next page 第4回公判へ
top page
menu page

27.第三回公判(2002.11.28)

 第3回公判開く、書類提出・争点整理進む
 第3回公判は11月28日午前10時より千葉地方裁判所木更津支部第1号法廷で開かれました。傍聴者は第1回、2回に引き続いて50名を超える多数の方が参加しました。原告は「簡易水道について次回反論する」、「仮処分では田倉地区を中心に主張したが、さらに湊川・恩田川周辺の井戸水、さらに農業用水を利用している人達の被害、さらに湊川漁業の被害について主張する」と発言しました。本日提出された文書は原告からは「甲A1〜84、甲B1号」被告からは「乙A1〜43」「乙B1〜27」が提出され、今後の日程などを決めました。、

 ビデオの検証について
 原告がぜひやって欲しかったことは検証です。検証といっても現在は計画地は草が生えてしまっているので路頭線が見えません、それでビデオで見て欲しいと申し立てていました。その検証はやる方向になりました。法廷を暗くして映画館のようにしてやることになります。(実施日は未定)原告が検証を求めたビデオ2本「富津産廃現地調査(1)(2)」(再生時間は各1時間)の内容は、1本目は処分場の外観を撮影したものです。計画地谷を下から上、上から下、中腹から馬の背の斜面を撮り、帯水層から水の漏れている様子、これを見ると水を通しやすい層が幾筋もあることがわかります。2本目は馬の背の反対側の沢を遡って処分場の帯水層が反対側の斜面にも通じていてそれが沢に潜り込んでいるところを撮ってあります。それにカウンターに基づく説明文をつけて提出します。(弁護士談)

 今後の審議予定について
 裁判官には「まずビデオを見ていただいて現地の状況を把握していただく、そのうえで争点となっている証拠調べ(川、水源、漁業)を行うことになります」と田中弁護士より発言がありました。これからの日程は4月までは主張のやりとり、それ以降に証人、原告等の証拠調べをすることになります。立証関係について原告は地下水汚染について専門家の意見書を出します、その為に今準備をしています。被告は地下水の鑑定、中間処理場の法的な規定について追加補充すると発言しました。 裁判長は今後の公判日程について次のように指示しました。

第4回公判=12月26日午後4時〜5時
第5回公判= 2月 6日午後4時〜5時
第6回公判= 4月17日午後4時〜5時

木更津裁判所第1号法定

千葉地方裁判所木更津支部
弟一号法廷

 第4回公判は12月26日午後4時から木更津裁判所で開かれます。傍聴は自由です、是非ご参加下さい。署名・カンパにご協力下さい。
郵便振込口座00170−1−250210加入者名 「天羽の水を守る会」


田倉区長申し出による三区協議
=建設を前提とする協定協議
市長が「中止」と決定。

 去る11月24日、富津市環境部より「田倉区区長からの申し出により、三区で協定について話し合いをしたい」と地元区長に連絡がありました。大変驚いた「天羽の水を守る会」は早速市長に「中止の要請」を致しました。その結果市長は状況を理解して、「中止」と決定しました。
「天羽の水を守る会」は去る11月27日、役員9名で白井市長を訪問し、「今は裁判中なので協定についての協議は取り消すよう」申し入れました。市議会議員3名が同席しました。経済環境部佐藤部長、保全課中島課長が対応し経過説明がありましたが、天羽の水を守る会の申し入れに納得が得られ、「協定についての3区の協議は中止」されることになりました。
 同席された市議会議員からは、この処分場の設置については「議会ではこれを反対した、市長も反対を表明し、県に意見をだしている。こういう状況の中で、しかも裁判中という中で、協定についての話し合いが出たわけですがこれは筋が通らないのではないか」「これは市として介入すべきではない、今は市が意見を聞く状況にはなっていない、市が入ること自体おかしい」
「田倉区の総意と言うが、田倉区には債権者、原告もいるそれをどう考えるか」
「今回仮処分で差し止めの決定が出ており、本裁判も始まっているわけだから、市としても裁判が終わるまで話し合いにはならない」「市は反対だからはっきりと『協定を結ぶのはやめてほしい』言うのが市の立場ではないか」「本訴係争中に県の許可要件の中のものを整えると言うことは、浅野商事が有利になるので慎重にするべきだ」等々の意見が出され最終的に市長の判断でこの協定に関する3区の協議は中止されることになりました。

