田への橋の下)
調査時刻=13:30
 気温 = 27.0 水温 = 22.1 PH = 8.29
伝導度(μs/cm) = 778  NaCl(%) = 0.04
COD(ppm)= 10  NH4-N(ppm)= 0.3
NO2-N(ppm)= 0.02
水生生物その他 = ヘビトンボ チラカゲロウ
イトトンボ オニヤンマ コオニヤンマ スジエビ ギバチ  ウグイ モクズガニ
調査地点4=湊川東郷橋下
調査時=15:00
 気温 = 25.5 水温 = 21.8 PH = 8.11
伝導度(μs/cm) = 390  NaCl(%) = 0.02
COD(ppm)= 13  NH4-N(ppm)= 0.2
NO2-N(ppm)= 0.02
水生生物その他 = カワゲラ チラカゲロウ 
ガガンボ オニヤンマ コオニヤンマ オイカワ ヨシノボリ 


ふれあい農園 始めました、ご利用下さい。

本裁判第2回公判も大勢の皆様が傍聴においで頂きました。私共は皆様のご支援に感謝しております。天羽の水を守る会は皆様のご支援のお陰で着々と前進しております。この度、守る会では「ふれあい農園」をつくりました。会員の皆さんで種から植え畑に移植し3ヶ月めで収穫できる楽しみと慶びと無農薬で虫と闘う野菜作りの難しさを知りました。少しでも裁判の資金活用に当てようと日頃、畑仕事に専念しております。お近くにお出向きの折りは是非お立ち寄り下さい。
(副代表登坂)

第三回公判は1128日午前10時から木更津裁判所で開かれます。傍聴は自由です、是非ご参加下さい

next page 第3回公判へ
top page
menu page