next page第5回公判へ
top page
menu page

第4回公判(2002.12.26)

 原告提出の準備書面について


看板
木更津市内に建てられた看板

 第4回公判後の弁護士の話
本日の公判と提出した準備書面について弁護士から次のようなコメントがありました。相手の準備書面(1)(2)(3)への反論という形で今回まとめてこちらの準備書面を提出しました。多岐に渡って論点を網羅しているのですが、力を入れたところは代替施設のところです。
(1)地層を写したビデオの提出について
今日は「書面のやりとり」が基本になっておりました。こちらからビデオを2本出したいと言いました。是非現場の状況を裁判所に見ていただきたい。ということで撮影したビデオを今裁判所に出す手続きをしています。いつどういう形で出すかということを裁判所は検討しているところですがいずれにしても裁判所でビデオを見てもらうことになっています。あれからだいぶ日がたったので、木も繁り草も生えて元の山に戻りつつあるのですが、あの時は地表はかなり出ていました。そういう意味では裁判所は現場を見てもらうよりはよくわかるのではないかと思います。
(2)簡易水道は代替施設足りうるか?
 向こうからは簡易水道をつくるからそれでいいではないかと言っているわけですが、そもそもそれはおかしいではないか、小さいころから井戸水を慣れ親しんで飲んできた、この水を飲む権利が皆さんにはある。井戸水を飲めなくなること自体皆さんの権利を侵害することになる。代わりの水を飲めばいいのではないかという主張はおかしい。それから簡易水道そのものがいつまでも安定して飲むことができるだろうか、相手は組織をつくり今後維持管理をおこなうとは言っていますが、それはかなりお金がかかるだろうということ、その費用については業者が援助するとは言っていますが、簡易水道というのは処分場は完全に埋まってしまった後もずっと稼働していかなければならない、処分場から利益をあげられなくなったような会社が果たして未来永劫資金提供してくれるのだろうか、そんなことはありえない、儲けることを目的にやっている会社がもうからないことに金を出すわけがない、そもそも会社がつぶれてしまったら簡易水道の維持管理もできなくなる、今後とも安定して給水する保証はないのだから、このような簡易水道というものは決して代替施設たりないということを主張いたしました。
(3)裁判所はビデオを証拠として認めるか?
 裁判所がビデオを見て「処分場施設から浸出し汚染物質が流れ出る」という危険がある、と心証を得ることはできるだろうか。心証を取るためにはどういう手続きでビデオを見ればよいのか、これまでの裁判では、証拠としては書面による契約書、証人の証言などを前提としてつくられた法律ですから最近のビデオとか録音テープをどう証拠として取り扱っていけばよいのか、未だ充分決まっていないのです。写真は準文書という形で写真撮影報告書という形にして判決の起訴にするということが出来ますが、ビデオの映像や音声をどのように証拠にするのか裁判所も今のところ判断が付いていない。ただこちらも見ていただきたいといっているし、被告もしかるべくといっており、反論のビデオも出すと行っていますので何れ裁判所も見るだろうと思います。ただ法律手続き上どうすればビデオの映像や音声を判決をする基礎に出来るかという手続きをいま検討しているところです。2月には結果が出ると思いますので、4月か5月には見る期日が設けられるだろうと思います。
(4)中間処分場は本当に安全か?
 「全国の多数の処分場からに有害物質が出ている」と主張したのに対して「出ている箇所はごくわずかだ、1割から4割で他の処分場は問題がない」という主張がありましたので、「そのようにとらえることは間違っている、本来安定型処分場では有害物質が出るはずがない、出るはずがないところから4割も出た、これが大問題なのだ」「その程度の認識しか持っていない被告は業者としての資質を書くのではないか」という主張を展開しました。それから「中間処分場で廃棄物は処理されるので問題はない」といってパンフレットとかを証拠で出していますが内容を読んでもいまいちよくわからないこれが本当に安全なのかどうか、広告用の資料ですからいいことしか書かれていない実際にそのように運用がなされているかどうかもわからない、全く信用が出来ない、等言うような主張をしました。今日被告の方でそれを受けて次回までにもう少し細かい主張を準備するということになりました。

next page第5回公判へ
top page
menu page