市長に提出した「要請文」

 貴職が市民の生活向上や環境保全のため、市政に御尽力されていることに敬意を表します。また田倉の産業廃棄物処分場建設阻止に係わり、設置反対の表明をしていることに対して感謝申し上げます。富津市議会は、平成10年6月24日、当産業廃棄物処分場計画について「地下水汚染や公有水面の汚染等が予測され、極めて大きな影響が懸念される」として反対する決議をいたしました。また貴職は再三にわたり議会での反対表明、千葉県知事への意見具申をしております。
 昨年2月事業者が地元3区の同意もなく工事に着手したため地元住民247名は千葉地方裁判所に仮処分裁判の申立をしました。その結果、今年2月千葉地裁は有限会社浅野商事に対して、この場所での「処分場の建設、使用及び操業をしてはならない」と決定して、現状保全の必要性を認めました。この決定によって、現在処分場建設工事は全面的に禁止状態となっております。しかし、この決定を不満として事業者が、本訴を望んで「起訴命令の申立」をしたため、地元住民は、今年5月15日原告者142名、訴訟代理人(弁護士)8名で千葉地方裁判所木更津支部に提訴し、現在係争中です。第1回公判は去る9月5日(木)、第2回は10月31日(木)、千葉地裁木更津支部にて多数の方の傍聴参加のもとに開催されました。第3回公判は来る11月28日午前10時より開催される予定です。
 さて、去る11月24日、富津市環境部より「田倉区区長からの申し出があり、3区で協定について話し合いをしたい」と地元区長に連絡がありました。そして日時場所が指示されました。しかしこの田倉区長の申し出は、関係3区の区長の合意に基づく申し出ではありません。他区の隣接区長に何の連絡もなくこのような申し出があったことを知り大変驚くと同時に怒りを感じております。処分場設置による影響が最も大きい恩田・寺尾、東大和田区では建設計画に反対のため業者の説明会も開くことに反対しています。裁判中のこの時期に「協定について話し合う」ことには反対です。貴職は従前より「設置は反対、業者と協定締結はしない」と表明してきました。
 つきましては、この「三区の協定についての話し合い」は取り消しするよう、強く要請致します。
 私たちの生命・財産・環境に対する危険性の高いこの産廃処分場の設置を事前に止めるため、今後とも貴職のご支援ご協力をお願い申し上げます。
             2002年(平成14年)11月27日

田倉産業廃棄物処分場建設差止裁判申立住民 
 天羽の水を守る会 代表 安田 貞夫 

富津市長 白井 貫 様


  仮処分決定に至る経過
  市の反対決議→県の許可取り消し→厚生省裁決
   →工事着工→仮処分申立→仮処分決定

 本件処分場の周辺地域は、飲料水を地下水に頼らざるを得ない地区です。したがって、もし本件処分場から汚染された水が流出し地下水を汚染すれば、直ちに命や健康に重大な被害が発生します。また、処分場下流域では農業用水の汚染や、漁獲物の汚染の危険性もあります。加えて、本件処分場への搬入路は狭い林道であり地元住民の生活道路です。頻繁に大型車両が通行することによる粉塵や交通災害発生の危険性等、地元住民の生活環境は著しく害されることになります。この為、地元住民の多数が本件処分場の設置に反対し、地元富津市議会も本件処分場の設置に反対する立場を示しています。(平成10年6月)また、千葉県も、許可にあたり、地元住民の意思を尊重すべく債務者と富津市が協定を締結することを条件としました。ところが、債務者は千葉県の許可条件を充足しないまま、工事の前提となる伐採工事に着手したことから、千葉県は同許可を取り消しました。(平成11年11月)これに対し国は、行政不服審査における裁決において「第三者の意思を条件とすることは法律に違反する」との形式的判断をもって、「許可の取消」を「取り消し」ました。これは、安定型処分場の危険な実態と地元の意向を全く無視したものでした。(平成12年3月)そして、事業者は、安定五品目以外の品目を一切埋め立てないとの具体的方策を全く示さないまま、地元住民の意向に反して本件処分場の建設工事着工を強行したので、私たちは法的手続きに訴える外はないと決意し、仮処分裁判の申立てに至ったものです。
 仮処分決定は、債権者については,「生命・健康に対する被害の発生が高度の蓋然性をもって一応の疎明がなされたものとみることができ」「人格権に基づく本件処分場の建設・操業等の差し止めを求める被保全権利を是認することができる」とまとめ、本件処分場の建設,使用,操業により,同処分場から流出する汚染水が地下に浸透し,同債権者らが日常的に飲料水等として使用する井戸水に流入することによって,「健康被害を受ける蓋然性は極めて高い」としました。そして「本件処分場が建設され,産業廃棄物の埋立事業が開始された場合には,侵害の防止を事後的に阻止することは物理的・経済的に極めて困難であって,廃棄物が本件処分場から除去されない限り,健康への被害の虞(おそれ)が永続的に継続することとなり」「債務者における本件処分場の建設,操業の必要性等を最大限尊重しても,保全の必要性を肯定するのが相当である」と決定しました。その後事業者は「起訴命令の申立」をしたため、本年5月15日、千葉地裁木更津支部に本訴を申し立て、現在に至ります。提訴後の経過について概要を以下報告します。

提訴から現在に至る経過

5月15日(水)千葉地裁木更津支部に本裁判を原告142名・弁護士8名で提訴しました。「天羽の水を守る会」は記者会見を行い、翌朝各紙は大きく報道しました。
6月27日(木)富津市役所を訪問し、富津市長へ本裁判提訴の報告と支援協力を要請しました。
6月28日(金)上総年金者組合が田倉産廃処分場計画地を見学しました。今後の支援協力をお願いしました。
6月29日(土)第1回公判説明集会が峰上公民館で開かれました。弁護士より訴状内容、裁判手続き等について説明があり、裁判勝利のための協力を訴えるアピール文採択しました。同日は計画地見学会も開催されました。
7月12日(金)環境市民団体「ネットワーク千葉県」が田倉処分場計画地を現地見学しました。
8月 6日(火)富津市水道部と鹿野山水道(株)を訪問しました。田倉産廃処分場計画地の地層は北へ傾斜していますが、有害物の地下水汚染により富津市営水道水源に影響がないか調査しました。
8月20日(火)富津市長を訪問し、富津市水道水源等に関する調査を要請しました。田倉処分場の地下水が宝竜寺水道水源井戸(下記写真)の水脈に影響がないか調査を要請しました。また同日富津市水道部管理者を訪問し同調査を要請しました。この要請について9月20日市長より文書で回答がありました。「水道水源の大佐和地下水は計画地より3.7km北西にあり」「井戸表流水の水質は水道法により検査を実施している。湊川表流水・大佐和地下水は今後も検査を実施し水質の変動を把握したい」と回答がありました。
8月28日(水)千葉県庁環境部を訪問し、知事に田倉処分場設置許可の撤回を求める再要請書を提出しました。対応した環境部職員は後日文書で回答すると約束しました。
9月 5日(木)第1回公判開が木更津裁判所第1号法廷で開かれました。裁判官3名、原告代理人7名、傍聴者53名が参加しました。被告側は一人も参加しませんでした。原告弁護士3名から訴状説明、原告5人から意見陳述、原告代理人梶山正三弁護士から陳述をしました。なお同日、公判に先立ち裁判長に住民4035名の署名による「建設差し止め判決を求める要請書」を提出しました。
10月5日(土)竹岡町内会の方々が田倉処分場を見学しました。同日は恩田川・湊川の水質と生物水性昆虫の調査が小櫃川の水を守る会の協力を得て行われました。調査の結果、非常に多様豊富な生物の存在を確認しました。
10月31日(木)午後4時より第2回公判が木更津裁判所第1号法廷で開かれました。原告代理人5人、被告代理人2名、傍聴者は52名が参加しました。争点について裁判長は「有害物質が処分場に混入するか」「入った有害物が外へ流出するか」「流出によって周辺環境へ影響を与えるか」「代替設備の問題」の4点で良いか確認しました。 
11月27日(水)田倉区長の申し出による3区協議(処分場設置を前提とする協定締結の話し合い)の取り消しを要請しました。その結果「 天羽の水を守る会」の申し入れが受けいられ、「協定についての3区の協議は中止」されることになりました
11月28日(木)午前10時より第3回公判が木更津裁判所第1号法廷で開かれました。参加者は原告代理人6名、被告代理人2名、傍聴者50名でした。(詳細は表記事参照下さい)

富津市大佐和井戸

  大佐和地下水(富津市宝竜寺)
現在5本の井戸が稼働しており、地下100mから取水して
富津市市営水道水源の44%を給水しています。

next page 第4回公判へ
top page
menu page